20代女性の理想が叶う転職サイトランキング

気分屋の人が機嫌が悪くなる理由とは?気分屋の上手な付き合い方

朝出勤して出会った瞬間に機嫌の良し悪しが伝わるくらいの気分屋の人っていますよね。

「え?なんか怒ってる?」

「私、何かマズイこと言った?」

不機嫌な態度をされるとなぜかこっちが気を使ってしまいます。

そのような気分屋の人の顔色をうかがっていると本当に疲れるし「またかよ」とうんざりしてしまいますよね。

それにしてもなぜ気分屋の人ってこんなにあからさまに態度を出すのでしょうか?

ここでは気分屋の人の心の内と、気分屋の人に振り回されないための上手な付き合い方について解説しています。

上手な距離間をとることで「またやってるな~」と、他人事のように流せる自分になりましょう!

迷惑千万!気分屋の人の心理とは?

気分屋の人が職場にいるとその人のその日の機嫌でみんなが振り回されますよね。

とくに後輩など、弱い立場の人間からするとたまったものではありません。

それにしてもなぜ気分屋の人はこうも自分の感情を表に出すのでしょうか?

上手に適度な距離感をとるためにもまずは気分屋の心のうちを知っておきましょう。

そもそもみんな気分屋

実は職場の気分屋さんだけでなく、大多数の人間が気分屋なんです。

きっとあなたにも気分屋な時があるでしょう。

自分の母親に対して自分の機嫌が悪い時は返事が冷たくなったり、彼氏が自分の期待する返事をくれなかった時にふてくされたりしたことはありませんか?

このようにほとんどの人が実は気分屋の一面を持っています。

そのため職場の気分屋さんとは素の自分を出すところと、感情を抑えるところをどこで使い分けているかが違うだけなんです。

もちろん職場という公の場で、自分の感情を抑えることができないというのは子どもじみていますよね。

ただ気分屋の人が機嫌が悪い時の心のうちというのは、あなたが彼氏や母親に対して機嫌悪く接している時の心境と似た状態だと想像すれば、イメージしやすいと思います。

要はただの八つ当たりです。

本当は相手に察してほしい

なぜあからさまに機嫌が悪くなるのかというと、あなたやみんなに自分の気持ちを察してほしいという本音があるからです。

「わたしばっかり、こんなに大変な業務を割り振られてムカつく!」

「だれか気遣って手伝おうかって言ってよ!」

という具合に、自分から素直に手伝ってと言えないため相手が察して手助けしてくれるのを待っているのです。

相手をコントロールしたい

相手を自分の思い通りにコントロールするために、態度でプレッシャーをかけているという場合もあります。

たとえば定時で帰りたいのに新人指導を任されたため、定時に帰れないかもしれないという可能性がでてきたとします。

そうなると新人の子に「私の足を引っ張るうよなことをするなよ」という無言の圧力をかけるのです。
【スポンサーリンク】



相手より優位に立ちたい

もし周囲の人には優しいのに自分と話すときだけ機嫌が悪いことを気にしているのなら、その人はあなたを攻撃することであなたより優位に立ちたいと考えているのかもしれません。

