20代女性の理想が叶う転職サイトランキング

職場の先輩に好かれる人の共通点!マネするだけで愛される19の方法

あなたの周りにもなぜか先輩に好かれる同僚っていませんか?

そしてそのような同僚を見ていると正直「うらやましい」って思ってしまいますよね。

本当は誰もが先輩にかわいがられる愛されキャラに憧れているのではないでしょうか?

職場の先輩に好かれることができたら、

・優しく丁寧に指導してもらえる

・困った時にフォローしてもらえる

・仕事が楽しく感じられる

という沢山の恩恵が受けられるのですから、先輩に好かれて損はありません。

ここでは職場の先輩が「この子はいい子だな~」と思う後輩の特徴について説明しています。

この特徴を真似するだけで、あなたもたちまち職場の愛されキャラになることができますよ!

挨拶をきちんとする

挨拶は基本中の基本!

すれ違いざまに笑顔で「おはようございます」と言える人は誰から見ても好感度が高くなります。

心理学でもザイオンス効果といって、接触回数が多くなればなるほど相手への好感度が増すというものがあるんですよ。

そのため一回一回の挨拶を大切にし、先輩と接触する回数を自然に増やしていきましょう。

そうするだけで勝手にあなたの印象は良くなっていくんです。

真面目

真面目というのも必須条件です。

・提出期限をきちんとまもる。

・一度言われたことをきちんと守る。

・会議の時間に遅れない。

そのような日々の積み重ねにより信頼関係が作られていきます。

そして信頼関係ができることで、あなたは先輩にとって本当に可愛い後輩になれるんです。

真面目に過ごすだけで先輩に好かれるのですから、これ以上簡単な方法ってないはずなのですが、

・提出期限になってもレポートを出せない。

・何度言っても言われたことを守らない。ましてや明らかに手を抜こうとしている。

・時間にルーズ。

ということをして損してしまっている子って案外多いんです。

社会人としてのマナーを守るだけで先輩からの信頼を勝ち取ることができるのですから、一つ一つ真面目に対応していくことを心がけましょう。

愛想が良い

いつも笑顔で愛想のいい子は誰からも好かれます。

自分が説明している時に目をキラキラさせ笑顔で反応してくれる後輩ほど、先輩にとって嬉しいものはありません。

また常に笑顔でいることは職場の陰湿ないじめから自分の身を守ることにもつながります。

というのも人をいじめる人というのは、何かしらの不安や脅威を感じているから人をいじめるんです。

笑顔というのは相手の警戒心を解くことができるため、相手の不安を抑える効果もあり、結果的にいじめの標的になることを予防する力があるんです。

愛想がいいというのは単に先輩に好かれるだけでなく、職場内の悪い対人関係を避ける上でも効果的なのでぜひとも取り入れていきましょう。

こちらの記事では職場でいじめの標的になりやすい人の特徴について書いていますので、併せてお読みください。

素直な子

自分の指導に対し、素直に聞いてくれる後輩はとてもかわいいものです。

先輩の指導を真面目に聞き、一生懸命トライする姿は先輩の「教えてあげたい」という気持ちを刺激するので、仕事に活かせる情報がどんどん入ってくるようになります。

そして沢山の役立つ情報を手に入れることで、さらにスキルアップし、もっと先輩たちからの評価が高くなるという好循環が生まれるのです。

逆に何か指導しても「でも」「だって」と言い訳ばかり言ったり、ふてくされた態度をとったり、指導内容を無視したりするといった対応は先輩たちの反感をかいます。

一度批判的な印象を持たれてしまうと、その日を境に何をしても批判的にみられ、また役立つ情報なども誰も教えてくれなくなるんです。

結果、同期の中で落ちこぼれ、さらに先輩たちからの評価がさがるという悪循環に陥ります。

素直な態度をとるというのは、あなた自身の職場での居心地を良いものにするためにも非常に大切なんですよ。

何事も積極的

何事も積極的に取り組む後輩は誰もが応援したくなります。

「これはまだしたことがないのでさせてもらえませんか?」

と、自ら志願しにいくくらいがいいのです。

「これしてみる?」と尋ねても、もじもじしてはっきりした答えが返ってこない場合、「嫌ならしなくていいわ」という冷たくあしらわれてしまうんです。

特に忙しい現場の場合は、モジモジしてはっきり返事が返ってこないということにイライラされやすいので注意しましょう。

また逆に「もうできるんでいいです」なんていうと生意気というレッテルを張られ、今後ミスをするたびに「出来るって言ってたくせに」と厳しい目で見られるようになります。

なので、なんでも「やらせてください!」と前向きな姿勢を心がけるようにしましょう。
【スポンサーリンク】



先輩を立てることができる

さりげなく先輩を立てることができる後輩も可愛がられます。

しかしここで注意したいのが「立てる」と「こびる」を履き違えないこと。

「こびる」態度をとると、逆に嫌悪感を抱かれる場合があります。

というのも、「こびる」というのは下手にでながら相手をコントロールしようという下心がありますよね。

その下心というのは無意識のうちに相手に伝わっていることが多く、「なんか分からないけど不快」という気持ちにさせてしまうんです。

あなたも不自然なお世辞を言われて嫌悪感や面倒くささを感じたことはありませんか?

