女ばかりの職場で平穏に過ごすための処世術

仕事に行きたくないけど休む勇気もない。ズタボロの心を立て直す8原則

「仕事に行きたくない。だけど休む勇気もない。いっそのこと会社つぶれてくれないかな。」

もう心は崩壊寸前。

このような悩みを抱えて1人で苦しんでいませんか?

・仕事が辛くて辛くて、夜も寝れない。

・毎朝、出勤時にお腹が痛くなる。

それでも「仕事は休んではいけない」という呪縛にしばられ、今日も出勤しているあなたは、一生このまま働き続けるつもりですか?

長い人生、嫌だ嫌だと思いながら働き続けるなんて辛すぎませんか?

ここでは「仕事に行きたくない」という気持ちを抱えているあなたのために、仕事の辛さを軽減する方法を紹介しています。

「仕事に行きたくない」と一言で言っても理由はそれぞれですよね。

・上司が怖い。

・仕事が上手くいかない。

・プレッシャーに耐えきれない。

・そもそも今の仕事が向いていないと感じる。

本文ではこれらのような悩みを解決する方法も紹介しています。

今まで気づかなかった対処法を知れば、今までと違う自分になれます。

今までの自分と違う自分になることができれば、違う明日が待っています。

そして必ず今の辛い現状から抜け出すことができます。

8つの方法を実践してもっとイキイキと楽しい人生を送りましょう!

仕事=人生じゃない!

仕事だけが人生ではありません。

「そんなの分かってるし、そんな人生絶対イヤ!」と思われたかもしれませんが、多くの人が無意識のうちに「仕事=人生」ととらえてしまっています。

きっと今のあなたも、潜在意識の中で「仕事=人生」だと思い込んでいるから、こんなにも仕事が辛く感じているのでしょう。

人生を豊かにするものの中には家族や友人、恋愛、趣味など色々なものがあります。

しかし多くの人が「年収の高い人が勝ち組」「仕事ができる人はすごい人」「大手企業に勤めているのはブランド」という具合に、職種や業績をもとに人の価値を判断していますよね。

そして年収の低い人や仕事ができない人は価値がない人間のような言い方をされることだってあります。

べつに仕事ができなくても幸せな家庭を築いたり、趣味に没頭したりと、人生を豊かにする方法はいくつもあります。

しかし多くの人が「仕事の良し悪し」によって幸福度が大きく左右されてしまっているのです。

きっと今のあなたも「仕事を辞めたら人生が終わる」「今辞めたら周りにダメ人間に思われる」そのような思いから、仕事が辛くても休むことなんてできないという気持ちにしばられているのでしょう。

そのような人は仕事が自分の人生そのもののように錯覚しているため、自ら自分のいる世界を狭め、そして逃げ道をふさいでしまっています。

そして逃げ道をふさいでしまっているからこそ、抱えているストレスを上手に吐き出すこともできないのです。

極論をいうと、今の仕事を失ったとしても、人生が終わるなんてことはありません。

そして仕事の良し悪しでその人の人間としての価値が決まるものでもありません。

今あなたがしている仕事と、自分の人生は全く別物。

そのように捉えることができるだけでも、日々の行き場のないストレスが激減します。

まずは「仕事=人生ではない」ということを意識し、もっと肩の力を抜いていきましょう。

周りの同期と比べない。比べるのは一か月前の自分

 

周りにいる同期と比較する必要はありません。

比べるべき対象は1か月前、一年前のあなたです。

あなたが自分で周囲の同期よりも劣っていると感じてしまった場合、自分がダメ人間のような気がしてしまいますよね。

その結果仕事に行くのが嫌になってしまうと思います。

しかし周りの同期と比べることに何の意味もありません。

あなたから見ると同期がとてもできているように見えるかもしれませんが、意外とその同期も人知れず怒られていたりするものです。

また、その人の仕事の出来というのは、これまで歩んできた人生の中の様々な経験が大きく影響しています。

当然ですが、これまで歩んできた人生はみんな違いますよね。

もしかすると同期はたまたま今の仕事に役立つようなバイトを経験したことがあるのかもしれないし、たまたま読んだ本で仕事に活かせる知識を身に付けていたのかもしれません。

