20代女性の理想が叶う転職サイトランキング

無責任な人からのしわ寄せを食い止める6つの極意!素早い見極めが肝!

「なんで私が、あの人の代わりにやらないといけないの!?」

と、押さえきれない怒りが、今にも爆発しそうになっていませんか?

無責任な人と一緒に仕事をすると、思いがけないしわ寄せが自分にくるので本当に参りますよね。

・「やる」って言ったくせに期日まで放置され、自分が尻拭いするはめになった。

・「手伝って」って言われたから手伝っていたのに、知らない間に自分より先に帰宅していた。

・Aさん(無責任な人)から間違った方法を教えられたのに「私は知らない」と言われた。

このように職場にいる無責任な人のせいで正直者のあなたがバカをみるなんて本当にムカつきますよね。

このような無責任な人に振り回されないためには、早い段階で相手の無責任度を見極めて対策を打っておくことが肝心です。

ここでは、

・無責任な人の特徴と無責任な人がよく口にする口癖

・無責任な人に振り回されないための対処法

について解説しています。

自分の身を守るためにも無責任な人対策を万全にして、しわ寄せが自分にこないようにしましょう!

また、文章の一番最後にどうしても解決できない人間関係の悩みを一瞬で解決する方法も書いていますので、深刻な悩みを抱えている場合はそちらも参考にしてください。

人間関係がいい職場かどうかを事前に確認できる超裏ワザ転職とは!?

無責任な人の特徴&口癖

まずは無責任な人の特徴と無責任な人がよく口にする口癖について説明します。

これらの特徴や口癖が見られたら要注意ですので、その時は身を守る準備を始めてくださいね!

文句・口出しだけは一人前

無責任な人ほど文句や口出しだけは一人前です。

会議中でも「そんなのおかしいと思う!」「顧客視点に立ててない!」なんて偉そうなことを言いますが、だからといって自分が何かをするわけではありません。

せっかく考えた企画も一方的に文句だけ言われるため、考えた当人たちは無責任な人の発言に振り回されることになります。

反省しない

無責任な人は反省なんてしません。

どんなに自分に落ち度があっても「でも」「だって」という言葉を使い、自分のミスを認めることすらできないのです。

下手したら「○○さんがすると思っていました」なんて他人のせいにする場合だってあります。

仕事がうまくいかない時、トラブルが起きた時の発言をみればその人の無責任度は一瞬で見抜くことができます。

言い訳が多い

無責任な人はとにかく言い訳が多いです。

責任から逃れるためにありとあらゆる場面で言い訳を使いまくります。

「コピーを取ろうとしたけど紙が補充されてなかったので遅れてしまいました。」

「○○さんからはこう聞いていたので間違いに気づきませんでした。」

など、「失敗の原因は私ではなく、他にあるんです。」といった主張をしてきます。

他人の迷惑を考えない

無責任な人は他人の迷惑を考えていません。

責任感のある人なら、みんなに迷惑をかけないようにキチンと仕事をやり遂げようと考えるところですが、無責任な人は「誰かがやってくれるだろう」という甘えがあります。

そのため平気で仕事を放棄してしまいます。

また無責任の度合いがすぎると無断欠勤や遅刻なども平気でするようになります。

【スポンサーリンク】



作業一つ一つが適当

無責任な人は作業の一つ一つにも心の内が表れているかのように適当に行います。

無責任な人というのは、適当にした後にどのようなことが起こりうるのかというリスク管理能力が非常に低いため、後先考えていない人がほとんどです。

「ミスをしないように気を付けよう」という意識事態が欠けており、目の前の作業を単純にこなすことしか考えていません。

そのため「なんじゃこりゃ!」というくらい、適当な仕上がりになっているなんてこともよくあります。

時間にルーズ

無責任な人ほど時間にルーズで提出物の期限なども遅れます。

また遅刻した場合でも、のび太君みたいに朝礼中にそっと職場に入ってきて、さりげなく「初めからいたよ」という空気でやりすごそうとします。

安請け負いする

無責任な人ほど安請け負いをします。

会議中に張り切って「私がします」と言いながら、結局何もしないタイプっていませんか?

何でもかんでも「やります」っていうくせに、結局私がするはめになるんです!という不満を持っている方もいると思います。

無責任な人ほど簡単にやるやるといいますが、大体は周囲の人にしわ寄せがくるですよね。

やるやる詐欺には要注意です!

