女ばかりの職場で平穏に過ごすための処世術

女性ばかりの職場で生じるいじめ、嫌がらせを回避する処世術

当サイト【女社会の掟】は、女性ばかりの職場で生じる人間関係トラブルを回避する方法を紹介しています。

女性ばかりの職場というのは、

・ある日突然、先輩の態度が冷たくなる。

・自分だけ同僚の仲に溶け込めない。

・休憩室はその場にいない人の悪口大会。

・誤解から生まれた噂話。

・指導という名の新人いじめ。

などなど、多くの対人トラブルの温床ともいえます。

これを読んでいるあなたの頭の中にも思い当たる人物が数名浮かんでいるのではないでしょうか?

女社会では誉め言葉が地雷に!?

あなたは女性ばかりの職場では、気を利かせたつもりの一言が地雷になる場合があることをご存知ですか?

たとえば「○○先輩って、いつも仕事が早いですよね」という一言ですら、女性ばかりの職場では黄色信号なのです。

なぜなら「○○さんは仕事が早い」=「その他大勢の人達は仕事が遅い」と受け止められ、周囲の人を一瞬にして敵に回してしまうことさえあるからです。

このように女性ばかりの職場というのは、思いがけない一言で敵を作ってしまい、そしてその日を境に嫌がらせが始まるというような独特の空気あるのです。

平穏に生きていくためには女性心理を理解すること

そんな緊張感いっぱいの女社会を平穏に生き抜くためには、事前に女性心理を理解し波風を立てないためにはどのように振舞えばいいのかを知っておく必要があります。

逆に言い換えれば、女集団を怒らせる言動が何かを知っていれば、奇異な人間関係トラブルに巻き込まれることはありません。

女性心理が分かれば嫌な思いをしなくて済みます!

私自身、看護師としてこれまで4か所の女社会を経験しましたが、どこの職場も大なり小なり女性特有の人間関係が存在していました。

ただ転職や異動を繰り返す中で、同僚との距離の取り方や嫌味に取られない立ち振る舞いなどを学ぶことができた結果、昔はむちゃくちゃしんどかった女社会が今では非常に楽に感じられるようになったんです。

当サイトでは私の実体験も踏まえ、女性ばかりの職場ならではのいじめ、嫌がらせといった人間関係トラブルを回避する方法を紹介しています。

どこの職場にも嫌な女は存在します。

しかし、あなた自身が関わり方を注意すれば、そのような嫌な女ともストレスなく自然と付き合っていけるようになりますよ!

なぜ女社会でいじめが起こる!?

女性ばかりの職場はなぜこれほどにも複雑なのでしょうか?

これは女性ならではの心理が大きく関係しています。

自分よりも幸せな人に嫉妬するのが女

女性は自分より幸せな人に嫉妬する生き物です。

・自分より上司に気に入られている後輩。

・自分よりスペックの高い男性と結婚している同僚。

・自分の新人時代よりも丁寧な指導を受けている新人。

・自分よりも負担の少ない仕事をしているワーママ。

・自分よりも給料が高い転職組。

などなど、女性は自分よりも恵まれていると感じる人に対して嫉妬心を抱きます。

そのため先輩だからとか、役職がついているからというだけで人間関係の線引きが出来るほど単純ではないのです。

相手を蹴落とすことで上位に立とうとするのが女

男性は自分に実力をつけることで上位に立とうとするのに対し、女性は周囲を蹴落とすことで自分が上位に立とうとする生き物です。

これは「女性らしさ」を求められたために、社会的な活躍を我慢せざるを得なかった女性に多く見られます。

要は「女の子なんだから短大でいいのよ。」と親にいわれ進学を妥協した過去があったり、「子育ては女性がするものだ」と夫にいわれ、外で働くことをセーブしているような女性です。

