女ばかりの職場で平穏に過ごすための処世術

寿退社のメリットデメリットと職場に祝福される円満退社7つのコツ

彼との婚約はとても嬉しい一方で、寿退社をした方がいいのか、それとも仕事を続けた方がいいのか悩んでしまいますよね。

「家事の負担はおそらく自分に偏るだろうから共働きは大変そう。」と思う半面、「仕事を辞めてしまうと贅沢できなくなるな」とも思ってしまい、なかなか寿退社への決心がつかないことだと思います。

もちろん、どちらか一方が正解なんてことはありません。

ただ一つ言えることは、仮に寿退社をするなら、職場の人と気まずくなることなく祝福されて退職したいですよね。

ここでは寿退社のメリット、デメリットと、寿退社する際に円満に退社するための秘訣を紹介しています。

本文を読んで、あなた自身にとって最良の選択ができ、そして寿退社をする際は、職場の人達に祝福してもらいながら退職できるようにしましょう。

寿退社のメリット

夫婦の時間が作れる

共働き夫婦と専業主婦の奥さんでは、断然専業主婦の家庭の方が夫婦の時間が作りやすくなります。

私は結婚後、1年間は仕事を続けましたが、シフト制で夜勤もあったため夫婦の時間というのがあまり取れませんでした。

正直、イメージしてた<楽しい新婚生活>というのとはちょっと違いましたね。

時間に追われない

まだ子供がいない場合でも、フルタイムの共働きの場合は想像以上に時間に追われます。

家事は何だかんだいっても女性の仕事になることも多いので、1人暮らしの時の負担とは全然違います。

また新婚生活って、「こんな生活がしたいなぁ」という理想もあるじゃないですか。

その理想に近づこうと思うと、逆に負担になって疲れちゃうという悪循環が生まれることもあるんです。

実際、私が育った家庭は母が専業主婦だったこともあり、<ご飯はこうあるべき><掃除はこうすべき>という固定概念が専業主婦仕様になっていました。

なので、フルタイムの働く女性が同じことをしようとすると完全にキャパオーバーです。

時間に追われながらも、自分のあるべき姿を追い求めた結果、ストレスで全身じんましんが出たという経験があります(苦笑)

そのような私の経験からいえることは、あなたが掃除や料理に力を入れる可愛いお嫁さんに憧れているのなら、寿退社をお勧めします。

ストレスが少ない状態で妊活できる

もし子どもがすぐにでも欲しい場合は、寿退社している方がストレスなく妊活ができます。

とくに、

・ストレスで生理不順になりやすい。

・夜勤があって排卵日に子づくりできない可能性がある。

・高齢で妊娠しにくい可能性がある。

・すでに妊活しているが、なかなか授からない。

という場合は、寿退社しストレスフリーな状況で妊活するのも一つの案として考えてみましょう。

私は結婚後フルタイムで働いている間はなかなか妊娠しませんでした。

そのため不妊治療を開始したのですが、働きながらの不妊治療は非常にストレスが大きかったです。

排卵日前後になると受診しないといけないのですが、受診の日は残業せずに早く帰社しないといけないというストレスが付きまといます。

またせっかくのチャンスの日でも、夜勤のために一か月見送らないといけないということもありました。

こういうこともあり、仕事と不妊治療の両立が非常にしんどかったので結局退職したんです。

そして家の近くの小さなクリニックで働きました。

そこは夜勤もなくて、いつでも子づくりに挑戦できるし、受診の日も残業でいけなくなるなんてこともなかったので、ストレスがかかりませんでした。

もちろんバリバリ仕事をしていても、すぐに妊娠する人もいますし、仕事を辞めたからといってすぐに妊娠できるというわけでもありません。

ただ、ストレスフリーな環境の方が妊活には向いているといえます。

なのですぐに子どもが欲しいと考えていて、かつストレスの多い仕事、夫婦の時間を確保するのが難しい仕事の場合は寿退社することも考えてみましょう。

今の仕事に不満がある場合は綺麗に辞めれる

もし今の仕事に不満があるのなら、寿退社という形をとることでキレイに辞めることができます。

会社に不満があって退職する場合、退職理由を考えるのが大変ですよね。

そのような方は、結婚を機会に寿退社という形をとるといいでしょう。

もちろん経済的に専業主婦になるのは無理という場合は、家庭と仕事の両立がしやすい職場に転職すればいいのです

寿退社のデメリット

想像以上に贅沢できない

専業主婦になると想像以上に贅沢できません。

1人の収入で二人分の生活費を出すわけですから、感覚的にはこれまでの1/2程度の金額で生活しなければいけません。

また<旦那の収入>と思うと気兼ねして、欲しいものが買えないという人も多いんです。

そのような話をすると「でも、私の彼は年収1000万円あるから大丈夫」と言い出す人がいますが、たとえ年収1000万円の旦那さんでも、妻が専業主婦の場合は想像しているほどの裕福な暮らしはできないのです。