このように元々のポテンシャルが全然違うのですから、周囲の同期と比べることに何の意味もないのです。

「自分って、なんでこんなにできないんだろう・・・」

そのように自信をなくしそうになったら、「一か月前は発注の仕方すら知らなかったけど、もう1人で発注までできるようになったな。」とか「一年前は1人で判断なんてできなかったのに、今では1人で考えられるようになったな。」など、過去の自分と比べてみましょう。

一か月前、一年前と比べて、できるようになったことが一つでもあればOK!

あなたはちゃんと成長しています。

周囲にとてもできる同期がいると焦ってしまうかもしれませんが、きちんとあなたのペースで成長できているんですよ。

だから自信を持って!

この一つ一つの積み重ねをしていれば、気づいた時には「スゴイ人」と思っていた人と肩を並べるレベルに到達しているものです。

なので変なプレッシャーを感じなくていいですし、焦る必要もありません。

周囲を意識せずに自分のペースを大切にして日々仕事をしていきましょう。

減らせる負担は減らしていこう

もっと肩の力を抜いて減らせる負担は減らしていきませんか?

頑張り屋さんのあなたは全ての責任を1人でかかえ、そしてすべてを完璧にしようと考えていることでしょう。

しかし抱えている重圧に心が耐えれていないから「仕事に行きたくない」という気持ちが出てきてしまうのだと思います。

そのようなあなたは、「しんどい」と思った時、「無理」と思った時は断れる自分になりましょう。

断わるってとてもエネルギーがいりますよね。

「怒らせたらどうしよう」「嫌われたらどうしよう」という思いから、つい引き受けてしまうという気持ち、とてもよく分かります。

でも多くの人は、きちんとした理由があれば断わったって嫌な顔はしませんし、理解してくれるものです。

なので、なんでも「やります」と言ってしまう自分と決別し「ちょっと今急ぎの用があるので」と断れる自分になりましょう。

それができるようになれば、あなたの負担を大きく減らすことができるようになりますよ。

【スポンサーリンク】



なりたい自分を想像してみよう

あなたはどんな自分になりたいですか?

・もっとイキイキと楽しく働いている自分

・本当の夢を見つけて、夢を追いかける自分

・優しくて頼れる人間になって、グイグイまわりを引っ張っていける自分

色々な理想があると思います。

ぜひ「なりたい自分」のイメージを明確に持ちましょう。

「思考は現実化する」という言葉があるように、人は「こうなりたい」と強く思えば、そのような人間に近づいていくものなのです。

その理由は無意識のうちに「なりたい人間像」に近づくための思考ができるようになるからです。

もしあなたが「もっとイキイキと楽しく働きたい」と強く思っているのなら、そのような自分になるための手段を無意識に選ぶようになります。

それは周囲の人の仲に打ち解けていくことかもしれませんし、仕事の能力を上げるために勉強することかもしれません。

もしかすると思い切って転職するという選択肢も入ってくるかもしれませんね。

これらの選択肢に間違いは存在しません。

あなたが「こうなりたい!」という人間像に近づくための手段なら、全てが正解です。

そしてその選択を繰り返していくことで、なりたい自分に近づくことができるのです。

この「なりたい自分」のイメージがない人ほど、自分の進む方向性が分からないため辛い現状をグルグルと迷走してしまいます。

もしかすると今のあなたも、日々の仕事をこなすことに必死で<自分がどんな人間になりたいか>なんて考える余裕をなくしていたのではないでしょうか?