攻撃的な人というのは相手に対して何かしらの脅威を感じている時に攻撃を始めます。

その攻撃方法というのは陰で悪口を言うことかもしれませんし、面と向かって罵倒することかもしれません。

はたまた、あなたが今悩んでいるように特定の人にだけ機嫌悪く接するという方法かもしれません。

あなたにだけ機嫌悪く対応されていると感じるならばあなたより優位に立ちたいという目的を持っているかもしれないので、こちらを参考にしてくださいね。

ただ自分だけがイヤな態度をとられていると思っていたけど、実はみんなにも同じように気分屋対応をしていたということがあります。

自分が話しかけた時は不機嫌な対応をされたのに、その後でみんなと楽しそうに談笑している姿を見ると「私だけ嫌われてる?」と不安になってしまいますよね。

しかし他の人に相談してみると「○○さんってそういう時あるよ。昨日も機嫌悪かったよね。」と、意外な返事が返ってくることがよくあるんです。

なので「自分だけ嫌われている?」と不安に感じた時は、信頼できる人に相談してみるといいでしょう。

単に生理前~生理中

女性の場合、生理前や生理中によるホルモンバランスの変化で機嫌が悪くなる人がいます。

月に1回くらいのペースで突然不機嫌になる日があるなら、生理による可能性が高いといえます。

私自身、生理前になると無償にイライラしてしまうのでこのタイプの人の気持ちは分からないでもないですが、やはり職場では不適切な振舞い方ですよね。

私は旦那には八つ当たりしますが、職場では態度には出しません。(笑)

生理が原因で不機嫌な場合は明らかな理由がなくてもイライラしているので、周囲の気遣いで落ち着くという訳ではありません。

なので深入りしないようにしましょう。

自分中心の発想

気分屋の人というのは自分中心に物事を考えている人が多いです。

単なる八つ当たりにしろ、自分の気持ちを察してほしくて態度に出している場合にしろ、自分本位の考え方に変わりはありません。

公の場で人に八つ当たりするなんて論外ですし、自分が察してほしいという場合も態度に出さずに「ちょっと手伝ってくれない?」と口で伝えれば済む話です。

それを自分の思い通りに相手が動かないという理由で機嫌が悪くなるのですから、自己中心そのものです。

気分屋と上手に付き合っていく方法とは?