実際に私の父は年収1000万円を超えていて、母は専業主婦という家庭でしたが、本当に普通の暮らしでした。

他の家庭と比べると、ちょっとブランド物を多く持っているという程度の違いでしかありません。

なのでたとえ彼の年収が1000万円だったとしても、自分は絵にかいたようなセレブになれると思ったら大間違いなのです。

このお金の悩みに関しては、世帯年収がどれだけか以上に、家庭ごとの管理の仕方が肝になります。

たとえ年収が人並みであっても、上手に節約し家計管理ができれば、経済的な不安はなくなっていくでしょう。

職場復帰が難しくなる

一度退職して専業主婦になると、社会復帰するのが難しくなります。

とくに、

・社会人経験が短い

・資格がない

・特殊な経歴がない

・専業主婦期間が長い

という場合ほど、いざ就活を初めても上手くはいきません。

単に「社会復帰したいなぁ」と思った時に復帰できないならまだマシで、旦那がリストラにあった、病気で退職しなければいけなくなった、離婚したなど、あなたが働かざるを得なくなった際に、非常に困ってしまう危険性があります。

そのため専業主婦になったとしても、旦那の収入だけに頼らずあなた自身も資格をとったり、インターネットを活用してクラウドソーシングなどで仕事を受けるなどして、自分のスキルを高めておきましょう。

【スポンサーリンク】



社会から取り残されている気持ちになることがある

バリバリ働いていた女性が専業主婦になった時に口にするのが「社会に取り残されている気がする」というものです。

たしかに私も一時期専業主婦をしたことがありますが、想像以上に一日が単調に過ぎます。

朝起きて、掃除、洗濯して買い物にいって、のんびりして夕飯の支度をする。

これの繰り返し。

人と関わることもないので、ワイドショーの芸能ニュースばかりに詳しくなってました。

これまで忙しい中も、色んな人と関わり努力してきた日常とは真逆なので、刺激が少ないと感じる人もいてもおかしくありませんね。

ちなみに私は専業主婦期間は、のんびりできてストレスフリーで申し分ありませんでした(笑)

今は経済的な理由から働いていますが、専業主婦を目指しています。

みんなに祝福されながら寿退社する7つのコツ

もしあなたが寿退社をしようと考えている場合、やはり職場のみんなに祝福されながら退職したいですよね。

そのためには今から説明する7つの注意点に気を付けましょう。

寿退社を決定する前に彼としっかり話し合おう!

まず寿退社を決定するにあたり、彼としっかり話し合いましょう。

単に<彼に専業主婦になってほしいと言われたから>とか、<結婚したら専業主婦になりたいから>という双方の感情論だけではいけません。

一番大事なのはお金の相談です。

・いつごろ入籍するのか。

・結婚資金にいくら用意するのか。

・結婚後の生活費は旦那さんお給料でやっていけるのか。

・どこに住むのか。(家賃やローンの兼ね合いもあるので)

などをしっかり話し合い、二人の中で寿退社するんだという強い意志が確認できてから次のステップに進みます。

間違っても、彼と話し合いをしないまま上司に「退職します」といったものの、後からお金の計算が合わず「やっぱり仕事を続けたいです。」なんて言わないといけなくなるような状況は避けなくてはいけません。

みんながどう思うかではなく、あなたが幸せになれるかどうか

寿退社をするとなると、気になるのは周囲の人の目ですよね。

みんなに迷惑をかけてしまうんじゃないかとか、独身の先輩に嫌味にとられないかなど、悩みだすときりがありません。

だけど、そのような周囲の目は一切考えずに、あなたが幸せになれるかどうかだけを考えましょう。

中には「こんなに人手がない時に辞めるなんて!」という人や「仕事を辞めるなんてもったいない。」と言ってくる人もいるかもしれません。

だけど、そのような人達の顔色をうかがいながら自分の人生を決めるなんてことはしてはいけません。

物事に対する受け止め方というのは人それぞれです。

あなたの寿退社の報告うけ「おめでとう!」と素直に言ってくる人もいれば、嫉妬する人もいるかもしれません。

ただ、あなたの報告に対して相手がどう思うかというのは相手次第の問題であり、あなたの責任ではないことは確かです。

だから職場の人達の顔色を伺って、寿退社するかどうかを考えるということのないようにしましょう。

【自分が幸せになれるのはどっちか】

あなたが考えるべきはここだけでいいのです。

寿退社が決定したら早い段階で上司に報告しよう

「寿退社をしよう」と決定したら、早い段階で上司に報告しましょう。

上司はあなたが退職した後の後任を探さなければいけませんし、あなたも後任の人に引継ぎをしなければいけませんよね。

そのためどんなに遅くても3か月前には報告するようにしましょう。

ただ寿退社の場合は3か月前ではなく、寿退社が決まった時点で一回上司に報告しておくことを強くお勧めします。

というのも、普通の退職の場合は三か月前を目安に報告すればよいと一般的に言われていますが、寿退社の場合、3ヶ月前の報告だと「もっと早くに退職することは決まってたんじゃないの?」と言われる可能性があるからです。