事なかれ主義

無責任な人は自分に何かしらの責任が降りかかるのを非常にいやがります。

そのため基本的には事なかれ主義なんです。

「面倒なことに巻き込まれたくない」

という思いから、自分に責任が降りかかってきそうなときは、そもそもその問題が存在していないかのように目をそらします。

事なかれ主義の人はミスに気付いても、そのままスルーしてしまう可能性がありますので注意するようにしましょう。

言うことやることがコロコロ変わる

無責任な人は言うことがコロコロ変わります。

そして言うことがコロコロ変わる人には2つのタイプがあります。

一つ目が心の底から適当で、人の話をあまり聞いておらず、返事をする際もあまり深く考えていないというタイプです。

普段から何も考えていないため「昨日はAといったのに今日はBという。」といった状況が生まれます。

このようなタイプの人が上司の場合、何が本当の情報なのかがわからなくなるので本当に厄介ですよね。

2つ目のタイプが、責任逃れに一生懸命なタイプです。

このタイプは、何かあった時に自分のせいにされたくないという気持ちが強すぎで、常に周囲の空気を見ながら返事をしています。

そのため自分の立場が危うい!と思ったらすぐに意見を変えるのです。

このタイプの人はなにか間違いが生じた場合、「知らない」「忘れた」としらを切る人が多いです。

「気づいた人がしたらいいじゃん」って言う

無責任な人が職場でよく使う口癖は「気づいた人がしたらいいじゃん」という発言です。

この発言だけを見ると積極的で平等な考え方の人に見えると思います。

しかしこのような発言をする人に限って「気づいた人」の中に自分を含んでいません。

なので「気づいた人がすること」と会議で決まった場合、無責任な人は一切しないであろうと思っていた方が賢明です。

人に偉そうに言うが自分は何もしない

人には偉そうに言うものの自分は何もしない。という人っていますよね。

高圧的な言い方をする人は、高圧的に言うことで、相手を自分の思い通りに動かしたいという気持ちを持っています。

そのため口だけはよく動くが、体は全然動かないという人が多いんです。

そのようなタイプと関わると、思いがけない仕事を押し付けられたりするので注意が必要です。

人に頼んでおいてその人より先に帰る

無責任な人あるあるなのが、他の人に仕事を頼んでおいて自分はその人より先に帰るというものです。

頼まれた人は相手の抱える仕事量が多くてかわいそうだと思うからこそ協力していたのに、気づいたら当の本人が見当たらない。

周囲の人にどこに行ったかたずねていると「その人なら帰りましたよ」と衝撃の一言が!

「うそでしょ!?」と耳を疑いたくなりますが、こんなバカみたいな話が実際に沢山あるんです。

ドタキャンが多い

無責任な人は平気でドタキャンをしてきます。

忘年会に参加するといっていたのに、何の連絡もなしに当日来ないなんてこともしばしば。

幹事からしたらとても迷惑な話ですが、無責任な人はそんな幹事の都合なんてお構いなしです。

バカを見ないための6つの対処法

職場の無責任な人に振り回されてバカを見ないための対処法を紹介します。

自分の責任と他人の責任を分けて考える

まず自分の責任と他人の責任をしっかり分けて考えましょう。

無責任な人が抱えている仕事内容をみて、その人の仕事の進み具合よってはあなたにも影響がでてくる業務ってあると思います。

例えば、

・一緒のチームとして動いているプロジェクト。

・無責任な人が行った業務の後処理をあなたがするという流れになっている。

など無責任な人が適当なことをすると、あなたにもダイレクトに影響する業務ってありますよね。

そのような自分にも責任が回ってきそうなことに関しては、仕事の進行状況を逐一確認しながら万が一に備えておきましょう。

そして自分には関係ない業務に関しては無視しておけばいいのです。

この時に、自分には関係ない業務に対しても「本当にこの人は無責任だ!」とイラついたり、見かねて手を出したりすると無駄なエネルギー消耗になってしまいます。

あなた自身が相手の無責任さに巻き込まれないためには、自分に関係ある業務と関係ない業務の線引きをしっかりしておくことが大切です。

人間関係がいい職場かどうかを事前に確認できる超裏ワザ転職とは!?

自分に降りかかりそうな時はその場で話しを詰める

無責任な人に「今度から気づいた人が○○しようよ」といわれた場合、おそらく言い出しっぺの張本人は何もしないことが予測されます。

そのため結果的にあなたの負担が増えることもあるでしょう。

無責任な人と業務分担する際は「気づいた人」というような曖昧な決め方をしてはいけません。

「いつ、だれが、何を、どうやってするのか?」を徹底して詰めて決めておき、自分の負担がこれ以上増えないようにしておきましょう。

そもそも期待はしない、信用しない

無責任な人の特徴や口癖が見られた人に対しては、期待しない、信用しないのが一番です。

相手に「これ、しておくね」と言われても、最終チェックは必ず自分で行って下さい。

きっと最終チェックの時に「なにこれ!?」と驚くほど適当にされていたなんてことも起こるでしょう。

そのような状況になってから慌てないためにも、「していないだろう」という前提でいることが大切です。

そして最終的には、自分でするつもりでスタンバイしておきましょう。

人間関係がいい職場かどうかを事前に確認できる超裏ワザ転職とは!?

