女ばかりの職場で平穏に過ごすための処世術

女が嫉妬する女の特徴12個!嫌がらせの原因はまさかのアレ!?

女性ばかりの職場というのは嫉妬という感情によって、人間関係がとても複雑でやりにくい世界です。

そのような世界に無知のまま飛び込むということが、どれほど危険なことかあなたはご存知でしょうか?

「あはは~!それは言い過ぎでしょ」

そう思われたかもしれませんが、嫉妬深い女性はあなたが想像もつかないような小さなことにジェラシーを感じ、攻撃をしてくることが多々あるんです。

女性ばかりの職場では、自分は自慢のつもりじゃなくても「自慢した」と受け止められたり、お客に褒められたことがきっかけで無視をされたりということが当たり前のように起こります。

そのような事態に巻き込まれないようにするためにも、嫉妬されない自分でいることが重要なんです。

「いやいや、でも私に嫉妬される要素なんてないし」

そう思ったあなたはかなり危険です。

ここでは、女性が嫉妬する女とはどのような人なのかを解説しています。

本文を読めば、どのような点に気を付ければ、女性の嫉妬による変な闘争に巻き込まれずに済むのかが分かります。

同僚の嫉妬心を刺激しないように注意して、ぜひ平和に職場の人たちと過ごせるようにしてくださいね!

女性が嫉妬する女の12個の特徴

嫉妬深い女性が嫉妬せざるを得ない女性には、12個の共通の特徴があります。

こちらを把握することで、相手の心理が理解できるので、嫉妬深い女性への対策が簡単にできます。

では、順番にみていきましょう。

異性にモテる

女性は<女の幸せ>に非常に敏感なので、男性にモテる女性は嫉妬の標的です。

女性は男性に選ばれる側の性のため、自分の努力ではどうにもなりません。

どういうことかというと男性の場合、女性にモテたくて金持ちになった!という話をよく聞きますよね。

そして、実際に自分が成功を収めた途端に女性が寄ってきます。

しかし女性の場合は男性にモテたいからといって努力したとしても、その努力が報われるわけではありません。

男性にモテたくてお金を稼いだり、尽くしたりしても寄ってくるのは依存的な変な男性だけです。

そのような意味で、男性は自分の努力によって女性を選べるようになるけど、女性は努力しても男性がよってくるわけではない。

よって女性は男性に選ばれる性であるという意味です。

そのような背景もあり、女性は自分の努力だけで意中の相手をゲットできるわけではないため、男性にモテる女性は嫉妬の標的にされやすいのです。

周囲から「イイ人」と言われている

女性は周囲からの評価や、他人と比べて自分はどうかという点に非常に敏感です。

そのため他人から良い評価をされている人をみると、自分はできていないと言われているような気持ちになってしまう傾向があります。

そしてその不満が<イイ人>と評価されている人への嫉妬心へと変わってしまうのです。
【スポンサーリンク】



彼氏、旦那がハイスペック

彼氏や旦那がイケメン、高給取り、優しいといったハイスペックな人の場合も嫉妬されやすくなります。

先程もいいましたが、女性は<女の幸せ>に敏感です。

仕事で成功を収めている女性より、仕事はできないけど彼氏がハイスペックの女性の方が世間的には<勝ち組>と称されるほどです。

なので嫉妬されたくなければ、彼氏や旦那の話もむやみにするものではありません。

上司に気に入られている

上司に気に入られている人も嫉妬の対象になります。

女性の社会進出が進んだとはいえ、まだまだ男性が優位な社会なので、女性は自分が正当に評価されていないんじゃないかという不安を抱えています。

そのため上司に気に入られている人を見ると、焦りや劣等感を感じますし、本人からみて上司に気に入られている人の方が好条件で働いていると感じたら、そこから「ずるい」という感情が生まれます。

