女ばかりの職場で平穏に過ごすための処世術

職場の揚げ足取りを黙らせたい!いちいち指摘されなくなる秘密の方法

職場に揚げ足取りの人がいると非常にストレスがたまりますよね。

揚げ足取りの人の中には業務上のちょっとしたミスにとどまらず、言葉の使い方や、しぐさなど些細なことまで指摘してくる人もいます。

そのため揚げ足取りの人に呼び止められるたびに「今度は何言われるの?」とドキッとしますし、「私ってそんなにできてないの?」とか「あの人は私のことが嫌いなんだ」と思ってしまい、どんどん自信もなくなってしまいますよね。

ここでは揚げ足取りの人の意外な心理と、揚げ足取りの人に指摘されなくなる驚きの方法を紹介します。

意外な心理と驚きの対処法を知るだけで、揚げ足取りの人に揚げ足をとられてもスルっと回避できるようになり最終的にはいちいち指摘されなくなるまでの関係になれますよ!

また、文章の一番最後にどうしても解決できない人間関係の悩みを一瞬で解決する方法も書いていますので、深刻な悩みを抱えている場合はそちらも参考にしてください。

人間関係がいい職場かどうかを事前に確認できる超裏ワザ転職とは!?

揚げ足取りとは?

揚げ足取りとは言葉尻りや、言い間違い、ちょっとした失敗などを取り上げて相手を責めることです。

「揚げ足を執る」の揚げ足は、相撲や柔道などで相手が技を掛けようとして揚げた足のことを指します。

揚げ足をとって相手を倒すことから、相手の失言や失敗につけこんで皮肉を言ったりやり込める意味となりました。

揚げ足取りの心理

なぜ揚げ足取りの人はこんなにも些細なことにつっかかってくるのでしょうか?

そこには驚きの心理が働いていたんです。

不安や劣等感を持っている

揚げ足取りの人は不安や劣等感を抱いている場合が多いです。

職場の揚げ足取りの人というのは、ある程度の古株でその職場では発言力のある人の場合が多いので不思議に思いますよね。

「不安なんて本当に感じているの?むしろ自信過剰のうぬぼれにしか見えない。」

きっとあなたはそう思ったのではないでしょうか?

ですが、意外なことにあなたの職場にいるいつも偉そうに人の揚げ足をとってくる人は、実は不安や劣等感を抱えているのです。

その不安の原因は自分が期待通りの評価を得られていないことかもしれませんし、今の給料に満足していないことかもしれません。

その真意は分かりませんが、何かしら満たされていない理由があります。

自分の不安や劣等感を打ち消すために、他人の失敗をいちいち指摘し、自分の方が優れているんだということを周囲に知らしめ、そして自分自身にも「相手より自分の方が優れているんだ」と言い聞かせているのです。

相手を蹴落として上に立とうとしている

男性は自分の力を向上させることで上に登っていこうとしますが、女性は周囲を蹴落とすことで自分が上に立とうとします。

そのために相手の揚げ足を取っているという場合もあります。

それにしても、なぜ性別でこのような差が出るのかというと、女性は「選ばれる側」になることが多いからなんです。

男性に比べ、女性の方が自分の努力や成果だけでは報われないことが多いですよね。

昔の「大奥」をイメージしてもらうと分かりやすいのですが、どんなに美人で教養があってもお殿様に気に入られなければ正室(正妻)にはなれません。

現代でも似たような状況は残っていて、女性の場合は仕事がバリバリできて所得が高いからといって男性にモテるわけではありませんし、出世ができるわけでもありません。

仕事に関していうと女性と男性とで実力が同じなら、男性が昇進に選ばれるというのは、現代でもよく見られる光景です。

恋愛に関しては、知的で高収入な女性ではなく、仕事はできないし知性もないというような女性の方が男性にモテるなんてことも珍しくありません。

このように男性に比べて女性は自分の努力や成果だけでは評価されないことが多いため、周囲を蹴落とすことで自分が優位に立とうとする考え方に走りやすいのです。

そして揚げ足取りの人というのは、その典型的なタイプで周囲の人の揚げ足を取り、相手を蹴落とすことで自分が優位に立とうとしているのです。

相手に自分の方が上だと知らしめたい

相手に自分の方が上なのだと知らしめたい時にも揚げ足取りをします。

ただこのような場合、揚げ足を取る相手に対して脅威を感じている場合が多いです。

その人の存在によって自分の立ち場が危うくなると感じた場合に、その相手に対して揚げ足をとるのです。

例えばとても仕事のできる人が転職してきたとします。

そして周囲の人達がその人に好感を持ったとしたら、揚げ足取りの人にとってはその転職者は脅威になるということです。

とくに女性は、「○○さんって、とてもデキる人だよね。」という噂話を聞くと「自分はできていない」と言われているように受け取る傾向があります。

実際には相手が褒められているだけで、自分ができないなんて一言も言われていないのに、勝手に焦ってしまうんです。

そのため「この人のせいで、自分の居場所がなくなるかもしれない。」という心理となるため、そのような不安から相手の揚げ足を取ることで「私の方が上なのよ!」ということを知らしめようとするのです。

