女ばかりの職場で平穏に過ごすための処世術

攻撃的な上司のパワハラ対処法11選!いじめの標的からは抜け出せる!

攻撃的な上司からのパワハラを受けず、ストレスなく仕事をこなすにはどうすればいいいのでしょうか?

・小さなミスで怒り狂う

・自分の機嫌で指示が変わる

・人を「バカ」「トロイ」と人格否定する

このような攻撃的な人間が上司になると本当に悲惨ですよね。

普通の報告、相談でさえ萎縮して胃が痛くなってしまいます。

そのため毎日「仕事やめたい。。。」という気持ちでいっぱいになってしまいますよね。

だけどお金のこと、生活のことを考えるといますぐ辞めるというのもむずかしいものです。

ただ、だからといって攻撃的な上司のパワハラを黙って受け続けるなんてことは絶対にしてはいけません。

ここでは攻撃的な上司の心理を理解し、パワハラを受けないようにするためにはどのように対処したらいいのかを解説しています。

今、現に嫌がらせの標的になってしまっているという人は本文を参考にしてきただき、一日でも早く標的から抜け出してください。

こちらの記事でも攻撃的な人から身を守るための具体的な方法を解説していますので、併せてお読みください。

攻撃的な人から身を守る意外と単純な方法!平穏な日々はもう目前!

攻撃的な上司の心理

まずは攻撃的な上司は、なぜ攻撃的な態度をとってしまうのか。

その心理について解説していきます。

自信がなく、そのことを見破られたくない

攻撃的な人間というのは、もともと自分に自信がありません。

しかし精神的にも弱いため、自分はできないということを認めることもできないのです。

なので「自分ができないことを他人に見破られたくない」という不安が常につきまとっています。

そのためその不安を打ち消すために、他人を攻撃し自分より低い立場に相手を位置づけすることで安心感を得ようとします。

またすごい勢いで罵声を浴びせるのも、相手に反論させる隙を与えないために行っています。

自分が分からない質問が飛んでくることのないように、吠えることで防御線を引いているのです。

<弱い犬ほどよく吠える>という言葉がありますが、攻撃的な上司も全く同じことがいえます。

自分の地位を守りたい

自分の地位を守ることに必死な上司も攻撃的な性格になっていきます。

会社の目標や運営ビジョンなどよりも、今の自分のポジションを守ることに必死なため、部下を蹴落とすことで上に上がってこれないようにしているのです。

これは政治の世界でもよく見られますね。

他の党の揚げ足ばかりとっている政治家たちも、まさに同じ状況といえます。

とにかく今の自分のポジションを守りたいために、相手の揚げ足をとって相手を蹴り落とすことに一生懸命なのです。

自分の思い通りに相手を動かしたい

攻撃的な態度をとることで相手を思い通りに動かしたいと考える上司もいます。

・今月の部署としてのノルマを達成したい。

・部下にミスをしてほしくない

そのような願望や目標を達成したいという気持ちが先走ってしまい、力で相手を思い通りに動かそうとしてしまう場合があります。

これは自分の期待通りの成績をとれない子どもにイライラしてしまう母親の心理とも似ている部分があるでしょう。

母親の場合も、母親自身に「優等生な子の親でありたい」という願望がある親ほどヒステリックに子どもをしかりつけ、教育虐待をしたりします。

上司の場合も自分の部署の成績を上げたい、管理職として評価されたいという気持ちから、

「気合が足りない!」

「やる気あるのか?」

と、根性論を振りかざし、部下を馬車馬のように働かせようとするのです。

自分のやり方が正しい教育方法だと思っている

上司自身が罵声を浴びせられて教育されてきた場合、自身の成功体験によって「厳しい指導によって自分はここまでこれたのだ」「教育者はこうあるべきだ」と思い込んでいる場合もあります。

戦争時代の日本軍の考え方の名残から「上の言ったことは絶対」という考え方や<体罰、厳しい指導>が美学とされる傾向がいまだに残っていますよね。(体罰はだいぶなくなってきましたが、、、)

上司自身が新人時代はもっとそのような傾向があったでしょう。

そのため罵声を浴びせられてきたここまできた上司からすると「罵声を浴びせられたからここまでこれたのだ」という自分の成功体験を、成功の法則だと勘違いしてしまうのです。