このような嫉妬は、実際に差があるのかどうかは関係なく、本人が<差別>を感じた時点で生じます。

そのため上司に気に入らている人は、自分の知らないところで想像以上の嫉妬をされているのです。

職場の男性と仲がいい

職場の男性と仲がいいというのも要注意です。

とくに男好きな女性は、周囲の男女の人間関係も入念にチェックしています。

そして自分よりも男性と仲良くしている女性をみると強い嫉妬心にかられ、時に女の感情まるだしで攻撃してくることがあります。

この手の女性は突然の無視、冷たい態度、<男好き>という噂を流される。

このような嫌がらせをしてくることが多いです。

お客からの評価が高い

お客さんからの評価が高い人も嫉妬されやすくなります。

とにかく女性は周囲と比べて自分はどうかを気にします。

なので自分よりも高い評価を受けている人は自分にとって邪魔なわけです。

「お客からの評価が高い○○さんのせいで、自分が劣ってみられているんじゃないか」という不安がでてきて、その感情が嫉妬となるのです。

高学歴

高学歴の女性をみても嫉妬します。

とくに自分と同じようなレベルの人だと思っていたのに、実は国立大学卒業だったという状況になると、出し抜かれたような気持ちになってしまうのです。

そして学歴という目に見える順位によって、今さら変えようのない差に嫉妬します。

実家がお金持ち

先程の学歴と同様で、自分と同じようなレベルの人だと思っていたのに、実はお嬢様だったという場合も、出し抜かれたような気持ちになってしまいます。

また女性は自分より恵まれている人に嫉妬するので、自分では選ぶことのできない生まれ育った環境が恵まれている人に嫉妬してしまいます。

実は、2世タレントがたたかれやすい理由もここにあります。

視聴者の多くが、2世タレントは生まれた環境が恵まれているからテレビに出ているという印象を持っていますよね。

その印象が嫉妬の種となり、結果的に2世タレントがお茶の間でたたかれるのです。

このように実際はどうかは関係なく、本人の努力ではなく単に生まれた環境が良かっただけと思われると嫉妬されやすくなります。

容姿が良い

容姿が良いと明らかに異性にモテるようになるため、女性から嫉妬されやすくなります。

やはり可愛い人、美人な人は高収入の彼をゲットする確率が非常に高いですよね。

高収入の男性には沢山の女性がよってくるわけですが、ではその中で誰を選ぶかというと、若くてきれいな人を選ぶ傾向にあります。

選ぶことができる男性なら当然の選択といえるでしょう。

このように、女性にとって美しい容姿は最強の武器なので、その武器を持っていない女性からするとうらやましいのです。

天才肌にみえる

自分は一生懸命しているのになかなかうまくできない。

そんな時に、となりでそつなくこなす同僚をみると恨めしくなります。

その同僚も本当は陰で努力しているかもしれませんが、そのことを知らず<天才肌>と思った途端に相手と自分の恵まれている状況の差にショックを受けてしまうのです。

その結果、嫉妬という感情がうごめくようになってしまうのです。

子供が優秀

ちょっと裕福な家庭の集まりでは、子どもの成績がステータスの一つになっています。

とくに小学校受験、中学校受験をする家庭の場合、親も必死なため、自分の子どもよりも優秀な子をみると焦りを感じてしまいます。

とくに「優秀な子の親でありたい」という思いが強い親は、他の優等生の子に対して強い劣等感を抱きます。

子どもにとっていい環境とはいえませんが、子どもの成績が親たちの嫉妬心の原因になっているのが現状です。
【スポンサーリンク】



自分よりも恵まれている人

自分よりも恵まれている人をみると、無償に嫉妬してしまうのが女性です。

同じ職場内で部署が違うという理由で残業時間が違う。

そのような場合は「なんであの人はいつも定時で帰ってるの?ズルい」という意見がでてきます。

またワーママ同士でも、旦那が家事育児に協力的でない人は、旦那が家事に協力的な人に嫉妬します。

「○○さんは楽だろうな」となってしまうのです。

女性は他人と比べて自分はどうかという考え方をする人が多いので、恵まれている環境の人を無条件でうらやましく思ってしまうのです。

自分と同レベルだと思っていたのに実は違った人

途中でも出てきましたが、自分と同レベルだと思っていたのに実は違ったというパターンは、相手に強いショックを与えます。

自分が明らかに負けだと認めている相手には、そこまで嫉妬しません。

たとえば女優の北川景子さんのように美人な同僚がいたとして、その人がハイスペックな人と結婚しても「当然だよね」と思えますよね。

しかしそれが自分と同じくらいの容姿、もしくは自分よりも下だと思っていた人が、ハイスペックな人と結婚したら素直に喜べる女性というのは少ないのではないでしょうか。

正直「なんで自分ではなくこの子が?」という気持ちが出てきてしまいますよね。

他にも職場の同期で同じ給料の人が、給料とは別に株式投資で月20万円稼いでいたという話を聞いたらどうでしょうか?

こちらも出し抜かれたような気持ちになってしまうと思います。

このように自分と同じだと思っていたのに、実は違うかったというのはかなりの衝撃を受けるのです。

そのため自分が嫉妬されたくなければ、<みんなと同じ>ように見せなければいけません。

それが女社会で生きていく上では重要な要素になります。

まとめ

女性は嫉妬深い人が多いのですが、その嫉妬の原因となるものは多岐に渡ります。

嫉妬深い女性は男性関係、職場内の評価、学歴、家柄、、、、様々な要素をマウンティングして内心「勝った」「負けた」と一喜一憂しているのです。

なので変な嫉妬による闘争に巻き込まれたくなければ、自分の身の上話はむやみに話してはいけません。

また嫉妬深い人がどのようなことに嫉妬するのかを知っておくことも自分の身を守るためには重要です。

ぜひ本文を参考にし、嫉妬深い女性に嫉妬されることのないように注意してくださいね!

こちらの記事では女性の嫉妬による闘争に巻き込まれないための方法を解説していますので、併せてお読みください。

女の嫉妬ほどめんどくさいものはない!女の闘争をスルリをかわす5つの方法

 

女が嫉妬する女の特徴

  • 異性にモテる
  • 周囲から「イイ人」と言われている
  • 彼氏、旦那がハイスペック
  • 上司に気に入られている
  • 職場の男性と仲がいい
  • お客からの評価が高い
  • 高学歴
  • 実家がお金持ち
  • 容姿が良い
  • 天才肌にみえる
  • 子供が優秀
  • 自分より恵まれている環境の人
  • 自分と同レベルだと思っていたのに実は違った人

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です