20代女性の理想が叶う転職サイトランキング

「精神的に辛い。もう限界」最近笑えてない時に効果的な16の方法

精神的に辛くて限界を感じている時は、一旦立ち止まってゆっくり休みましょう。

・仕事で怒られてばかりで辛い。

・責任が重くて辛い。

・残業や休日出勤が続いていて辛い。

そのような毎日だと、心も体もボロボロになってしまうのも当然です。

そして精神的に辛い時に無理をすると、どんどん自分の心を壊してしまうだけで何も解決にはつながりません。

ここでは精神的に辛いと感じているあなたが、前向きになるための方法を紹介しています。

自分の心を休めてあげながら、また前向きになれるようにメンタルを整えていきましょう。

自分のことを褒めてあげよう

精神的にしんどい時ほど、自分を大切にしてあげましょう。

そして、今この状況で踏ん張っている自分を褒めてあげてください。

しんどい時、辛い時って、つい自分の欠点やできていないところばかりを見てしまいますよね。

だけど、そんなに自分を責めないでください。

今、辛いこの状況で踏ん張っていること自体がすごいことなんですよ。

頑張り屋さんほど、自分のできていることには気づかないのですが、あなたは十分に頑張っています。

だから、そんな自分を褒めてあげてください。

過去の自分と比べてみよう

精神的に辛い時は、過去の自分と比べてみましょう。

辛い時ほど自分のダメなところばかり目がいってしまいますよね。

「なんで私はこんなにできないんだ」

「どうせ私なんて。。。」

そのような感情から、さらにマイナス思考になってしまっていると思います。

また周りの人と自分を比べて、へこんでばかりという人もいるでしょう。

そのような時は、過去の自分と今の自分を比べてみてほしいのです。

1ヶ月前、半年前のあなたと今のあなたとでは全然違う自分ですよね。

半年前には知らなかったこと、できなかったことが今なら当たり前のようにできていると思います。

決して大きなことである必要はありません。

遅刻することがなくなったとか、先輩に言われる前に準備できるようになったとか、そのようなことでいいんです。

そのような小さな成長は自分ではなかなか気づけないし、周りの人もいちいち言ってくれませんが、あなたはちゃんと一日一日成長しているんですよ。

責任を感じないで

何でもかんでも責任を感じて自分で抱え込むのはやめにしましょう。

相手の反応一つ一つに「怒らせたかな?」「嫌わているのかな?」と心配するのもやめましょう。

あなたの発言に対して返ってくる答えは人によって違います。

それは受け取る人によって受け止め方が違うから。

時に自分はそのようなつもりがなくても誤解が生まれてしまうこともあるでしょう。

でも、それはあなたの責任ではなくて、受け取り手の解釈の問題です。

あなたが良かれと思って手伝ったことに対して「ありがとう」と喜んでくれる人もいれば「1人でできるわよ!」と拒否してくる人もいますよね。

電車でご老人に席を譲ったとしても「ありがとう」と感謝されることもあれば「年より扱いしないで!」と怒る人がいるのと同じなんです。

このように同じできごとでも、人によって受け取り方はそれぞれ違うんです。

なので、あなたは相手の反応一つ一つを気にして責任を感じる必要はありません。

あなたはあなたの良かれと思うことを自信をもって行うようにしてください。

誰かに相談してみよう

精神的に辛い時は誰かに相談してみましょう。

1人では解決できないことでも、誰かに相談することで開ける未来があります。

「こんなこと友達に相談したって、何も変わらないよ」と思うかもしれませんが、決してそんなことはありません。

たとえば仕事でいじめにあっているということを友人に相談することで「そんな会社辞めた方がいいよ!」と退職への背中を押してくれるかもしれません。

また家族が弁護士に相談しに行ってくれることで、現状を変えるきっかけを与えてくれるかもしれません。

誰かに相談することで、自分1人では踏み出せなかった未来へと導いてもらえるんです。

なので、精神的に辛いと感じている時は1人で抱えずに、誰かに相談するようにしてください。

思いっきり泣こう

辛い時は思いっきり泣いてみましょう。

泣いたらスッキリしたという経験ってありませんか?

涙を流すと涙と一緒にストレスホルモンも排出されるため、泣いたらスッキリするんです。

だから泣きたい時は我慢せずに、思いっきり泣いてしまいましょう。

「そういわれても泣けない」という場合は映画などを見て涙を流すのもいいですよ。

泣くことで、上手にストレスと付き合っていきましょう。

太陽の光を浴びよう

精神的に辛い時は太陽の光を浴びることを意識しましょう。

太陽の光を浴びるとセロトニンという神経物質が分泌されるのですが、このセロトニンは精神的な安定をはかる効果があります。

雨の日よりもポカポカお日様の下を散歩する方が気持ちが明るくなりませんか?

