女ばかりの職場で平穏に過ごすための処世術

攻撃されやすい人の特徴7選!上司から可愛がられる人に華麗なる転身

職場にはなぜか攻撃されやすい人と、全く同じことをしても攻撃されない人がいますよね。

「なんで同じミスをしても私だけキツく言われるんだろう」

攻撃されやすい人からしたらこのような差別はたまったもんじゃありません。

意味もなく「攻撃しやすい」という理由で攻撃され続けるなんて絶対に嫌ですよね。

ここでは【攻撃されやすい人の特徴】と【攻撃されなくなるための方法】について解説しています。

今先輩からの攻撃に悩んでいても、攻撃されやすいキャラをからの脱出はもう目の前なので安心してくださいね!

人間関係がいい職場かどうかを事前に確認できる超裏ワザ転職とは!?

攻撃されやすい人の特徴7選!

オドオドしている

オドオドしている人は攻撃の対象となりやすくなります。

攻撃する人は自分に自信がないため、他の人間を自分より下の地位につかせることで安心感を得ようとします。

いわば攻撃というのは、相手を自分よりも下に位置付けるために行われているのです。

そのため攻撃を受けた時にオドオドし対応に困っていると、相手の思うつぼになってしまいます。

「この人は私よりも下の人間だ」と勘違いし、あなたを攻撃することで優越感を感じるようになってしまうのです。

そのような状況を避けるためにも攻撃されていると感じた時こそ平然を装いましょう。

平然を装うことで、相手に<下>と思われないようにするのです。

この時に注意したいのが、攻撃に対して攻撃で返すという方法です。

下に見られないように強い口調で切り返したりすると、相手も逆上しさらに関係性がこじれる原因になります。

そのためオドオドせず、平然を装うことで相手と<横>の関係を保つことを意識しましょう。

弱い立場

後輩という弱い立場の人間は攻撃の対象になりやすいです。

とくに新人でまだ業務のことをよく分かっていない人間の場合、様々な角度から攻撃することができますよね。

「遅い」

「間違っている」

と難クセ付け放題です。

本当に情けないことですが、攻撃的な人は弱い立場の人間を攻撃することで、優越感を得ようとするのです。

このような場合は他の先輩や上司に相談し、攻撃的な人との接点をなくしてもらうことが重要です。

また「新人時代はできなくて当たり前」ということを自分自身でしっかりと理解しておくことも重要です。

攻撃的な人になにかと指摘されていると「自分はできの悪い人間だ」と思ってしまいますよね。

そう思ってしまうと、あなた自身の表情からも自信がなくなるため、相手から見ると<攻撃しやすい人>になってしまうんです。

ハッキリ言いますが、新人時代なんて仕事が上手くできないことが当たり前です。

そのような後輩に目をつけ、難癖をつける先輩の方が頭がおかしいのです。

なので絶対に攻撃的な先輩の嫌味を真に受けて、自信をなくすということのないように注意しましょう。

【スポンサーリンク】



職場で孤立している

職場で孤立している人も攻撃的な人に目を付けられやすいです。

攻撃的な人というのは、自分より下に位置づけしやすい人を標的にします。

そのため同僚のみんなの中心にいる人、慕われている人というのは標的にされることはあまりありません。

そのような人を攻撃すると、逆に自分が孤立してしまう危険性があるからです。

しかし職場で孤立している人の場合、陰で変な噂を流しても周囲の人は孤立している人ではなく、自分の話を信じてくれると思っています。

このように自分の身の安全を確保するためにも、職場で孤立している人を標的にするのです。

人間関係がいい職場かどうかを事前に確認できる超裏ワザ転職とは!?