揚げ足とりから指摘されなくなる方法

前章で揚げ足取りには揚げ足を取る理由があることに気付いていただけたかと思います。

次は揚げ足取りにいちいち指摘されなくなるための方法について解説していきますね。

揚げ足とりの心理を理解しておく

まずは先ほど説明した揚げ足取りの心理を理解しておきましょう。

揚げ足取りの人は、

・不安や劣等感を持っている

・相手を蹴落として上に立とうとしている

・相手に自分の方が上だと知らしめたい

このような心理が働いているから揚げ足を取ってくるんだということを知っておきましょう。

その心理を知っているだけで、揚げ足を取られた時の受け止め方が変わります。

この心理を知っていれば、いちいち揚げ足を取ってくる人に対して、

「不安でいっぱいなんだろうなぁ」

と一歩引いて客観的に相手をみることができます。

それだけでも揚げ足を取られた時の精神的なストレスは大きく変わりますよ。
【スポンサーリンク】



相手の感情や言葉の裏を読もうとしない

揚げ足を取られた時にその言葉の裏にある感情を読もうとしてはいけません。

日頃から揚げ足取りの人に揚げ足を取られていると、

「なんで私ばっかりこんなに言われるんだろう。」

「この人は私のこと嫌いなんだろうな。」

「私、この人をイラつかせちゃってるんだろうな。」

なんて、相手の感情を考えてしまいますよね。

しかし相手の感情を考えれば考えるほどあなたの気分は落ち込んでいくだけですし、そのことを考えても何の解決にも結び付きません。

なぜなら相手はあなたのことが好き嫌い以前に、個人的な「不安」という問題を抱えているからです。

そして相手の抱える「不安」は、あなたの努力で解決できる問題ではなく個人の問題です。

揚げ足取りの人が抱える不安を解消しない限り、揚げ足取りの人はだれかの揚げ足を取り続けるでしょう。

そのため揚げ足取りの人に嫌われているかもしれないと、過度に気にしすぎても何の意味もないのです。

論理的に正しい部分だけ受け止める

揚げ足取りの人に指摘をされたら言い方や感情論は受け流し、論理的に正しいと思った部分だけを抜き取って受け止めるようにしましょう。

揚げ足取りの人は、時に威圧的な言い方をしたり、バカにしたような言い方をしてきたりすることもあるでしょう。

そのため揚げ足取りの人の指摘をそのまま受け止めると、言っている内容より言い方の方が印象に残ってしまいますよね。

そうなると「なんでこんな言い方されなきゃいけないの!?」とイライラが募っていくので、たとえ相手の言っている内容が正しくても、そのことに気付けなくなるんです。

しかし、それは非常に勿体ないことです。

せっかくの自分の成長できる機会を失ってしまうのですから。

そのため相手の言い方や態度はスルーし、言われた内容そのものに着目するようにしましょう。

そして論理的に正しいと感じた点だけを受け止めておけばいいのです。

それ以外のムカつくポイントは「相手の抱える不安が原因だ」と自分に言い聞かせるようにしましょう。

「ありがとう」という

揚げ足を取られた時は「教えてくれてありがとう」と伝えるようにしましょう。

揚げ足を取る人は何かしらの「不安」を抱えているのですが、そのような不安を抱えた人は「ありがとう」という一言で安心感を得ることができるのです。

「ありがとう」という言葉は相手を肯定する言葉であり、相手の存在を認める言葉でもありますよね。

自分の立場に不安を感じている人ほど「ありがとう」という言葉に安心感を覚えます。

「あ、私役に立ってるんだ」と感じられるのです。

そのため、はじめは攻撃的に揚げ足を取られていたとしても「教えてくれてありがとう」というメッセージを出し続けていると、そのうちいちいち揚げ足を取らなくなったり、指摘する時も優しい口調で言ってくれたりするようになるんですよ。