自分の意向ではなく他者により前進することをセーブさせられた女性は、自由に伸び伸びと仕事をしている女性が許せないのです。

そのため悪口を言いふらすことで、ターゲットとした女性を蹴落とし、自分のポジションを守ろうとするのです。

群れの中で均質を求めるのが女

女性は群れで行動したがる生き物なのですが、その群れは均質な集団であることを望みます。

そして異質な人間を排除しようとします。

この「均質」というのは、群れによって何を基準にしているかは異なります。

そのためどんなに良い人であっても、群れの人たちにとって感覚的にこの人は「異質だ」と思われたら弾かれていくのです。

よくあるのが仕事をろくにせずに手より口ばかり動かすようなタイプが集まった職場に、頑張り屋さんな人がやってきて、その人のせいで自分たちが手を抜いている様に見られると感じたりした場合、頑張り屋さんの人間が弾かれてしまうというものです。

群れの人達は頑張り屋さんの人に対して「あの人はでしゃばりだ」「今までのやり方をぐちゃぐちゃにかき乱した」などといいがかりを付け、悪者に仕立て上げようとするのです。

このようにして、自分たちにとっての「異質」を排除し、均等であろうとするのです。

【スポンサーリンク】



自分にちやほやしてくれる人を味方と判断するのが女

女性は自分にちやほやしてくれる人を味方と判断します。

女社会の大変なところは、目の前の仕事を黙々とこなしていても、それでよしにはならないところです。

女性は自分にちやほやしてくれる人を味方を判断するので、一生懸命に仕事をしていたとしても、そのことが本人達に伝わらない、ましてや本人にとってなんの恩恵もなければ「○○さんは、全然手伝ってくれない!」なんて言いがかりを付けてきたり、「あの人は空気を読む力がない」なんて影で悪口を言われたりするのです。

ストレートな言い回しはしないのに伝わらないとイラつくのが女

女性は言いたいことをストレートに伝えないのに、相手に自分の思っていることが伝わらないとイライラします。

多くの女性が、相手の顔色を伺って察するという「気遣い」が女性らしさだとして教育されてきました。

そのため多くの女性が無意識に相手の顔色を伺いながら、相手がどう思っているかを推測することでコミュニケーションを円滑にしようと考えます。

ただここでやっかいなのが、相手はあなたにも同じことを求めてくるという点です。

思っていることをストレートに伝えることはしないものの「言わなくてもわかるでしょ?」という感じであなたの出方を待っているのです。

相手はあなたが気づくべきだと思っているため、あなたが相手の期待に添えなかった場合「常識的に考えても分かるはず!あの人は変わっている!」なんて言われてしまうのです。

そのような「気づいて当たり前」という文化を新人にも求めてくるので、女性の職場では新人は常に変わり者扱いされ、時にはいじめの対象になってしまうのです。

仕事の成果より「女の幸せ」に敏感なのが女

女社会の上下は仕事の成果だけでは決着がつきません。

男性の場合は

・役職がついている

・給料が高い

・勤労何年目

といった一目で分かる指標で上下が決定します。

しかし女性の場合は、男性のような目に見える指標ではなく「女の幸せ」という点においてもみんな敏感になっています。

そのため仕事ができない後輩にハイスペックな彼氏がいるとなると、周囲の先輩たちから妬みを買ってしまうという場合があるのです。

他にも男性にモテるとか、結婚している、容姿がキレイなども嫉妬の対象となります。

ただ女性は嫉妬したからといって、あからさまな嫌がらせはしません。

だってひがみだととられるのは嫌ですから。

そのためミスをした時にあげ足をとったり、「常識的に考えておかしい」とあくまでも私が正論という形で悪口をいいふらします。

このような女性特有の考え方や行いにより、女社会が複雑なものとなってしまっているのです。

もちろん、女性全員がこうだというわけではありません。

これらの女性心理は、女集団の和を乱すごく一部の限られた女たちの特徴にすぎません。

ただ、このような和を乱す一部の女たちのせいで、女社会が生きづらいものになっているのが実情です。

女社会にはびこる嫌な女たち

女社会は様々な女性心理が渦巻いているため、色んな嫌な女が出没します。

ここでは私がこれまで見てきた女社会にはびこる嫌な女たちの特徴と、その女たちの対応方法などを解説していきますね。

性格が悪い女NO.1は○○女!職場にいる嫌な女9タイプを完全攻略!