また1年前から結婚式の準備などをしている場合、あなたの報告より先にSNSや同僚を通じて上司にあなたが結婚することなどが伝わってしまう可能性があります。

このようにあなたからではなく、SNSや噂が先に上司の耳に入るということ自体、上司にとっては気持ちの良いものではありません。

その上、数か月間なんの報告もなかったのに、3か月前に突然「辞めます」という報告を受けた場合、心証が悪くなるのも当然といえます。

そのような状況を防ぐためにも、寿退社が決定した時点で上司に報告するようにしましょう。

結婚式の予定も伝えよう

結婚式に上司や同僚を呼ぶ場合は、早めに結婚式の予定も伝えておきましょう。

とくにシフト制の場合は、休みの調整などもしてもらわないといけないので、早めに伝えておく必要があります。

また親族や友人だけで式を行う場合は、「身内だけでします」と声をかけておきましょう。
【スポンサーリンク】



上司との話がまとまったら退職願いを提出しよう

寿退社の意思を上司に報告し、上司との話がまとまったら退職願を提出しましょう。

上司に退職したいと報告した際に、「退職時期を1か月のばせない?」というような相談などがあるかもしれません。

または「パートで午前中だけ働くという働き方もできるよ」という提案をされることもあるでしょう。

そのため上司と話し合いをして、「〇月〇日付けで退職にしましょう」と話し合いがついてから退職願を提出します。

退職願と退職届けの違いや、それぞれの正しい書き方についてはこちらの記事で詳しく説明しています。

円満退社するための基本ステップ!会社を問題なく辞める秘訣を大公開!

感謝の気持ちを忘れずに!

周囲の人たちに感謝の気持ちを忘れないようにしましょう。

退職日までにお世話になった人たちにお礼を言って回りましょう。

あなたに担当のお客様がいる場合は、退職の旨と引継ぎが誰になるのかという連絡もしておきましょう。

引継ぎはしっかりしよう

退職するにあたり、後任の人にしっかり引継ぎしておきましょう。

退職後に後任の人が「こんなの聞いてない!」「これって一体どうなってるの?」と困らないように、口頭だけでなく書面でも分かりやすく伝えてあげるといいでしょう。

せっかく笑顔で退職できたのに、あなたがいなくなった後、引継ぎの人に「いい加減な引継ぎをされた」と思われるのは悲しいですよね。

やはりお世話になった職場なので、辞めた後もいい思い出の場所であってほしいと思いますよね。

そのためにも引継ぎは丁寧に抜けなくしっかり行うようにいましょう。

またデスクをそのまま引き渡す時は綺麗に整頓しておきましょう。

間違っても不要な私物を置き去りにしたり、会社の備品をそのまま引き出しに入れっぱなしにしてはいけません。

寿退社をして、主婦ならではの働き方をするのもひとつ

寿退社をしたからといって、専業主婦にならないといけないなんてことはありません。

フルタイムで共働きをするのは無理だけど、経済的なことを考えると私の収入もほしい。という人もいるでしょう。

そのような場合は、今の会社を寿退社したあと、主婦が働きやすい職場でパートとして働いてみましょう。

「テンプスタッフ」という人材派遣の会社は、主婦やママなどをはじめとした女性の働きやすさに特化させた会社です。

派遣といえばテンプスタッフ!カンタン無料登録!

テンプスタッフなら「週に3回だけ」とか「16時まで」といった、主婦に嬉しい条件の会社を沢山紹介してくれます。

また、女性のキャリア支援にも力を入れているので、資格取得の講座なども受けることができます。

なので、寿退社後に世間から置き去りにされているなんて感覚にはなりません。

寿退社後の収入に不安が残るなら、テンプスタッフに登録してゆる~く働きながら、生活費の足しを稼ぐというのもいいでしょう。

派遣といえばテンプスタッフ!カンタン無料登録!

まとめ

寿退社することにはメリットもあれば、デメリットもあります。

そしてどちらが良くて、どちらが悪いというものではありません。

ただ一つ言えることは時代や周囲の人達の意見に捕らわれず、二人が納得した決断を下すことが幸せな結婚の鍵となります。

そのため彼としっかり話し合ってから、寿退社をするかを決定しましょう。

また寿退社をする場合は、職場の人に祝福されながら退職できるように、丁寧な対応を心がけましょう。

もし寿退社後の収入が気になるなら、テンプスタッフでゆる~くお小遣い稼ぎしませんか?

派遣といえばテンプスタッフ!カンタン無料登録!

寿退社のメリット

  • 夫婦の時間が作れる
  • 時間に追われない
  • ストレスなく妊活ができる
  • 綺麗に退職できる

 

寿退社のデメリット

  • 想像以上に贅沢できない
  • 職場復帰が難しい
  • 時間に追われる
  • 社会から取り残されている気持ちになることがある

 

みんなに祝福されながら寿退社する7つのコツ

  • 寿退社を決定する前に彼としっかり話し合おう!
  • みんながどう思うかではなく、あなたが幸せになれるかどうか
  • 寿退社が決定したら早い段階で上司に報告しよう
  • 結婚式の予定も伝えよう
  • のろけ話に要注意!
  • 上司との話し合いがついてから退職願を出そう
  • 引継ぎはしっかりしよう

 

 

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です