とくに日本人は文献からの学びより自分の体験による学びを重視する傾向があります。

そのため文献に「攻撃的な指導は意味がない」と記されていても、それよりも自分の成功体験の方が正しいと思ってしまうのです。

そのような思い込みにより、攻撃的な指導にブレーキをかけるどころか、それこそが正しいと思い込んでいる上司もいます。
【スポンサーリンク】



攻撃的な上司のパワハラ対策12選

では、今から実際に攻撃的な上司からパワハラを受けた時の対処法について説明していきますね。

先ほど説明した攻撃的な上司の心理状況も意識し、あなたの上司がどのような心理状況なのか考えながら、効果がありそうな方法を使っていきましょう。

オドオドしない

攻撃的な人にターゲットにされた時、大切なのはオドオドしないことです。

威圧的な態度におじけついてオドオドしてしまうと相手はますます攻撃的になります。

なぜなら、オドオドする人間ほど「自分より下」という位置づけが簡単な人間はいないからです。

攻撃的な人間からみて<恰好(かっこう)の獲物>になってしまわないためにも、どんなに威圧的で攻撃されても平然を装うようにしましょう。

機嫌の良い日を見極める

攻撃的な上司への対応として大事なのは、その日の機嫌を見極めるということです。

朝の出社時の声のトーンなどを敏感に察知し、その日の上司の機嫌をうかがいましょう。

そして機嫌が悪そうなときは関わらないのが一番です。

上司の機嫌が悪い場合は、急がない報告、相談は後日に回すという選択も考えましょう。

上司の機嫌やタイミングを考慮せずに、思うがままに話しかけていると思わぬ地雷を踏んでしまいます。

もし機嫌の悪い日に急ぎで報告しなければいけないのなら、言葉の言い回しに注意し揚げ足を取られないように注意しましょう。

指示内容は明確にしておく

攻撃的な上司とのやりとりは常に指示内容を明確にしておくことが重要です。

もちろんミスをなくすためにも、どの上司とのやりとりでも指示内容を明確にしておくことは大事なのですが、攻撃的な上司の場合、後から連携ミスが起きた場合にすべてあなたに責任転嫁される危険性があります。

言った言ってないの水掛け論や、「私は~言われたと思った」という思い込み。

指示のやりとりというのは、どうしてもこのような連携ミスが生じてしまいます。

このようなやりとりは双方のミスによって生じてくるのですが、攻撃的な上司は100%あなたのミスという言い方をして猛攻撃してきます。

そのような状況を避けるためにも、指示内容はしっかりと確認しておきましょう。

「こういうことでいいんですよね?」と復唱することで、双方に認識のずれがないか確認することがポイントです。

その際にうっとうしそうにされる場合もありますが、後から「違う!」と怒鳴られることを考えると何倍もマシだと思って割り切っていきましょう。

人間関係がいい職場かどうかを事前に確認できる超裏ワザ転職とは!?

言葉の語尾や表現に気を付ける

攻撃的な上司に対しては言葉の語尾の使い方や言い回しに十分注意しましょう。

「そんなの知りません」

「申し訳ないと思ってるんですけどね」

「だから、~って言ってるじゃないですか」

このような表現は相手をイライラさせてしまう危険性が高いです。

そのことを知らずに、上司にこのような言い方をしてしまっている新人さんがたまに出没するのですが、やはり上司から反感をかっています。

とくに女性ばかりの職場は言葉の言い回し一つで「調子乗ってる」などと陰口をたたかれる危険性があります。

上司の逆鱗にふれないようにするためにも、言葉の言い回しには細心の注意を払いましょう。

報告の順番に気をつける

複数名の管理職に報告する際は報告する順番に注意しましょう。

間違っても攻撃的な上司を差し置いて、他の人に先に報告するということをしてはいけません。

攻撃的な人というのは常に不安を抱えています。

そのため「みんなに認められたい」という承認欲求も人一倍強いんです。

なので攻撃的な上司を差し置いて、他の先輩に先に報告するというのは、攻撃的な上司のプライドを傷つけ不安を煽るものになります。

そして不安を煽られた上司は、自分のポジションを守るためにあなたに攻撃を始めることでしょう。

このような状況を避けるためにも上司への報告の順番には十分に注意しましょう。

頼りにしているふりをする

攻撃的な上司にはあえて<頼りにしている>というサインを出す方が機嫌よく過ごしてくれます。

そもそも攻撃的な上司は自分に自信がなく、承認欲求が強いため頼られることで「相手に必要とされているんだ」と自信をもつことができます。

そのため攻撃的な上司でも頼りにするとまんざらでもなさそうな態度をするのです。

攻撃的な上司に頼み事をするというのはとても勇気のいることなのですが、言い回しに注意し上手におだてながら頼み事をすると、それが攻撃的で気難しい上司と仲良くなれるきっかけになることもあるんです。
【スポンサーリンク】