正直、私はあります。(笑)

以前「(私)さんはすごく良い人だから~」「(私)さんは可愛いから~」とやたら褒めてくる人がいたのですが、毎回のように言われると返答が面倒くさく感じ、また「で、何が言いたいの?」というモヤモヤした気持ちになってしまったんです。

このモヤモヤ感は私自身が「お世辞ばかり言ってくるこの人は一体何を求めてるの?」という気持ちを抱いたのが原因だったのでしょう。

このように「こびる」という行為は想像以上に相手をイラっとさせてしまうんです。

それに引き換え先輩を立てるというのは、質問する際に「今、お時間よろしいでしょうか?」と了承を得たり、報告すべき順番を守って報告したりといった配慮することを指します。

とくに女性は「なんで指導者の私をすっ飛ばして、○○さんに報告してるの?」といったことをネチネチ言う人が多いので報告すべき相手を間違えないように注意しましょう。

先輩に好かれるためには、こびるのではなく敬意を持って小さなところに配慮することが大切なんです。

そして先輩を立てることができれば、相手もあなたに対して敬意を払ってくれるようになりますよ。

文句・悪口を言わない

絶対に文句や悪口を言ってはいけません。

「でも」「だって」という言葉は封印し、また個人に対する悪口は避けましょう。

というのも、このような発言は周囲の人にとっては不快であり、またあなたの人としての価値を下げるからです。

あなたが悪口や文句を言っている姿をみた人は「この人は裏表があるんだな」「もしかすると私のことも裏で言っているかもしれないな」という印象を受けます。

そのため先輩だけでなく、職場人達みんなが離れていくんです。

もし仕事で納得がいかないことがあれば、それは論理的に直接先輩や上司に伝れば済む話です。

絶対に裏でこそこそ文句や悪口を言うという行為はしないようにしてくださいね。

分からないことは自分で調べてから質問する

分からないことがあったらそのままにしてはいけません。

ただ何でもかんでも聞けばいいというものでもないんです。

なんでもかんでも聞いていると「自分で調べて!」と言われるのがオチ。

分からないことがあればまずは自分で調べてみて、それでも分からないことに対して質問するようにしましょう。

「○○ってなんですか?」と聞かれるより「○○について分からなくて、自分でも調べてみたんですがこの部分が理解できないんです。教えていただけませんか?」と言われた方が「おっ、この子は意欲的に自己学習をしているんだな」という印象を受けますよね。

明らかに先輩からみて、後者の聞き方の方がその子の今後の期待値があがります。

また自分で調べる習慣がある子の方が得る情報量が多い分、習得も早いので実際に能力が上がっていくんです。

そのため色んな意味で自分のためにもなりますので、分からないことはまずは自分で調べて、それでも分からないことは質問するという習慣を作っていきましょう。

7:3で聞き役になる

先輩と話をする時は7:3の割合で聞き役になるように意識しましょう。

先輩が7話して、あなたが3話す程度の配分です。

人は自分の話を聞いてくれる人に好意を持つようになります。

あなたは成績のいい営業マンほど、お客さんの話を聞いているという話を聞いたことはありませんか?

お客さんは、自分の話を親身に聞いてくれる営業マンに対して、勝手に「イイ人」という印象を持ってしまうんです。

そして「イイ人」と思うから、その人の話を信じて商品を買ってしまうというわけです。

7:3の法則がいかに効果があるのか理解していただけましたよね?

ぜひあなたも聞き役に徹することで先輩からの好意を獲得していきましょう。
【スポンサーリンク】



先輩の説明はメモにとる

先輩からの説明はメモをとるようにしましょう。

先輩はメモをとっているかどうかという小さなことも厳しくチェックしています。

私の職場でも指導係の人たちが「あの子は全然メモとらへんわ~」とボヤいている姿をよく見ます。

また人の記憶は75%が翌日には消えるということが科学的に証明されているので、一度聞いたことをすべて覚えておくなんて不可能なんです。

そのためメモを取っていない場合、以前説明を聞いたはずなのに先輩に同じ質問をしてしまったり、ミスをしてしまったりという状況が生まれてしまいます。

そうすると「前にも説明したけど、メモとってないの?」と100%あなたの問題のような言い方をされてしまうんです。

説明している側からすると、メモをとっているだけで「きちんと聞いてくれている」ということが伝わりますし、実際に後から見返しながら仕事ができるのでミスが少なくなるんです。