気分屋の人に振り回されてあなたがクタクタに疲れないように、気分屋の人と上手に付き合っていく方法を押さえておきましょう。

相手の感情に責任を感じない

相手がどう感じたかという点に対して責任を感じてはいけません。

たとえば、あなたがAさんに依頼されたことに対し、受けられないと判断し断わったとします。

そこでAさんが機嫌が悪くなったとしても、そのAさんの機嫌に対して責任を感じる必要はないのです。

あなたにはあなたの仕事があり、断わるのにも理由があるわけです。

その仕事を受けるかどうかの判断はあなたの責任になりますが、その判断を受けて相手がどう思うかはあなたの責任ではなく相手の問題です。

同じ状況でも違う人なら「そっか、忙しい時にごめんね」という反応をする人もいるでしょう。

むしろ、あなたが断る理由を聞いて「そんなに忙しいの?私も後で手伝うね!」と言ってくれる人もいるかもしれません。

このように、1つの出来事でも受け取り方は100人いたら100人が異なります。

そのため相手がどう感じるかまでに責任を感じていると、あなたがストレスを抱えるだけなんです。

なので相手の機嫌が悪くなり、その理由が自分にあるかもしれないと感じる時でもそこに責任を感じないようにしましょう。

それはどこまでいっても相手の解釈の問題です。

「いつものことだ」と割り切る

気分屋の人の機嫌が悪い時は「いつものことだ」と割り切り、相手の顔色をうかがうようなことは避けましょう。

相手の顔色をうかがうと腫れ物に触れるみたいな態度をとってしまったり、萎縮して報告すべきことができなかったりと、仕事にも支障が出てきますよね。

そのため、相手の機嫌が悪い時は「また始まった、いつものことだ」くらいに受け止め、相手の機嫌をとることに一生懸命にならないようにしましょう。
【スポンサーリンク】



不機嫌の理由を探らない

相手の不機嫌の理由をいちいち探らないようにしましょう。

急に不機嫌になると「あれ?私、まずいこと言っちゃったかな?」と不安になりますよね。

しかしそのような場合でも、相手の不機嫌な理由を探るようなことはする必要ありません。

先程も書きましたが、あなたの発言が行動に対してどう感じるかは相手の責任です。

また相手自身がもともとイライラしている場合は、色んなことがネガティブに解釈されがちです。

あなたの言動だけの問題ではなく、相手のその時の感情も大きく影響しているということを忘れてはいけません。

いずれにせよ、相手の不機嫌な理由を探ってもあなたが振り回されるだけなので、放っておくようにしましょう。

機嫌が悪い時は関わらない

相手の機嫌が悪い時は関わるのを最小限にしましょう。

必要な業務連絡のみ伝えるようにして、他は放っておいたらいいのです。

休憩中も気遣って話しかける必要はありません。

もしかすると「察してほしい病」によりさらに機嫌が悪くなるかもしれませんが、それもその人の責任です。

それに気分屋の人は自分の機嫌が直るとケロっとしている場合がほとんどですよね。

気分屋の人の一時的な不機嫌に付き合うほど無駄なことってありません。

そのため、気分屋の人が機嫌が悪い時は極力関わらないようにして、勝手に機嫌が直るまで放っておきましょう。

気分屋の人に振り回されてウンザリ!限界がきたら・・・

職場の気分屋さんに振り回されてもうウンザリ!という場合は転職も考えましょう。

とくに上司や指導してくれる先輩が気分屋の場合は本当に辛いですよね。

どんなに機嫌が悪くても、報告、連絡、相談をしないといけないので、その度に胃が痛くなります。

それにその日の機嫌で言うことがコロコロ変わるから、

「こないだは良いって言ったのに、今日はなぜか怒られた」

なんて理不尽なことだってありますよね。

そのような場合は仕事を続ける上でもかなり大きなストレスを抱えるようになりますし、不機嫌な態度を取られるたびに自分に自信がなくなっていきますよね。

そうなると仕事の能力も下がってしまって、さらに気分屋先輩に振り回されるという悪循環に陥る可能性があります。

仕事は楽しくのびのびできてこそ成長でき、そして自分の自信につながるものです。

なので気分屋の人に振り回されて消耗しているなら、あなたが自分らしく輝ける会社に転職してしまいましょう。

ちなみにリクナビNEXTなら、登録するだけであなたの経歴や希望にあった求人情報をメールでお知らせしてくれますよ。

リクナビNEXTなら、スタッフから電話がかかってきたり、転職をせかされたりすることはありませんし、リクナビNEXTは登録したからといって転職しないといけないという決まりはないので、気軽に利用することができますよ。

もちろん登録も利用も無料です。

なので「こんな人と一緒に仕事するのはもう嫌だ!」と思ったら、リクナビNEXTから届くメールを見ながら、次の職場を探してみましょう。

それだけでも精神的に楽になりますよ。

そして今の職場よりもいい条件の会社を見つけたら、そちらに乗り換えたらいいのです。

ちなみに私の友人はリクナビNEXTを利用して転職した結果、未経験業種なのに年収が50万円アップしました。

その友人の体験談がこちら➤転職したら給料が下がる?未経験業種なのに年収が50万円アップした友人の話

転職サイトに登録しておくだけで、精神的は逃げ道ができるので、職場の人間関係にストレスを抱えているのなら、とりあえず登録しておいてチャンスを逃さないようにしましょう。

【↓↓↓本当の自分の居場所を探すなら今すぐ登録】

転職、求人情報ならリクルートの転職サイト
【リクナビNEXT】


さいごに

気分屋の人に不機嫌な態度を取られると「あれ?私嫌われてる?」と思うかもしれませんが、気分屋の人は自分中心の考え方の持ち主のため、不機嫌な理由に対して責任を感じないようにしましょう。

本文でも書きましたが、もともとの機嫌が悪い時はあらゆることがネガティブに受け止められます。

そのためあなたに問題がなくても、相手の解釈の仕方によってさらに機嫌が悪くなるなんてこともあります。

そのため、気分屋の人の機嫌が悪い時は極力関わらないようにし、顔色をうかがったり機嫌をとったりという対応も避けましょう。

それが気分屋に振り回されずに仕事を行うためのポイントになります。

【↓↓↓本当の自分の居場所を探すなら今すぐ登録】

転職、求人情報ならリクルートの転職サイト
【リクナビNEXT】

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です