自分の仕事のスキルアップも大切

攻撃的な上司に目を付けられないようにするためにも自分自身のスキルアップは欠かせません。

攻撃的な上司というのは自分のポジションを守ることに必死です。

そのような場合、ミスが多い部下、仕事ができない部下というのは「自分の上司としての評価を下げる危険性のある部下」でもあるわけです。

そのため、仕事のできない部下を自分にとっての脅威だと感じて攻撃を始めたりするわけです。

そのような状況におちいらないようにするためにも、スキルアップを行っていきましょう。

こちらの記事では仕事のミスが多い人、仕事が遅い人がスキルアップするための方法をまとめていますので合わせてお読みください。

嫌がらせは記録する

万が一、訴訟問題に発展した時に備えて攻撃的な上司から受けたパワハラは記録に残すようにしましょう。

もし可能なら録音や写真で残しておくことも重要です。

このような証拠は、もしあなたが攻撃的な上司のパワハラによってうつ病になってしまったり、過労によるストレスで体を壊してしまったりした場合に上司のパワハラが原因と認定してもらう上で非常に大切なんです。

会社のストレスが原因でのうつ病や病気や労災が認められるので、その後の受取れるお金が全然変わってきます。

上司によるパワハラが原因でうつ病になったのに、証拠がないために泣き寝入りをしないといけないなんて状況を避けるためにも嫌がらせの記録はしておきましょう。

さらに上の上司に相談する

攻撃的な上司のパワハラのせいでまともに仕事ができないという場合は、さらに上の上司に相談しましょう。

攻撃的な上司は自分のポジションを守るために必死なため、さらに上の上司の言うことはすぐに聞く可能性が高いです。

ただ、ここで注意しないといけないのが、あなたが告げ口したということがばれないようにしなくてはいけません。

そのためさらに上の上司には、あなたが告げ口したとばれないように上手くいってもらう必要があります。

なのでさらに上の上司には、あなたが言ったということは本人には言わないで欲しいということは伝えるようにしましょう。

外部の人に相談する

もしさらに上の上司が対応してくれない、相談するのが困難という場合は外部の人に相談しましょう。

法テラスや各都道府県の労働基準監督署に相談すると、会社のいじめに対応してくれます。

社内の人間で解決できない場合は、どんどん外部の人間を巻き込んでいきましょう。

転職する

「これ以上攻撃的な上司からのパワハラが絶えられない!」という場合は転職することも考えましょう。

人間関係の不和というのは、あなたの努力だけで解決できる問題ではありません。

それに人間関係の悩みがない職場というのは、本当にストレスフリーなんでんすよ。

毎朝の憂うつ感もないし、上司に報告する前の「怒られたらどうしよう」というドキドキもありません。

そのような状況で仕事ができると、仕事自体が楽しく感じられるようになります。

なので上司のパワハラから抜け出すため、そして自分らしく楽しい生活を送るためにも、攻撃的な上司に過度なストレスを感じている場合は思い切って転職しましょう。

ちなみにリクナビNEXTの適性診断をすると自分の強みや自分に合った職業を知ることができますよ。

普段、攻撃的な上司から嫌味ばかり言われてすっかり自信をなくしているというあなた。

自分の強みを知ることで、失った自信を取り戻すことができますよ。

なぜこんな事が言えるのかというと、私も転職で「今まで悩んでたのがバカみたい」と思うほど人間関係での悩みがない職場に変われた一人だからなんです。

その時私がやったことって、

【転職サイトに登録して相談した】

これだけ。

あなたも心機一転、人間関係を清算し、かつ自分が輝ける仕事をスタートしませんか?

一度キリの人生、パワハラ上司に振り回されるなんてもったいないですよね。

【リクナビNEXTの適性診断はこちら↓↓↓】

まとめ

攻撃的な上司というのは、何かしらの心理的な背景があってあなたに攻撃をしています。

そのため上司から攻撃を受けないようになるためには、上司の心理状況にあった対応方法を取り入れていく必要があります。

上司の不安をあおらない、上司の地位を脅かさない。

そのあたりを意識しながら上手に対応し、攻撃的な上司に目を付けられないようにしてくださいね!

 

攻撃的な上司のパワハラ対策11選

  • オドオドしない
  • 機嫌の良い日を見極める
  • 指示内容は明確にしておく
  • 言葉の語尾や表現に気を付ける
  • 報告の順番に気をつける
  • 頼りにているふりをする
  • 自分の仕事のスキルアップも大切
  • 嫌がらせは記録する
  • さらに上の上司に相談する
  • 外部の人に相談する
  • 転職する

 

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です