そのような状況では、あなた自身が進むべき方角が分からないため、今の状況から抜け出すことはできません。

そのため今日一日、まずは自分がどんな人間になりたいかをイメージしてみましょう。

そしてそのイメージができれば、その「なりたい自分」に近づくためにはどうしたらいいかを考える習慣をつくっていきましょう。

そうすることで「なりたい自分」に近づくことができ、辛い現状から抜け出すことができるようになりますよ。

人間関係が辛いなら人間心理を理解しよう

もしあなたが今の職場の人間関係に悩んでいるために「仕事に行きたくない」と思っているのなら、人間心理を学んでみるといいでしょう。

職場の人間関係の良し悪しで働きやすさというのは180度変わりますよね。

質問しても冷たく返事をされたり、人をバカにするような人がいたりすると、本当に働くのが憂うつになってしまします。

しかし相手の心理を知った途端、嫌な人の攻撃が以前ほど気にならなくなるんですよ。

あなたは攻撃的な人をみて、「なんでこの人はこんな言い方しかできないんだろう?」と思ったことはありませんか?

攻撃的な人、上から目線の人、気分屋の人、職場には色んな人がいますが、そのような癖のある人たちの「なんで?」には実は色んな心理が隠れています。

例をあげてみると、質問するだけで「そんなことも知らないの!?」などと攻撃的に突っかかってくる人っていますよね。

そのような人の発言をそのまま受け止めていると「私のことが嫌いなんだろうな」「私ってそんなにダメな人間なのかな」とどんどん自分に原因があるような気持ちになってしまいますよね。

そうなると仕事に行きたくなくなるのも当然です。

しかし、そのような攻撃的な人というのは本当はとてつもなく大きなコンプレックスを抱えているのだということを知れば、少し受け止め方が変わりませんか?

攻撃的な人は自分に自信がないために、相手を攻撃し相手より優位に立つことで安心感を得ようとするのです。

なのであなたに突っかかってくるのは、あなたが嫌いだからでもなければ、あなたができていないからでもありません。

単にあなたより優位にたって安心したいだけなのです。

相手の攻撃性が自分が原因によってもたらされているわけではないということを知るだけでも、気持ちはほんの少しですが楽になりますよね。

「んーやっぱり攻撃されるのが我慢できないんだよね」

こう思ってしまうのもよく分かります。

安心してください!人間心理を知ることの凄さはもっと他にあります。

攻撃的な人の心理を知れば、攻撃の対象にされない方法も知ることができるのです。

攻撃的な人がどのような発言や態度にいら立ちを感じるのか。

攻撃的な人が好意をもつ人はどのような人なのか。

それらが分かれば、攻撃的な気難しい人とも円滑なコミュニケ―ションが築けるようになります。

他の癖のある性格の人も一緒です。

「なぜそのような言い方をするのか?」を知り、自分が攻撃対象にならないための方法を知っていれば、人間関係の悩みは簡単に解決することができるのです。

もしあなたが今の職場の人間関係に悩んでいるのなら、こちらの記事を参考にしてください。

これを読めば職場の人間関係の悩みを解決することができますよ。

【スポンサーリンク】



他に熱中できるものを探してみよう!