生意気な言い方をしている

生意気ととられる言い方をしている人は、敵を作りやすいため攻撃的な人にも狙われやすいです。

以前、新人の子でとても一生懸命でいい子なんですが、言葉の言いまわしが「生意気」と取られてしまう子がいました。

その子自身に悪意はないのですが、つい「私は知りませんよ!」「申し訳なかったと思ってるんですけどね」という具合に相手が「ムッ」としてしまう言い方をしてしまうんです。

そのため周囲の人たちからも「生意気」と言われるようになってしまい、最終的にはボス的存在の人に攻撃される羽目になってしまいました。

攻撃する人は周囲から浮いている人を狙います。

そして「みんなのためにも私がバシっと言ってやる!」と、あくまでも自分が<正義>というスタンスで攻撃するのです。

相手は自分が正義でみんなも自分に賛同してくれていると思い込んでいるので、簡単に攻撃をやめてはくれません。

そのような状況を避けるためにも、言葉のいいまわしには十分に気を付けましょう。

とくに女性はちょっとした語尾の使い方でも揚げ足をとってきます。

何気ない一言が「今のどういう意味?」となってしまうんです。

周囲に生意気と誤解されないためにも、言葉使いや言い回しには十分注意しましょう。

自己主張できない

自己主張ができない場合も攻撃的な人に狙われやすくなります。

何でもハッキリ言う人も、攻撃的な人の反感をかう危険性がありますが、自己主張ができない人も「自分より下」という位置づけをされ攻撃の対象にされてしまうのです。

なので攻撃的な人から何か聞かれた時に黙り込んだり、はっきり返事をしないというのは避けましょう。

分からないなら分からないでいいので、はっきりと自分の意思表示をすることが大切です。

ただこの時に注意してほしいのが言葉の言い回しです。

知らないことを「知りません」の一言でいうのではなく、「すみません。ちょっと分からないです。誰か知っている人いませんかね?」という具合に、相手とコミュニケーションをとることを意識してみてください。