記録に残しておく

無責任な人とのやりとりは、記録に残しておくことも自分の身を守ることにつながります。

間違った情報を伝達されたのに、後から「私はそんなこと言っていない」なんて言われたら、たまったもんじゃないですよね。

これこそ正直者がバカをみる典型的なパターンです。

そうならないためにも、どのように伝達されたかは記録に残しておくといいでしょう。

複数の人間で話し合う

業務変更などを話し合う場合は、無責任な人と1対1で話し合ってはいけません。

必ず複数名の人間を入れて話合いをしましょう。

そうすることで「これはあなたの仕事じゃないの?」と一方的に仕事を押し付けられるという状況が生まれにくくなりますし、仮に後から全責任を押し付けられそうになっても証人を得ることができます。

人間関係がいい職場かどうかを事前に確認できる超裏ワザ転職とは!?

周囲の人間と信頼関係を築いておく

日ごろから周囲の人と信頼関係を築いておきましょう。

そうすることで、無責任な人に「○○さんがしないといけなかったんじゃないの?」なんて責任をなすりつけられそうになった時も、周囲の人があなたを理解し守ってくれます。

【スポンサーリンク】



人間不信になりそうな時は転職しよう!

職場にいる無責任な人に振り回され、人間不信になりそうな時は転職も考えましょう。

私も過去に驚くほど無責任な人に振り回され、人間不信になりそうになったことがあります。

転職先で指導してくれることになったHさんという人は、自分の立場が悪くなると「知らない」「そんなこと言ってない」としらを切る人でした。

当時、右も左も知らない私はHさんの指導のもと業務をしていたのですが、その時にHさんから「この書類はもういらないから処分して」と言われたので処分したんです。

すると翌日、違うスタッフから「あの書類がないんだけど知らない?」と聞かれたので「処分しました。」というと「なんで!?あれ、絶対に捨てたらアカンやつやで!」とすごい勢いで言われたんです。

私は「いや、でもHさんに処分してって言われたんです」と言ったのですが、その途端にHさんが急に話に入ってきて「私、そんなこと言ってない」と言い出したのです。

私の脳内はパニックでした。

結局、私が間違って捨ててしまったということでうやむやにされ、とても嫌な気分をしました。

その時、本当に今すぐにでも仕事を辞めてやろうかと思いました。

だってまた同じように責任をなすり付けらるかもしれないと思ったら、恐怖でしかありませんからね。

ただHさんは他のスタッフにも同じような対応をしていたことから、その後、職場で人間関係トラブルに発展しHさん本人が退職していきました。

本当に本当に私はラッキーでしたね。

Hさんが退職していなければ、間違いなく私が退職していました。

もしあなたも無責任な人のせいであなたの立場を悪くされているなんてことがあったら、そのような職場は離れてもっと信頼できる人のもとで働きましょう。

「でも転職先でも同じような人がいるんじゃないの?」と思われたかもしれませんが、そのような場合は転職サイト テンプスタッフの「なっとく転職」を利用すると安心して転職できますよ。

【↓↓↓テンプスタッフの登録はこちら】

「なっとく転職」は数か月間だけ派遣社員として働いてみて、職場の雰囲気や業務内容に納得できてから正社員として契約するという転職方法です。

なので正社員になる前に、職場の人間関係を自分の目で確認することができるんです。

それなら、安心して転職できますよね。

しかもテンプスタッフは、今の会社を退職していなくても登録することが可能です。

今の会社で働きながら転職活動しておいて、次の転職先が決定してから退職したら何のリスクもありません。

なので「今の職場の人間関係にウンザリ!」という場合は、テンプスタッフに登録してみましょう。

この登録であなたの明るい未来への第一歩にしてくださいね。

【↓↓↓テンプスタッフの登録はこちら】

さいごに

無責任な人と一緒に仕事をすると、嫌な業務を丸投げされたり、責任を押し付けられたりと良いことなんて何もありません。

なので相手が信用できる相手なのかどうかを早い段階で見極められるようになりましょう。

また、同僚や上司が無責任すぎてあなたの業務に支障がきたす、あなたの責任にされてしまうなんてことがある場合は、変な責任を押し付けられる前に早急に転職しましょう。

とりあえず転職サイトに登録しておくと「こんな職場もう無理!」と思った時にすぐに行動に移すことができますよ。

【↓↓↓テンプスタッフの登録はこちら】

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です