仕事が辛い時こそ、仕事以外に熱中できる趣味などを見つけてみましょう。

趣味もなければ恋人もいない。

そのような状況の人ほど「仕事=人生」ととらえてしまいますよね。

仕事以外に考えることがなければ、「仕事=人生」ととらえてしまうのも当然といえば当然です。

仕事が好きならそのような状況でもいいのでしょうが、仕事に行きたくないと感じているあなたにとっては全く好ましい状況ではありません。

仕事以外に打ち込めるものがなければ、仕事のオンオフが上手にできなくなるため、プライベートの時間でも仕事のことでいつまでも悩んでしまいますよね。

そして1人で考えれば考えるほど、どんどん気持ちが暗くなり仕事に対して拒絶感を持つようになります。

逆に何か打ち込める趣味などがあれば、気持ちを上手に切り替えることができます。

むしろ仕事中でさえ趣味のことばかり考えてしまうようになれば、嫌味な人の小言もスルーっと流せるようになるんです。

私も独身時代は特に趣味などもなかったため、普段の生活は仕事と自宅の往復のみでした。

また家にいても何もすることがなかったので、ボーっとしては仕事のことばかり考えてしまいました。

「ミスしてしまったなぁ。」「あの先輩、私のことが嫌いなんだろうな」そのようなネガティブなことばかり考えてしまっていたので、どんどん気持ちが沈む一方でした。

しかし結婚し、子どもが生まれてから変わりました。

家に帰ると子どもとの生活があって、家は家でやらないといけないこと、考えないといけないことが沢山あるので、仕事で嫌なことがあってもそれをずるずると引きずっている暇がないんです。

なので「忘れよう」「考えないようにしよう」と意識することもなく、自然と仕事とプライベートのオンオフが切り換えられるようになりました。

この時「仕事以外に打ち込めるものがあれば、今までの悩みが悩みではなくなるんだ」ということを実感しました。

あなたも家でも仕事のことをいつまでも考えてしまうなら、仕事のことを考えなくなるくらい熱中できる趣味を見つけてみましょう。

趣味に熱中すればするほど、いい意味で仕事がどうでもよくなるので、仕事に対する嫌悪感が軽くなっていきますよ。

今の仕事が向いていないと感じたら

「自分にはこの仕事は向いてないんじゃないか」

仕事が嫌だと毎日そのようなことを考えてしまいますよね。

私も昔は仕事でミスをした時、思い通りに進まない時、何か事あるごとに「自分には向いていないんじゃないか」という気持ちでいっぱいになりました。

でも「じゃぁ何が向いているか」と聞かれると分からなくて、どんどん自分がしょうもない人間のような気持ちになり情けなくもなりました。

もしかすると、あなたもそのような気持ちを抱えているのではないでしょうか?

もしあなたが今、「自分はこの仕事が向いていないんじゃないか。」「もっと自分に合った仕事があるんじゃないか」と思っているのなら、リクナビNEXTの適性診断をしてみてはいかがでしょうか?

【↓↓↓リクナビNEXTの無料診断はこちら】

質問に答えることで、あなたの性格を分析してくれます。

そしてあなたの性格にマッチした職業を紹介してくれるんです。

自分の強みや長所を自分で気付くって難しいですよね。

さらに自分の天職を見つけるというのも至難の業です。

でも誰だって、自分が楽しいと思える仕事、やりがいを感じられる仕事に就きたいですよね。

そのような人は、リクナビNEXTの適性診断をしてみましょう。

きっと今までは気づかなかった新しい自分の一面を知ることができますよ。

そしてその一面を知ることで、自分が本当に楽しいと感じられる職業に出会えるかもしれません。

適性診断は無料ですので、自分探しをしてみましょう。

【↓↓↓リクナビNEXTの無料診断はこちら】

「仕事に行きたくない」辛い時は休んで良いんだよ!

これまでは仕事に行きたくないけど、休む勇気もない・・・というあなたのために、今の職場環境をよくするための方法をお伝えしてきました。

だけど、そのような努力をしても心の限界を感じてしまうこともありますよね。

そんな時は休んでもいいんですよ。

あなたが「休んではいけない」って思ってしまうのはなぜ?

