女ばかりの職場で平穏に過ごすための処世術

仕事の人間関係が辛い時に退職するのは逃げではない!転職した者勝ち

・仕事の人間関係が辛くて、毎日ビクビクしながら働いている。

・怖い先輩のことを考えてしまって、仕事の前日は夜も眠れない。

・毎朝、通勤時にお腹がいたくなる。

そのような状況であっても、

「仕事の人間関係が辛いんだけど、退職するのは逃げなのかな?」

「せっかく入った職場を、人間関係なんかで辞めていいのかな?」

このようなことを考えると、なかなか退職に踏み切れませんよね。

私も新人時代はそうでした。

先輩がむちゃくちゃ怖くて、勤務終了時に1人で泣いたこともあるくらい辛い時期がありましたが、それでも辞めるという決断はできませんでした。

でもね、あれから10年の間に色んな職場や、色んな人を見てきて今思うことは、人間関係が辛い時こそ退職した方がいいということです。

だって人間関係は、自分の力で解決できる問題ではないですもの。

ここでは、仕事の人間関係が辛い時こそ退職した方がいい7つの理由と、退職への不安をなくすための転職の進め方について解説しています。

仕事を辞めるのは「逃げ」という考えにしばられて、辛い現状を耐え続けているとうつ病になってしまうこともあるので、一度立ち止まってゆっくり今後について考える時間を作ってみてくださいね。

人間関係のいい職場か事前に確認できる転職サイトがあるってホント?

仕事の人間関係が辛いなら退職した方がいい7つの理由

「人間関係なんかを理由に退職していいの?」と思っているあなたに伝えたいこと。

それは人間関係の悩みこそ、退職という選択をした方がいいということです。

どういうことなのか、ひとつずつ説明していきますね。

まずあなたに知ってほしいことは退職は逃げではないということ

まずあなたに知ってほしいことは、退職は逃げではないということです。

「退職するなんて逃げだ」と言って、今の辛い現状から抜け出せずにいる方が非常に多いのですが、退職は逃げではありません。

あなたは人間が生きていく上で、一番大事な能力は何かご存知ですか?

人間が生きていく上で一番大事な能力は、問題にぶつかった時に解決に向けて行動できる力です。

決して耐え続けることではないんですね。

だから退職も今ある問題を解決するための選択なら、それは逃げではなくてあなたの成長につながる新しいスタートなんです。

まずはそのことを知ってもらい、退職に対する考え方を変えてもらえたらと思います。

人間関係は自分の力では変えられない

人間関係の悩みって自分の力で変えられるものではないんですよね。

もしあなたの仕事が辛い理由が自分の力で乗り越えられるものなら「もう少し頑張ってみようよ」と言います。

たとえば「業務が覚えられなくて時間がかかってしまうのが辛い」とかだったら、自分が努力することで現状を変えることができますよね。

そのような場合なら、今を踏ん張って耐えることで開ける未来があるかもしれせん。

だけど人間関係の悩みというのは、あなたの努力で乗り越えられる壁ではありません。

意地の悪い人間はどんなにこっちが下手にでようと、上司から注意をされようと変わりません。

むしろ嫌がらせがエスカレートすることさえあります。

だからこそ人間関係の悩みによる退職は仕方がないことだし、むしろあなたのためにも正しい選択だと思うんです。

仕事が辛い理由は、自分の努力で変えられる問題なのか。

それとも自分の努力では変えられない問題なのか。

という視点で考えてみてください。

そして自分の努力で変えられない問題の場合は、退職という選択も大事な選択肢の一つといえるでしょう。

人間関係の不和は職場に問題があることが多い

とくに職場の環境自体に人間関係が悪くなる原因がある場合は、退職した方があなたにとってもプラスな場合が多いです。

たとえばパワハラ上司によってみんながおびえながら仕事をしていたり、逆に上司が社内のいじめを見て見ぬふりをしていたりという具合に、上司が職場の環境を統括できていない場合です。

他にも、過重労働すぎてみんながストレスをため込み、空気がギスギスしているような職場も問題といえます。

そのような場合は、今後も職場の人間関係が改善されることは期待しにくいですし、むしろさらなる悪化が予測されます。

このように職場環境が原因で人間関係が悪い場合は、早い段階で見切りをつけて辞めてしまう方が、あなたの未来につながると考えられます。
【スポンサーリンク】



嫌な人間ばかりが残っていく職場は要注意

あなたの今いる職場で、長年続けいる人ってどんな人でしょうか?