そうすることで「知らない」と答えても誤解されませんし、「自分より下」という位置づけをされることも防ぐことができます。

空気が読めない

職場の空気が読めない人も攻撃の対象になりやすいです。

これは先ほど説明した言葉使いで誤解される人と同じパターンです。

職場の空気を読むことができずに、

・みんなが忙しくしている中、一人だけスマホをいじっている

・自分の横で電話が鳴っているのにいつも出ない

ということをしていると、周囲の人から「何この人?」と浮いていきますよね。

そうなると攻撃的な人に目を付けられ「この人にはキツく言わないと伝わらない!」と理由付けをされてしまい、猛攻撃の的になってしまうのです。

日本人は空気を重んじる人種ですが、その中でも女性はとくに<空気>を大事にします。

なので<空気が読めない人>という烙印は職場のいじめに直結するほどの緊急事態なのです。

もちろん空気を意識しすぎて、ストレスをため込むということはしてはいけません。

ただ、<空気が読めない>と言われないためにも、周囲をよく観察し<気遣い>を大切にしてください。

ちょっと機転をきかせて「これしておきますよ!」と一声かけるだけで、一気に好感度を上げることができます。

女性の職場は難しいようで案外単純なので、周囲の人への心配りを意識して<空気が読めない>という烙印を押されないように注意しましょう。

【スポンサーリンク】



仕事ができない

仕事ができない場合も攻撃的な人に狙われやすいです。

仕事が遅い、ミスが多い、となるとどうしても相手に攻撃するための材料を与えてしまうことになります。

そのため<指導>という名目の攻撃が開始されてしまうのです。

この<指導という名のいじめ>が厄介なのは、攻撃している本人がいじめをしているという自覚が芽生えないところです。

本人はあくまでも<指導>と言い張るため誰も止めることができないのです。

そのため新人時代はどうしても多少の攻撃にあってしまうことも少なくありません。

ただこのような状況を防ぐ、数を減らすためにも、あなた自身スキルアップすることが大切です。

いきなり上達するのは難しくても、毎日少しづつでいいのでスキルアップを目指して、攻撃の材料を相手に与えない人間になりましょう。

仕事のスキルアップするためのコツをこちらの記事で紹介していますので、併せてお読み下さい。

何かしらの嫉妬の対象になっている

あなたが相手の嫉妬心を駆り立てる何かを持っている場合も攻撃の対象になってしまいます。

そもそも攻撃をする人というのは自分の立場や地位が脅かされている時に、自分を守るために他者を攻撃します。

そのため相手が自分の地位を脅かす、自信を奪う存在である場合、その相手を攻撃の対象にしてしまうことがあるのです。

この嫉妬に関しては仕事上のことが原因というわけではありません。

とくに女性の場合は<女の幸せ>にも敏感ですし、他にも学歴や彼氏のスペック、家柄などあらゆる面でマウンティングしては<勝った><負けた>と判断します。

そのため相手が一体なにに嫉妬心を抱きだすのかは全く分からないのです。

そのため変な嫉妬をされたくなければ、下手に自分のことを話さないことが大切です。

こちらの記事では、女性の嫉妬の争いに巻き込まれないための方法について書いていますので合わせてお読みください。

いじめられない自分へ!先輩に好かれる処世術!

同じミスをしても攻撃される人と、何も言われない人がいますよね。

「自分が攻撃されやすいタイプ」だと思っているあなたは、きっとそのような人がうらましくてたまらないことでしょう。

では、何も言われない人、優しく指導してもらえる人は一体何が違うのでしょうか?

実は先輩に好かれる人というのはある共通点があります。

その共通点を意識するだけで、あなたも「攻撃されやすい人」から「先輩にかわいがられる人」に変わることができますよ。

こちらの記事に職場の愛されキャラになる方法をまとめていますので、併せてお読み下さい。

どうしても辛い時は転職してしまおう!

あなた自身が色々努力してみたものの、攻撃の対象から抜け出せない場合は思い切って転職してしまいましょう。

職場で生じるいじめというのは、簡単になくなるものではありません。

とくにいじめてくる側に、いじめをしているという自覚がない、むしろ自分はみんなのために言っていると勘違いしている場合は上司から注意されたとしても態度を改める可能性は低いです。

なのでそのような状況の場合は、あなたが今の職場から離れてしまいましょう。

転職していちから人間関係をやり直すのです。

あなたは本文を読んで、攻撃されないためにはどのようなことに注意しないといけないかを知ることができましたよね。

それが分かったなら、転職した後はきっと上手に周囲の人たちに打ち解けることができるでしょう。

あなた自身がずっと憧れていた、攻撃されない人、みんなに可愛がられる人になることだってできるかもしれません。

とにかく職場で攻撃の的にされているのなら、さっさとその場を離れてあなたを温かく受け入れてくれる職場に転職した方があなた自身の幸せに直結します。

「でも、転職なんてそんな簡単にできないでしょ」と思われた方も大丈夫。

転職サイトに登録すれば、転職というのは非常に簡単に行えるんです。

とくに業界最大手のリクナビNEXTなら自分の経歴や希望を入力しておけば、会社の方からあなたにオファーが届くんです。(個人情報を守るためにあなたの名前は匿名で登録できます。)
【↓↓↓リクナビNEXTはこちらから登録できます】

なのでリクナビNEXTを使う場合、あなたのすべきことといったらリクナビNEXTに登録するだけです。

あとは向こうから求人の紹介やオファーが届くので、自分が行きたいなと思う求人があれば面接を受けに行くのみです。

今の職場でいじめにあっているという場合は、とりあえず登録だけしておいて、いつでも転職できる準備をしておくのもいいでしょう。

業界最大手のリクナビなら求人数も業界トップクラスなので、あなたが望むような求人がきっと見つかります。

せっかくなら今より条件のいい会社に転職しましょう!

【↓↓↓リクナビNEXTはこちらから登録できます】

 

まとめ

攻撃されやすい人は、攻撃的な人にとって攻撃しやすい条件をもっているといえます。

そのため攻撃されない自分になるためには、その条件をなくしていくことが重要です。

<攻撃されやすいタイプ>というのは生まれ持ったものなんかじゃありませんし、攻撃しやすいタイプから抜け出すのも難しいことではありません。

だから安心してくださいね。

攻撃的な人から身を守る方法に関してはこちらの記事でも詳しく解説していますので、あわせてお読みください。

攻撃的な人から身を守る意外と単純な方法!平穏な日々はもう目前!

もし今の職場で人間関係の修復が難しい場合は、思い切って転職してしまいましょう。

【↓↓↓リクナビNEXTはこちらから登録できます】

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です