相手の不安を刺激しない

揚げ足取りの人の不安を刺激しないようにしましょう。

あまりにも揚げ足を取られていると「自分だってできてないやん」という思いから、揚げ足取りの人のミスも指摘したくなる時もありますよね。

しかし揚げ足取りの人の揚げ足を取るのは得策ではありません。

揚げ足取りの人の揚げ足をとると、さらに不安が強くなり周囲の人を見る目がいっそう厳しくなります。

とくに指摘した人に対しては「敵」という見方をされるようになってしまうんです。

「敵」と思われたら最期、もっともっと揚げ足を取られ、勝手な噂を流され、、、という具合に踏んだり蹴ったりの展開になります。

そのため揚げ足取りの人の不安を刺激するのは避けましょう。

もし、仕事上指摘しないといけない場合は言い方に注意してオブラートに包むようにしてくださいね。
【スポンサーリンク】



周囲の人と口裏を合わせておく

揚げ足取りの人に揚げ足を取られないようにするためにも、周囲の人とは口裏を合わせておきましょう。

どのような業務でも多少の個人差は出ますよね。

Aさんの手順とBさんの手順が一部違うなんてことはよくあることです。

しかし揚げ足取りの人は、そのような些細なことも容赦なく突っ込んできます。

そのため、揚げ足取りの人はどのようなことをすると揚げ足を取ってくるのかを周囲の人たちで情報共有しておきましょう。

注意すべきことを知っておくことでも、揚げ足を取られる頻度は格段に減りますよ。

関りを極力減らす

揚げ足取りの人と関わるのは極力減らしましょう。

もちろん仕事上の報告、連絡、相談はしなければいけませんが、接点が増えれば増えただけ揚げ足を取られる機会が増えてしまいます。

そのため、揚げ足取りの人との関りは必要最小限にしておくことがあなたのストレスを増やさないポイントになります。

先輩にとってカワイイ後輩になる

揚げ足取りの人にとって「かわいい後輩」になるのも揚げ足を取られなくなるためには大切なポイントです。

ただ先輩に媚びたり機嫌を取ったりすることでは好かれません。

むしろ反感をかってしまうことさえあるので注意が必要です。

先輩に可愛がられるための秘訣はこちらの記事で解説していますので、ぜひとも取り入れていちいち揚げ足をとられない自分になってください。

職場の人間関係が辛いなら転職しよう!

もしあなたのすることなすことに揚げ足を取られ、あなた自身も自分に自信が持てなくなっているのなら転職も考えましょう。

人間関係の悩みというのは、その場から離れることで簡単に解決できるものなんです。

「そんな急に転職なんて言われても無理!」と思われたかと思いますが、でも今の自分を振り返ってみてください。

常に批判されて「私ってそんなにダメな人間なのかな?」と自分に自信をなくしていませんか?

それに仕事だって全然楽しく感じられませんよね?

そのままこの先何年も職場の揚げ足取りのせいで、嫌な思いをし続けるなんて辛いと思うんです。

急に転職といわれると、とてもハードルが高く感じるかと思いますが、とりあえず転職サイトに登録して「いい求人はないかな~」と見るだけなら、何も難しいことはありませんよね。

そしてもし今の職場よりもいい条件の会社や、自分が本当にしてみたかった仕事の求人があれば、その時に面接を受けてみればいいのです。

そのように考えると転職というのは決して難しいものではありません。

今の職場より、もっといい場所へ移動するだけの話なんです。

なので「この人と一緒に仕事するなんて、本当にイヤ!」という場合はとりあえず転職サイトに登録してみましょう。
【↓↓↓匿名で登録できるリクナビNEXTはこちら】

業界最大手のリクナビNEXTなら匿名で登録できるので、誰にも登録したことを知られることはありません。

また求人数がトップクラスなだけではなく、あなたが入力した経歴や希望をもとにあなたにピッタリの求人の紹介もしてくれるんです。

リクナビNEXTで今よりももっと自分らしく働ける仕事を探してみませんか?

【↓↓↓匿名で登録できるリクナビNEXTはこちら】

さいごに

揚げ足取りの人は何かしらの不安を抱えているために人の揚げ足をとります。

そのため相手の不安を刺激しないようにすることで、揚げ足をとられにくい関係になりましょう。

また相手に威圧的な言い方をされたり、バカにした言い方をされたりした場合は、言い方には着目せず論理的にうなずける内容のみをすくい上げて受け止めるということも大切です。

そして周囲の人とも情報交換し、揚げ足取りの人がどのようなことで揚げ足をとってくるのかを確認しておきましょう。

このような対策をうつことで、揚げ足取りの人のせいでストレスをかかえるという状況を防ぐことができますよ。
【↓↓↓匿名で登録できるリクナビNEXTはこちら】

仕事が辛い。逃げ出したいという気持ちを抱えている方はこちらの記事もお読みください。

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です