20代女性の理想が叶う転職サイトランキング

仕事が嫌なのは甘えじゃない!自信を持って人生を楽しみ倒そう

「仕事を辞めたい。行きたくない。」

このような感情は<甘え>なのでしょうか?

果たして本当に耐えるべきなのでしょうか?

上司や親に仕事を辞めたいといった相談をすると、「甘えるな!もっと頑張れ!」なんて頭ごなしに言われるケースも多いですよね。

そのため、本当は精神的にかなり追い詰められているのに、自分自身に「自分は甘えているだけだ」と言い聞かせて無理をしているなんてことはありませんか?

「仕事がしんどい、もう嫌だ。」そのような気持ちは決して<甘え>ではありません。

ここでは、仕事を辞めたいけど周囲に「甘えている」と言われてしまい、身動きがとれないあなたが自信をもって自分の道を進めるようになっています。

ぜひ本文を読んで、もっと自分らしく生きていける進路を見つけましょう。

失敗しない転職サイトの選び方はこちら

大前提として、仕事が嫌なのは甘えではない!

「仕事が辛いけど、辞めたいなんて言ったら甘えてるって言われるよね」

このように思っているあなたにお伝えしたいのが、仕事を辞めたいという感情は<甘え」ではないということです。

頑張り屋さんな人ほど、どんなに辛くても「自分が甘えているだけだ」と自分に厳しくする傾向があります。

そしてその結果、頑張りすぎて体や心を壊してしまうんです。

日本人は子供の頃から「我慢することが美学」という考えが刷り込まれていますよね。

私も子供の頃から、「途中で辞めるのはダメ」「最後までやりきりなさい」と何度親にいわれたか分かりません。

小さな頃にバレエを習っていたのですが、「行きたくない」と泣くと父は私の頬をぶってバレエに行くように言いました。

泣きながら通ったバレエですが、30歳を超えた今、何の役にもたっていません。

この体験からも分かるように、頑張った先に何があるのかも分からないものでさえ、我慢するように言ってくるのが日本人の思想です。

今の仕事も我慢することが無意味というわけではありませんが、逆に我慢することに意味があるというわけでもありません。

辞めるも続けるも、そこに意味付けを行っていくのはあなた次第です。

なので「辞めたい」という感情に対して「甘え」の一言で片づけたりしないでください。

自分の生き方をしっかり意味付けするためにも、「辛い」「辞めたい」という気持ちは認めてあげて、その上でどうしていくことが良いのかを考えていきましょう。

「甘えている」という人の頭の中

そもそもあなたに対して「甘えている」という人は、自分の固定概念、思い込みによって言っているだけなので、あまり気にしないようにしましょう。

物事というのは人によってとらえ方が様々です。

ボーナス30万円を高いと感じるのか、安いと感じるのか人によって分かれますよね。

物事も一緒。

「甘え」か「甘えでない」かのボーダーラインなんて、その人が勝手に引いた線でしかないのです。

なので、親や上司から「甘えている」と言われたとしても、それは真に受けずに受け流すようにしましょう。

あなたが「辛い」と思ったら「辛い」んです。

決して甘えているわけではありません。

自分を追い込まないで!

「自分が甘えているだけだ」と自分を追い込まないようにしましょう。

もっと肩の力を抜いてほしい人ほど、「自分の弱さが原因だ」と言わんばかりに無理をします。

もっと自分を大切にしてあげてください。

あなたが「しんどい」と思ったら、それはしんどい時なんです。

決して甘えではありません。

ぜひご自身をゆっくり休ませてあげてくださいね。

「甘え」で片づけないで!仕事の悩み別対処法!

仕事がしんどい時は単に「甘え」で片づけるのではなく、できる対処法を取り入れて、もっと自分が楽になれるようにしていきましょう。

人間関係が辛い時

人間関係が辛い時は、相談しやすい同僚や上司に相談してみましょう。

とくに職場でいじめや、指導という名の嫌がらせを受けている時は、放っていてはいけません。

「自分が我慢していれば丸く収まる」なんてことを言っていてはいけませんよ。

そのようにして我慢した結果、心を壊してしまう人が沢山いるのですから。

「いじめにあって悩んでいる。」などの人間関係に悩んでいるという場合は、こちらの記事をご覧ください。

職場の人間関係に悩んだ時の対処方法を紹介しています。

仕事が激務で残業、休日出勤が続く時

仕事が激務で残業や休日出勤が当たり前になっている場合は、冷静になって対処しましょう。

今のブラック企業のような勤務体制が、職場内でも「当たり前」になっていませんか?