職場のいじめが文化のようになっている職場では、良い人ばかりが辞めていき、嫌な人だけが長く残っていきます。

だからさらに新人いじめが定着するという、悪循環に陥ってしまうんですよね。

なので今の職場で長年続けている人たちの顔ぶれをチェックしてみてください。

そしていじわるな人ばかりが残っているようなら、もっと楽しく働ける職場を探してみましょう。

みんながイキイキしてて、風通しのいい会社にいかないと、今この時間がもったいないですよ。

職場で嫌われると挽回するのは至難の業

職場で嫌われると挽回するのは至難の業なので、職場の人たち嫌われていると感じる場合は早い段階で辞めてしまいましょう。

特に女性の場合は、一度「嫌い」と思った人に対して非常に冷たいんです。

どんなにいい事をしても「調子に乗ってる」とか「イイ人ぶってる」という具合にネガティブな見方しかされませんし、時には変な噂を流したりする人もいます。

そして一度、悪いイメージを持たれると挽回するのに半年、一年以上かかることも珍しくありません。

私の経験上では、次のいじめのターゲットが見つかるまでは、目の敵にされるイメージです。

女性の集団って本当に残酷なんです。

そのような集団の中で、わざわざ耐える必要があるでしょうか?

職場の人に嫌われている中で、働くって本当に辛いですよね。

常にビクビクと神経をすり減らして、嫌な態度とられるたびにズキンと胸が痛くなって、、、

そんな毎日を続けることに、どんな意味があるのでしょうか?

職場の人間関係の悩みというのは、一見非常に深刻な悩みなのですが、一歩外に出てしまえば一瞬で解決できる問題なんですよ。

人間関係のいい職場か事前に確認できる転職サイトがあるってホント?

人間関係のいい職場なんて、他に沢山あります。

もちろんあなたを温かく迎えてくれる職場だってあります。

そしてそのような職場で働くと、今のようにビクビクと仕事をする必要もありませんし、朝の出勤時にお腹が痛くなることもありません。

常に自分らしくいられるから、仕事そのものも楽しく感じられるようになるんです。

なので今の職場の人達に嫌われているという場合は、早い段階で今いる集団から抜けてしまいましょう。

このまま我慢していると自分のことを嫌いになってしまう

職場に冷たい人やバカにしてくる人がいると、あなた自身、自分のことが嫌いになってしまいますよね。

何をしても否定的に言われ、隙あらば指摘されたら「私ってそんなにダメな人間なの?」とどんどん自信をなくしてしまうと思います。

でもね、たとえそのような状況でもあなたが悪いわけではありません。

人を否定的に見ることしかできない人間のモノの見方に問題があるんです。

たとえば、毎日遅くまで残業している人をみて「頑張っているね」「まじめな人なんだね」と肯定的に見る人もいれば、「頑張ってるアピールしてるの?」とか「単に仕事が遅いだけでしょ」と否定的に見る人もいます。

このように全く同じ場面であっても、受け止め方というのは人によって全然違うんです。

そしてその受け止め方というのは、その場面を見た本人の物事を見るフィルターの問題なんです。

だから頑張っても頑張っても否定されるからといって、あなたがダメ人間という訳ではないことは忘れないでください。

ただそうはいっても毎回否定されていると、心がズタズタに傷ついてしまいますよね。

そのような場合はあなたが自分のことを嫌いになる前に、今いる場所から離れてほしいのです。

今いる環境はあなたにとって好ましい環境ではありません。

もっと社員みんなが前向きで、人を肯定的に受け止めることのできる人が集まっている集団にいきましょう。

そうするだけで、自分のことをもっと好きになれますよ。

【スポンサーリンク】



自分も嫌な人間に染まってしまう

人間関係が悪い職場にずっといると、あなたも嫌な人間に染まってしまいます。

人間というのは、普段聞いている言葉に大きく影響を受けるので、普段から悪口や愚痴が蔓延している環境にいると、あなたもそのような言葉しか言わなくなってしまうんです。

そして気が付けば、次は自分がいじめている側にいることだってあるんです。

今、「いや、私は絶対にそんなことはない。私は今これだけ辛い思いをしているから、絶対に自分がされて辛かったことはしない」と思いました?