感情むき出し攻撃的な女

必ずと言っていいほど職場には攻撃的な人が1人か2人存在しますよね。

・人の揚げ足をとっては大騒ぎして責めたてる

・些細な事で感情的に怒鳴り散らす

・ネチネチと嫌味を言い続ける

・明らかに鋭い目つきでにらむ

・わざと聞こえるように悪口を言ってくる

このような攻撃的な人に目をつけられてしまった場合、本当に地獄のような日々が始まります。

自分のすることなすこと全てに文句を言われ、人前で怒鳴られ、人権なんてあったもんじゃない!という状況になってしまいます。

でも、「本当に仕事が辛くて辛くて仕方がない。」そのような思いで、毎朝出勤しないといけないなんて嫌ですよね。

そのため、攻撃的な人に目を付けた際、どうすれば自分の身を守られるのか知っておきましょう。

攻撃的な人からの身を守る方法はこちらの記事をご覧ください。

悪口、陰口大好き女

女性ばかりの職場では悪口ばかりを言う人がいて、休憩中にその場にいない人の悪口で盛り上がるという光景をよく見かけますよね。

だけどそのような悪口というのは聞いているだけでも嫌な気分になるし、自分も言われているかもしれないと思うと不安にもなります。

それに悪口に返す言葉によっては、時にあなたの悪口が始まるきっかけにも繋がるので、非常にデリケートな問題なんです。

そのため悪口が蔓延している職場いうのは本当に息苦しく、奇妙な緊張感があります。

そんなストレスいっぱいの職場で、自分が悪口を言われることにおびえないで済むようにするにはどうすればいいのでしょうか?

具体的な対処法はこちらの記事をご覧ください。

うわさ大好き女

女性の職場では噂話が恐ろしいくらいの速さで回っていきます。

そして時には、事実を大きく捻じ曲げられ、周囲の人からも誤解をされるという2次災害のような現象だって起こることがあるんです。

そのため周囲の人に対して「この人は、私の昨日のミスのことを知っているんだろうか?もしかしてみんなと一緒になって変な噂を流してないだろうか?」と不信感を抱いてしまう時もあります。

あなたが職場で変な噂に振り回され、神経をすり減らさないようにするためには、噂を流す人の心理を知り事前に対策を打つことが重要です。

噂好きな人の心理と対策については、こちらの記事をご覧ください。

【スポンサーリンク】



気分屋女

朝の出勤時の時点で、その日の気分が分かるという人っていますよね。

自分の機嫌の良い気はニコニコして気軽に冗談なども言ってくるのに、自分の機嫌が悪い時は目も合わせてくれない。

そのような気分屋な人が自分の指導担当だった場合は、本当に悲惨なんです。

仕事を覚えるなんて状況ではなく、気分屋のご機嫌をいかにとるかに必死になってしまいますよね。

あなたは気分屋の人と上手に付き合うためのコツをご存知ですか?

実はこの方法を知っているだけで、気分屋の人のコロコロ変わる機嫌に振り回されるなんてことがなくなるんです。

気分屋に振り回されないための方法はこちらの記事をご覧ください。

マウンティング女

女子同士の会話は、まさにマウンティング合戦ともいえます。

「4000万円のマンション?結構安いんだね」

「夏休みはハワイに行くの?ホテルはどこ?航空会社は?」

「保育料そんなに安いの!?うちは世帯年収が高いから、保育料も高くて大変なの」

という具合に、他愛もない雑談の合間に「え?それどういう意味?」というような発言が紛れ込んだり、根掘り葉掘り質問して相手の格付けをしたりします。

女性という生き物は、相手より自分の方が幸せだと実感することで安心する生き物なので、あらゆる情報を集めては周囲の人達をマウンティングしているのです。

このような女性は放っておけば実害はない、、、ように見えますが、実際にマウンティングの対象にされると非常に厄介なんです。

バカにするような言い方をしてきたり、威圧的な態度を取ってきたり、そして時には自分の噂話なども勝手に流されるなどします。

マウンティング女は、あらゆる方法であなたより優位に立とうとしてくるので、一緒に仕事をしていると本当に疲れてくるんです。

そのようなマウンティング女の攻撃を上手に交わしていくには、あなたのマウンティング女に対する受け止め方を変えていく必要があります。

マウンティング女の心理と、格付けに巻き込まれない振舞い方を身に付けてマウンティング女を撃退しましょう!