きっと今のあなたは「仕事は休んではいけないもの」という固定概念にしばられていますよね。

「仕事を休むのは悪」という思いにしばられているからこそ、辛いと思いながらも心と体にムチをうって仕事に行ってしまうんだと思います。

日本人は「耐えてこそ美学」という文化があるため、どんなに辛くても耐えている人が偉い。

すぐに辞める人、休む人は根性がない。という考え方がしみ込んでいます。

このような考え方は戦争中の「ほしがりません勝つまでは」という教育の名残のようなものなのですが、戦後のいまでもそのような考え方だけは残ってしまっています。

そのため私たちは子どもの頃からいつも「途中で投げ出してはダメ。」「もっと頑張りなさい。」と言われ続けてきました。

だからあなたの頭の奥の方にまで「仕事を休むのは悪」という認識がこびりついてしまっているんだと思います。

これはあなたに限ったことではありません。

「耐えてこそ美学」という教育を受けた多くの日本人の頭の中に「仕事を休むのは悪」というふうに刷り込まれています。

そのような刷り込みのせいで、どんなに仕事が辛くても仕事を休むことができなかった人達が心や体を壊しています。

でも冷静になって考えてみてください。

あなたは労働という対価に対してお給料をもらっていて、会社とはそれ以上の関係ではないですよね。

別に今の会社に人生をささげないといけないというような契約はしていないはずです。

本当は仕事というのは自分の人生を豊かにするためのもののはず。

それなのに、あなたは仕事のために苦しみながら生きるつもりですか?

もっと自分の人生を生きましょう。

「耐えてこそ美学」という呪縛にしばられる必要なんてありません。

自分が「辛い。しんどい。」と思ったら休んでいいんですよ。

人手不足はあなたの責任ではない

「仕事を休むと周囲の人に迷惑をかけるから休んではいけない」

人手不足の職場ではよく聞かれる言葉ですね。

職場によっては、休んだ人が悪者扱いされるような職場すらあります。

そのような職場にいると、なおさら「休むことは悪」と思ってしまいますよね。

「自分のせいでみんなに迷惑をかけてしまう。」そう思うとますます休むことなんてできなくなると思います。

でも、職場の人手不足というのは本来は職員個人の問題ではありません。

本当は、1人でも休んだ途端に職場の機能がストップしてしまうような人員配置をしている会社に問題があるのです。

それを職員ひとりひとりの責任のようにして、職員が休むことのできない環境を作り上げている会社こそが悪の根源なんです。

しかし頑張り屋さんな人、責任感の強い人ほど「自分が休んだらみんなに迷惑をかける」と思って休むことができません。

そしてそのような人が最終的に心身を壊していきます。

あなたにはそんな辛い思いをしてほしくありません。

だから「人手不足はそのような人員配置にした会社の責任だ」と割り切って、辛い時、しんどい時は休むようにしてくださいね。

まとめ

今の仕事に悩みを抱えていて、仕事に行きたくないという気持ちを抱えているのなら、そのまま耐え続けるというようなことはしてはいけません。

あなたは仕事するために生きているのではなく、生きるために仕事をしているはずですよね?

だから本当は仕事を耐える必要なんてこれっぽっちもないんです。

だけど、突然休むというのはとても勇気のいることですよね。

それなら仕事に対する考え方とか、コミュニケーションの取り方などを少し変えてみましょう。

もっと肩の力ぬいて仕事をしてみたり、人間心理を利用しながら同僚とコミュニケーションをとったりすることで、今あなたが置かれている環境を改善することができます。

なのでまずはそのような方法を取り入れて、今の状況から抜け出しましょう。

しかし、そのような努力をしても改善できない。

もう心が折れそう。という時は休んで良いんですよ。

あなたの人生です。

会社のための人生を送る必要なんてありません。

あなたが「辛い。しんどい。」と思った時はその気持ちを一番大切にしてあげることで、幸せな日々を送れるようになりますよ。

【仕事に行きたくないけど休む勇気もない。辛い現状を変える8原則】

  • 仕事=人生じゃない!
  • 周りの同期と比べない。比べるのは一か月前の自分
  • 減らせる負担は減らしていこう
  • なりたい自分を想像してみよう
  • 人間関係が辛いなら人間心理を理解しよう
  • 他に熱中できるものを探してみよう!
  • 今の仕事が向いていないと感じたら
  • 「仕事に行きたくない」辛い時は休んで良いんだよ!

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です