これは太陽の光を浴びたことで、セロトニンという物質が分泌されているからなんです。

太陽の光を浴びるだけで気持ちを前向きにすることができるので、精神的に辛い時はあえて太陽の光を浴びるようにしてみましょう。

毎日嬉しかったことを思い出してから寝よう

精神的に辛い時ほど、嫌だったことばかり思い出してしまいますよね。

だけどそのような思考はストップして、辛い時ほど嬉しかったことを思い出すようにしましょう。

毎日寝る前に今日の良かったことを思い出してから寝る習慣を作ると、自然と気持ちをリセットできるようになりますよ。

「そんなこと言っても良かったことなんて何もない」と思う場合は、もっと広い視野で自分の日常をみてみましょう。

・事故なく一日を終えれたこと。

・健康に毎日を過ごせていること。

・「ありがとう」が言える友人がいること。

何気なく過ごしていると気づかないかもしれませんが、本当は日常に幸せがころがっているんです。

その小さな幸せを見つける習慣を作っていきましょう。

そうすることで、幸福度の高い毎日を送れるようになりますよ。

瞑想する時間を作ろう

瞑想という言葉は聞いたことがあっても、瞑想とは一体なんなのかはよく分からないという人も多いでしょう。

瞑想というのは呼吸を整えながら思考を無の状態にすることなのですが、そうすることで脳の中を休ませて脳内のストレスをデトックスさせてあげることができます。

沢山の悩みやストレスでパンクしそうになっている頭の中が、瞑想をすることで精神的な落ち着きを取り戻すことができるんです。

そのため精神的に辛い時は一日5分でいいので、椅子に腰かけて瞑想の時間を作ってみましょう。

椅子に座って、全身の力を抜きます。

そして目を閉じて、ゆっくりと深く呼吸をしながら自分の呼吸に集中します。

もし途中で雑念が浮かんできても、空に浮かぶ雲が流れるイメージで消していきましょう。

瞑想を一日5分取り入れるだけで、一か月後には今と全然違う精神状態になっていますよ。

参考;瞑想の基本的な実践法と効果とは?

夜、しっかり寝よう

精神的にしんどいなと感じている時は、夜しっかり寝るようにしましょう。

睡眠不足になるとそれだけでストレスがたまって、どんどんネガティブな考え方になってしまいます。

辛い時はしっかり寝て、体も頭も心も休ませてあげましょう。

しっかり寝るだけでも、暗い気持ちが軽くなりますよ。

楽しみを作ってみよう

毎日が辛くて暗い気持ちで過ごしている時は、楽しみにできるものを作りましょう。

週末にライブに行くとか、美味しい焼肉を食べに行くとか、友達と遊ぶとか。

何でもいいんです。

あなたがその予定まで、ワクワクと楽しみに過ごせる目標を作ってみましょう。

それだけで暗い毎日を乗り越えられるようになりますよ。

アロマで落ち着こう

精神的に辛い時はアロマの香りをかいで落ち着くのも有効です。

アロマのいい香りをかぐと、それだけでリラックスができますよ。

そしてリラックスした気持ちと一緒に、幸福な気持ちになることができます。

特にジャスミンは憂うつな気持ちを押さえ、幸せな気持ちにしてくれる効果があります。

またアロマの香りを嗅ぐと良眠作用もあるため、日頃の疲れもとれて心身ともにリフレッシュができますよ。

偉人の名言を3回唱えよう

辛い時は偉人の名言を3回唱えて、自分の脳内にすり込みましょう。

世に名前を残した偉人たちは、沢山の苦難を乗り越えてきました。

周囲の人にばかにされたり、理解されなかったり。

そのような苦難を乗り越えた偉人たちは、あなたに沢山のことを教えてくれるでしょう。

ここで、私が感銘を受けた名言を紹介します。

青春時代にさまざまな

愚かさを持たなかった人間は

中年になって何らの力をも、

もたないだろう。

モルチモアーコリンズ

 

おれは底まで落ちたが、

とにかくそれに耐えてきた。

これからは上にあがるだけだ。

D・カーネギー

 

このような先人の言葉を聞くと「辛い現状は明るい未来を引き寄せるための試練なのかもしれない」と思えるし、「今がどん底なんだからあとは上がっていくだけだ!」と勇気をもらうこともできますよね。