嘘つき女

あなたは職場の嘘つきな人のせいで、自分が悪者に仕立て上げられたことはありませんか?

「え?私そんな言い方してないのに!」という具合に、一方的にあなたが悪者のように嘘の話を裏でされた経験。

私はあります。

職場のAさんという人は、日頃から色んな人に攻撃的なところがあったのですが、そのAさんに「mintoさんに、すごい威圧的な言い方をされた」と看護師長さんに相談しにいかれました。

看護師長さんからその話を聞いた私は根耳に水です。

私は全く威圧的な言い方はしていないし、むしろAさんの方が普段から私に攻撃的なんですけど。。。という気持ちでいっぱいになりました。

師長さんも普段のAさんのことを知ってくれていたので、私の話を信じてはくれましたが、Aさんのように事実を捻じ曲げて他の人に言いふらしたりする女性というのは少なくありません。

他にもBさんという人から教えられた通りに書類の処理をしていたところ、他の人から間違いを指摘されたことがあるのですが、Bさんから「私は教えていません」としらをきられたこともあります。

このように職場にいる嘘つきな人のせいで、自分が悪者にされる危険性というのは珍しいことではありません。

そのような嘘つきに振り回されないようにするためには、予め対策をしておく必要があります。

・周囲の人と信頼関係を築いておいたり、

・複数名の人に確認をとるようにしたり、

・記録に残したり、、、

そのような対策を打つことで自分の身を守るようにしなければいけません。

嘘つきな人の具体的な対策はこちらの記事を参考にしてください。

揚げ足取り女

人のミスに対して何かと揚げ足を取ってくる女性っていますよね。

最悪の場合はミスにとどまらず、あなたの何気ない態度や発言などもすべて否定的に受け止め、揚げ足を取ってくる人さえいます。

そのような人と一緒に仕事をしていると、声を掛けられる度に「今度は何言われるの?」ととてつもないストレスを感じますし、「私ってそんなにできてないの?」とどんどん自信もなくなりますよね。

このような厄介な揚げ足とりに、揚げ足を取られないようにするためには、揚げ足取りが揚げ足を取る理由を知ることが大切です。

揚げ足をとる理由を知り、関わり方をちょっと意識するだけでいちいち指摘されることがなくなるんです。

そんな揚げ足取り対策については、こちらの記事をご覧ください。

無責任女

・「それは○○さんにしてもらったので、私は知りません」と平気で責任転嫁をしてくる。

・自ら「やる」と言い出したくせに何もしない。そして締め切り直前になって、職場のみんなで尻ぬぐいをしないといけない。

・「手伝って」と言われたから手伝っていたのに、気付いたら本人は先に帰ってしまった。

そのような無責任な人が職場にいると、真面目に仕事をしている自分にまでとばっちりがくるので、たまったものじゃないですよね。

このような無責任な人のせいで、バカをみないようにするためには、早い段階で相手の無責任さを発見する必要があります。

早い段階で「この人、なんか信用できないな」と気づくことで、あなたへのとばっちりに備えることができるのです。

こちらの記事では、無責任な人の特徴や口癖、また無責任な人のせいでバカをみないための方法について解説しています。

偉そうな女

「なんの役職もついていないのに、なんでこんなに偉そうに言われないといけないの!?」

とムカついてしまうくらいに、偉そうに言ってくる人っていますよね。

そんな時でも「一体何様!?」という不満はいっぱいなのに、上手く言い返すことが出来ずに言いなりになってしまっている自分にも腹が立ってしまうと思います。

そのような偉そうな人を見ていると、自信たっぷりでうぬぼれているように見えると思いますが、実は偉そうな人ほど不安を抱えているというのをご存知でしょうか?