そのためメモを取る人と取らない人とでは、明らかに仕事のクオリティに差がでてくるんです。

メモを取るという行為は先輩からの印象を上げるだけでなく、確実に自分のスキルにもつながっていくのでメモを取る習慣をつくりましょう。

報告、連絡、相談を徹底する

適切なタイミングで適切な内容を報告、連絡、相談できるようにしましょう。

きちんとした報告、連絡、相談が出来る後輩は信頼度がアップします。

また事前に相談することで防げるミスというものもありますし、たとえミスをしたとしても、すぐに報告することで損害を最小限にすることもできます。

このように適切なタイミングでの報告、連絡、相談を意識すると、ミスを減らし先輩との信頼関係を築くことができるのです。

ミスしたけど怒られることが怖くて黙っている、そして3日後くらいに他の人がミスを発見したことがきっかけでみんなにバレるなんて状況になると、あなたへの信頼は一気に大暴落するので絶対にしてはいけませんよ。

自分の悩みを打ち明ける

もしあなたが何かしらの悩みを抱えている場合、先輩に相談してみましょう。

人は自己開示といって、自分のことを話してくれた相手に好感を持ちます。

ましてや後輩が自分を頼って相談してくれているとなると、先輩の「助けてあげなくちゃ」という気持ちにスイッチが入るので、先輩にとってあなたはとてもかわいい後輩になることができるんです。

ただ悩みを打ち明ける際は、悩みを打ち明けても大丈夫な相手なのかを見極めましょう。

こちらの記事では信用できない人の特徴や口癖を初回していますので、併せてお読みください。

誰にでも平等に接する

先輩に好かれたいのであれば、先輩だけでなく誰にでも平等に愛想よく接するようにしましょう。

とくに女性の先輩はあなたの普段の立ち振る舞いなどをよく見ています。

そのため先輩には愛想がいいのに自分の後輩には冷たい態度をとっているなんてことをしていると、案外バレているものなのです。

そしてこのように裏表のある人というのは、誰からも信頼されません。

どのような相手だろうと常に物腰やわらかく丁寧な対応を心がけましょう。

そうすることで先輩からだけでなく、職場のみんなからあなた自身が丁寧に対応してもらえるようになりますよ。

職場に適したファッション

職場の先輩に好かれるためには、奇抜なファッションは控えて職場に適したファッションを心がけましょう。

とくに新入社員の髪の色が明るいとかはかなり厳しい目で見られます。

とくに女性が多い職場の場合は先輩自身が明るい髪色をしていたり、派手な化粧をしていたりしたとしても、後輩がしているのは別問題なんです。

派手な化粧をしている先輩でさえ、後輩の化粧が濃いと「何、あの子?」と言い出す人がいるんです(~_~;)

そのため「先輩もしてるし、私もいいよね!」という判断はしてはいけません。

先輩との信頼関係が築けるまでは控えめな服装で出社するように心がけましょう。

*先輩に好かれるかどうか関係なく、社会人マナーとしての服装は今後あなたが働いていく上で非常に大切なので注意してくださいね!

自分をもっていて自然体

ここまで先輩に好かれる方法を話してきて最後に言うのもなんですが、好かれることを意識しすぎないようにしましょう。

好かれる人間になるためには自然体の自分でいることが非常に大切なんです。

というのも「好かれるために」を意識しすぎると、変にこびてしまったり、不自然なおせっかいを焼いてしまったりしますよね。

そのため結果的に煙たがれるんです。

誰からも好かれる人というのは、自然体で自分を持っている人です。

背伸びせず、こびることなく、自分が良いと思ったことを素直に実践する人間です。

そのような人は肩の力が抜けているので周囲にいる人に安心感を与えることができます。

そして周囲に与えるその安心感こそが好かれる一番の秘訣なんです。

なので、あなたも最低限のマナーを守ればあとは自然体の自分でいるようにしましょう。

こちらの記事では「自然体に振舞うってどういうこと?」という人に向けて、自然体に振舞うためのポイントについて書いています。

職場の人間関係を円滑にするためにも、併せてお読みください。

まとめ

先輩に好かれる方法

・挨拶をきちんとする

・真面目

・愛想が良い

・素直な子

・何事も積極的

・先輩を立てることが出来る

・文句・悪口を言わない

・分からないことは自分で調べてから質問する

・7:3で聞き役になる

・先輩の説明はメモにとる

・報告、連絡、相談を徹底する

・自分の悩みを打ち明ける

・誰にでも平等に接する

・職場に適したファッション

・自分をもっていて自然体

転職サイト選びに悩んだら

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です