社員のみんなが洗脳されてしまっていて、違法な労働条件なのにも関わらず、問題提起した人間を「甘えている」という職場環境は危険です。

私も新人時代はブラックな職場で働いていたのですが、まさに職場に洗脳されていました。

「仕事を休みたい」なんて甘えているんだと、私自身も思っていましたから。

だけど転職した後に、もともといた病院が異常だったということを知ったんです。

残業や休日出勤が続くような違法な労働環境に異を唱えることは、決して甘えではありません。

会社の言い分に洗脳されることなく、辛い・辞めたいと思っているのなら、その気持ちを素直に認めて対処していきましょう。

体調が優れない時

体調が優れない時も、無理をしてはいけません。

風邪を引いている時は休んで病院を受診しましょう。

また体調がすぐれないのは精神的な病気が原因のことだってあります。

そのような時は、一度心療内科の受診も考えましょう。

心療内科は決して特別な病院ではありません。

心が風邪を引いている時に行く病院なので、もし精神的にしんどいなと感じる時は心療内科を受診してくださいね。

給料が見合っていないと感じる時

明らかに給料が見合っていない時も考え物です。

もちろん給料の満足度に対しては個人差が大きいので一概にいえませんが、残業代が一切出ないとか、生活が成り立たないような給料しかもらっていないという場合は、見切りをつけて退職するのも一つです。

自分がダメな人間のように感じてしまう時

仕事が上手くいかない時って、自分がダメ人間のように感じてしまいますよね。

自分はミスが多いし、仕事が遅いし、上司にもよく叱られるし。。。

なんでこんなに自分はできないんだろうと思うこともあるかと思います。

だけど、絶対にあなたはダメな人間ではないので、そのことは忘れないでください。

自分に自信がなくなった時はこちらの関連記事を読んでください。

仕事が向いていない気がする時

仕事が向いていないと感じる時は、勇気を出して転職してしまうのも一つです。

もちろん今の仕事に慣れるまでは、向いているかどうかも分かりません。

なので慣れるまでの期間は、少し様子をみてみるのも大切ですが、もう作業的なことには慣れてはいるけど向いていないと感じる時は、もっとやりがいを感じられる仕事を探してみましょう。

転職方法については以下で詳しく解説しますね。

「甘えている」と言われないための円満退社の秘訣

仕事を辞める場合、とつぜん会社に「辞めます」と言ってもなかなか受け入れてもらえません。

それこそ上司に「甘えている」の一言で片づけられる場合があるので、しっかりと段取りを踏んで円満退社にもっていきましょう。

退職する3か月前に退職の意思を提示する

退職の意思は退職希望日の3か月前には伝えておきましょう。

法律でも本人が退職の意思を示した後、3ヶ月以上は引き伸ばしてはいけないとなっています。

なので遅くても3か月前には、上司に伝えるようにしておきましょう。

しっかりとした退職理由を準備しておく

退職理由はしっかりとした理由を準備しておきましょう。

また会社への不満ばかりを並べると、上司に悪い印象を与えてしまいます。

そうなると退職の日まで気まずい思いをすることになるため、できるだけポジティブな理由を添えましょう。

例えば「○○について、もっと深く勉強としたいので退職します。」「○○の資格をとりたいので退職します」といった理由です。

職場の上司に応援したいと思ってもらえるような理由を考えましょう。

退職願い等の提出物はきちんと出す

退職時に必要な書類などはきちんと期限内に提出するようにしましょう。

また退職届の正しい書き方については、こちらの記事を参照にしてください。

引継ぎをしっかりしておく

退職する場合は、同僚達への引継ぎをしっかりしておきましょう。

あなたが退職した後に、残っている人達が困るという状況は絶対に避けましょう。

そのようなことになると、最後の最後に自分の印象が悪くなってしまいます。

残った人たちが困ることのないように、前もって引継ぎはしていってくださいね!

退職前に転職先を決めておく

退職前に転職先を決めておくことが大切です。

退職後に転職活動をしようとすると、もし内定がもらえなかったら非常に焦ってしまいますよね。

次の仕事が決まるまでの生活費も必要になってくるかと思います。

退職後も安心して生活できるようにするためには、退職前に転職先が決まっているというのが非常に重要なんです。

ただ、ここで忘れてはいけないのが、転職活動をする際に、どの転職サイトを利用するかで転職が上手くいくかいかないかが決まるといっても過言ではないということです。

転職サイトって沢山あって、どこの転職サイトがいいのかよく分かりませんよね。

だから「とりあえず有名な転職サイトに登録しておく」という人が多いのですが、実は転職サイトによって、得意な分野、そうでない分野というものがあります。

女性の転職の場合は、女性の転職に強い転職サイトを利用することが非常に重要ですし、第2新卒の場合は、第2新卒に強い転職サイトを使用することが重要です。

女性や第2新卒の転職が簡単ではないことは、あなたもご存知ですよね。

女性に特化した転職サイト、第2新卒に特化した転職サイトというのは、転職が難しい人のための攻略法を熟知したスペシャリスト集団です。

転職が難しい人ほど、その道のスペシャリストに転職を相談した方がスムーズであることはご理解いただけますよね。

なので転職準備をする際は、適当に転職サイトを選ぶのではなく、あなたの悩みに特化している転職サイトを選ぶようにしましょう。

こちらの記事では、女性の転職に強い転職サイト、第2新卒の転職に強い転職サイトなど、悩み別で転職サイトをランキングしています。

そのためこちらの記事を参考に、あなたの悩みに答えてくれる転職サイトを選んでください。

失敗しない転職サイトの選び方はこちら

さいごに

仕事が辛い、辞めたいと思っている時はゆっくり休んでください。

それは決して甘えではありませんん。

日本人は「我慢すること=正しいこと」という風に考えている人が多いのですが、決して我慢することが正しいというわけではありません。

あなたのための人生です。

もっとあなた自身が興味がもてることに一生懸命になってくださいね。

失敗しない転職サイトの選び方はこちら

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です