そしてもっと驚くのが、偉そうな人に高圧的な言い方をされたくなければ、その人の不安を取り除いてあげることが一番効果的な方法だというのも事実なのです。

「はぁ?あの人が不安を抱えている?そんなわけないでしょ?」と思われた方は、こちらの記事をご覧ください。

【スポンサーリンク】



女社会を上手に生きる処世術

女性の職場には本当に色んな人がいるので、平穏に生きていくためには、あなた自身のコミュニケーション能力をあげていく必要があります。

そのため職場の先輩はどのような後輩を可愛いと思うのかを、あらかじめ知っていることも重要です。

女性の職場の場合、第一印象が悪くなると挽回するには相当の月日を要します。

いかに最初の段階で好印象を持たせられるかが運命の分かれ道を言っても過言ではありません。

また、あなたは同じミスをしてもなぜか怒られない人の秘訣を知っていますか?

それは「自然体」です。

裏表がなく、いつも穏やかな「自然体な人」というのは、多くの人に安心感を与えることができます。

そのため職場の気難しい人にさえ好かれるくらい、大きなパワーを持っているのです。

なので、あなたが女性ばかりの職場で平穏に生き抜くためには、自然体な人になれすように意識してください。

そうするだけで、様々な修羅場を回避することができるようになりますよ。

実際にいじめに遭っていると場合はこちらの記事を参考にしてください。

具体的な対処法やいじめの標的から抜け出す方法を解説しています。

どうしようもなく辛い時は転職することですべてリセットできます。

もしすでに職場で人間関係の悩みを抱えているのなら、勇気を出して転職してしまうことでこれまでの悩みをすべてリセットさせることができます。

職場に苦手な人がいると、本当に憂鬱で仕事本来の楽しさなんて全く感じられないですよね。

そのような時、多く人は今の悩みから逃げられないような気持ちになってしまうのですが、実は人間関係の悩みというのは非常に単純で、その場を離れれば即解決できてしまうものがほとんどなんです。

そのため、あなたが今の職場の人間関係に悩みを抱えているのなら、勇気を出して転職してみましょう。

「いや、急にそんなこと言われても無理」と思われた方も、転職サイトに登録して暇な時に他の求人を見てみるだけなら今日からでもできそうですよね。

だって、転職サイトに登録するだけならお金はかかりませんし、特にリクナビNEXTなら匿名で登録できるので会社にばれる心配だってありません。

【↓↓↓匿名で登録できるリクナビNEXTはこちら】

「今日転職する」と考えると確かに無理があるように感じますが、暇な時に「もっといい求人ないかな~」と思いながら求人を探して、今よりももっと条件のいい職場、もっと自分のしたい仕事が見つかった時に、行動に移してみるというだけなら誰にでもできますよね。

私もはじめて転職した時「転職サイトを使ったらこんなにあっさり転職ができるものなんだ」と驚きました。

また人間関係の悩みがリセットできると、こんなにも仕事って楽しく感じられるんだと感動しましたね。

人間関係に悩んでいた時は毎日が憂うつで、本当に「死にたい」とさえ思ったこともありましたし、夜眠れない時期もありました。

だけど転職して人間関係の悩みがなくなった途端、これまでの憂うつ感がキレイさっぱりなくなったんです。

夜もぐっすり眠れるし、朝だって軽い気持ちで出勤できるようになりました。

「こんなことなら、もっと早くに行動しておけば良かった」と何度も思いましたね。

なのであなたも、職場の人間関係に悩んでいるのならとりあえず転職サイトに登録してみて、いい職場がありそうなら転職してみましょう。

きっとあなたも「もっと早くに行動に移しておけばよかった」と思いますよ。

【↓↓↓匿名で登録できるリクナビNEXTはこちら】

 

 

当サイトの紹介

自己紹介

著者:minto(@minto_cafe7

2人の子どもを育てながら看護師をしています。

当サイトでは、看護師という女性ばかりの職場で働きながら学んだ処世術を紹介しています。

人間関係に悩んだ時には、人間心理の本を読みながら対処法を模索するのが自分なりの問題解決法です。

この「人間心理の本を読む」というのは非常に重要で、人間心理を理解するたびに誰かにイラつくということが減りました。

当サイトでは、書籍と実体験をもとにして、より実用的な対処法を紹介していきますね!

Twitterをしているので、気軽に絡んでください!➤@minto_cafe7

カテゴリー

女の生態

処世術

転職

円満退社

女子力アップ

プライバシーポリシー

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です