辛い時こそ偉人の名言を唱えて、自分の脳にすり込んでみましょう。

そうすることで現状のとらえ方が大きく変わりますよ。

遠くに行ってみよう

辛くて辛くてどうにもならない時は、遠くにいって現実逃避をしてみましょう。

誰もいない静かな海にいったり、山の奥にある滝を見に行ったり。

大自然の中に入ると、不思議と心が穏やかになれるんです。

時には現実から逃避行して、ゆったりと自分の心を休めてあげてください。

仕事を休もう

「もう心が立ち直れないくらい辛い。。。」という時は、少し仕事をお休みしましょう。

・夜も眠れない。

・ご飯も食べれない。

・仕事に行こうとすると吐き気がする。

そのようなあなたに、今必要なのはゆっくり休むこと。

優しくて責任感が強いあなたは、周囲への遠慮から休むという決断がなかなかできないことと思います。

だけどね、あなたの心の悲鳴を救ってあげられるのは、あなたしかいないんです。

もっと自分を大事にしてあげましょう。

直接上司に休みたいと言い出せない時は、心療内科を受診して診断書を書いてもらうという方法もあります。

どうか、少しの間でいいので自分を休ませてあげてください。

上司に異動の相談をしてみよう

今の職場が辛いなら上司に異動の相談をしてみるのもいいでしょう。

・職場にどうしても苦手な人がいる。

・同僚からいじめにあっている。

そのような人間関係の悩みは、その職場を離れてしまうことで簡単に解決できることがほとんどです。

「上司に人間関係の相談なんてしていいの?」と思われたかもしれませんが、スタッフが働きやすい環境を整えるのが管理職の役割です。

なので、人間関係の悩みも上司が対応すべき仕事のひとつなので、そこは遠慮せずに相談しましょう。

思い切って転職しよう

・仕事に行こうとすると吐き気がしたり、お腹が痛くなったりする。

・体が職場に行くことを拒否している。

・上司に相談できる状況じゃない。

という場合は思い切って転職しましょう。

「転職なんてそんな簡単に言わないでよ」と思われたかもしれませんが、転職はあなたが思っているほど難しいものではありません。

転職エージェントを利用すれば、担当のアドバイザーがあなたの希望にあった転職先を紹介してくれます。

リクルートが運営する「就職shop」という転職エージェントは、新卒やフリーターなど社会人経験がほとんどない人のための転職エージェントです。

なので就職shopを利用すると、新卒ですぐに退職したという人でもスムーズに次の転職先を見つけることができますよ。

就職shopに登録すると、あなたに担当のアドバイザーがついて、あなたが希望する求人を紹介してくれます。

しかも就職shopのすごいところが、提携している企業すべて書類審査なしなんです。

入社後すぐに退職した場合、一番の悩みどころが書類選考ですよね。

入社後すぐに退職したということを書いた時点で、落とされそうじゃないですか。

就職shopは書類ではなく、実際にその人をみて採用を考えてくれる企業としか提携していません。

また、実際に就職shopのスタッフが直接社内を取材して、雰囲気なども問題ないと確認できた会社しか提携しないんです。

なので、転職後に「こんなはずじゃなかった」というギャップがうまれにくいのです。

さらに、プロのアドバイザーが事前に面接対策も伝授してくれるので、自信をもって面接に挑戦することができますよ。

しかも就職shopなら書類選考ナシ、社内確認済みという求人がつねに8000社以上揃っているんです。

これは業界最大手のリクルートだからなせるワザともいえるでしょう。

就職shopの登録・利用は無料で、働きながらでも登録してかまいません。

また登録したからといって、絶対に転職しなければいけないなんてこともありません。

なので、もし今の職場が辛いと感じているのなら、とにかく登録だけでもしておきましょう。

きっと、この登録があなたの未来を大きく前進させてくれるきっかけになりますよ!

【↓↓↓就職shopに相談してみる】

さいごに

精神的に辛い時は、今回紹介した色々な方法を取り入れながら上手にストレスと付き合っていきましょう。

無理せずに自分を大切にすることを忘れずに。

自分の頑張りを認めてあげて、過度に責任を感じないようにすることもポイントです。

ただ食事ができない、夜も眠れない、体に変調が起きているという時は、「休みなさい」というサインですので、自分を休ませてあげてくださいね。

また職場を変えることで解決できる問題もありますので、職場の人間関係に悩んでいるという場合などは転職も考えてみましょう。

【↓↓↓就職shopに相談してみる】

会社に退職を拒否されたら
もし退職を会社に拒否された場合、退職代行を利用するとスムーズに退職できますよ!

退職代行についてはこちら➤まさかの退職拒否!?会社を辞めさせてもらえない時の対処法

精神的に辛い時に取り入れたい16の方法

  • 自分のことを褒めてあげよう
  • 過去の自分と比べてみよう
  • 責任を感じないで
  • 誰かに相談してみよう
  • 思いっきり泣こう
  • 太陽の光を浴びよう
  • 毎日嬉しかったことを思い出してから寝よう
  • 瞑想をしてみよう
  • 夜、しっかり寝よう
  • 楽しみを作ってみよう
  • アロマで落ち着こう
  • 偉人の名言を3回唱えよう
  • 遠くに行ってみよう
  • 仕事を休もう
  • 上司に異動の相談をしてみよう
  • 思い切って転職しよう

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です