そう思っていても長年その組織にいると染まってしまうんですよ。

過去に自分がものすごい剣幕で怒られたことがあった場合、新人が過去の自分と全く同じミスをした時に非常にイラ立ってしまうというのは珍しいことではありません。

また自分が成長した時に「今の自分があるのは、あの辛い経験を乗り越えたからだ」といじめを肯定してしまうということもあります。

そのような場合、新人が思い通りに成長しないと「やっぱり厳しい指導をしないといけないんだ」という発想になってしまい新人いじめを繰り返してしまうんです。

人間の脳ってその集団の考え方に簡単に染まってしまうので「私はいじめをするようなクズのような人間にはなりたくない!」と思うなら、その集団からは離れるのが一番なんです。

「でも、次の就職先が決まるか不安、、、」という時は

「人間関係が辛いなら辞めた方がいいよ」と言われても、次の就職のことを考えると不安でなかなか退職に踏み切れませんよね。

「生活があるのに退職後、次の転職先が見つからなかったらどうしよう」

「次の職場も、今のような人間関係の大変な職場だったらどうしよう」

不安は尽きないと思います。

そのような時は、退職する前にテンプスタッフという転職サイトを使って転職の下準備をしておきましょう。

【↓↓↓安心して転職できるテンプスタッフはこちら】

働きながら転職活動しておき、あなたが納得できる求人があれば、その時に辞めてしまえばいいのです。

テンプスタッフは、求人数が業界トップクラスの多さというだけでなく、女性が働きやすい職場をとことん追求している転職サイトなので、あなたの希望通りの職場が見つかる可能性が非常に高いんです。

またテンプスタッフの「なっとく転職」なら、自分の目で職場の人間関係や業務内容などを確認してから転職を決められるので、もう「人間関係が辛いから辞めたい」という展開を繰り返す心配はありません。

どういうことかというと「なっとく転職」は、はじめの数ヶ月間を派遣として働き、実際の雰囲気や業務内容に納得できたら正社員として契約をするという転職方法なんです。

もちろん派遣期間もお給料はもらえます。

事前に職場の人間関係が確認できるというのは、非常に安心できるポイントですよね。

今、人間関係が悪い職場にいると、どこにいっても職場のいじめはあるんじゃないかって不安になるかと思います。

だけど決してそんなことはないんです。

みんなの意識が高くて、一致団結しているような会社ではいじめなんて起こりません。

みんな前をみて働いているから、いじめのようなくだらないことに時間をついやさないんです。

そして、そのような職場は風通しもよくて、非常に働きやすいんです。

ぜひあなたも、今よりもっと自分らしくいられる職場をテンプスタッフで探してみましょう。

【↓↓↓安心して転職できるテンプスタッフはこちら】

転職先で人間関係を失敗しないためには

もう転職先で人間関係を失敗しないためにも、できる限り職場で上手くやる処世術を身に付けておきましょう。

世の中には色んな人がいるので、どのような職場にも1人や2人クセのある人がいてもおかしくありません。

そのような時に大事なのが、こちらの対応の仕方です。

相手と上手に距離をとり、そして相手の感情を刺激しないようにすることで、多少のクセのある人とでも上手にかかわっていくことができます。

なので、転職前に一度こちらの記事も読んでいただき、万全の状態で転職するようにしましょう。

そうすることで、より安全に転職することができますよ。

性格が悪い女No1は○○女!職場にいる嫌な女9タイプを完全攻略!

女性の職場でいじめが起きる本当の理由!知らなかったじゃすまされない!

さいごに

人間関係が辛いときこそ退職という選択を考えましょう。

技術や知識、経験が未熟で、自分のできなさが辛いなら、自分の努力で解決することができます。

だけど人間関係の悩みというのは、あなたの努力で解決できる問題ではありません。

そのような問題だからこそ、その場を離れて再スタートをきってほしいんです。

退職は逃げではありません。

問題解決のための一つの選択肢なんです。

人間関係が辛いなら、その集団から離れてしまうことで、その悩みは一瞬で解決できます。

もし退職後の再就職が不安という場合は、テンプスタッフに登録して【なっとく転職】で自分の納得のいく職場を探しましょう。

【↓↓↓安心して転職できるテンプスタッフはこちら】

人間関係が辛いなら退職していい7つの理由

  • まずあなたに知ってほしいことは退職は逃げではないということ
  • 人間関係は自分の力では変えられない
  • 人間関係の不和は職場に問題があることが多
  • 嫌な人間ばかりが残っていく職場は要注意
  • 職場で嫌われると挽回するのは至難の業
  • このまま我慢していると自分のことを嫌いになってしまう
  • 自分も嫌な人間に染まってしまう

 

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です