女ばかりの職場で平穏に過ごすための処世術

仕事に慣れるまでの辛い新人時代を一刻も早く抜け出す9つの方法

新人時代って、仕事で辛いことばかりですよね。

怒られることばかりだし、自分が足手まといになっているのが分かるし、人間関係にも馴染めてないから居場所もないし、、、。

毎日が「辛い」「辞めたい」の連続だと思います。

仕事に慣れるまでは、この辛い時期というのは誰もがどうしても通る道ともいえるでしょう。

だけど、

・早く仕事に慣れるにはどうしたらいいか。

・早く人間関係に打ち解けるためにはどうしたらいいか。

これらが分かれば、この辛い新人期間を短くすることは可能になります。

ここでは、新人の辛い時期を乗り切るためのコツについて解説しています。

本文を読んで、一日も早く仕事にも周囲の人にも慣れて楽しく仕事に行けるようになりましょう。

新人はできなくて当たり前!遅くて当たり前!

新人はできなくて当たり前ですし、仕事が遅くて当たり前です。

そのため先輩と同じようにできない自分を責めないようにしましょう。

時々、新人にも即戦力を求める先輩っていますよね。

「1回で覚えて」と言って無理難題を突きつけたり「遅すぎる。みんな5分で終わってるよ」なんて、周りのベテランを基準にして遅いことを指摘してきたりする先輩。

はっきり言って、その先輩の方が頭おかしいですから。

性格の悪い先輩ほど、新人時代の自分を棚に上げて、新人を攻撃してきますからね(~_~;)

だから、その先輩のいう言葉を真に受けて「自分はダメな人間なんだ」なんて思わないでほしいのです。

そのような先輩だって新人時代は何もできていなかったに違いないんですから。

中には「私は新人の時からこんなにも頑張っていたのよ」と、言い張る先輩もいるかと思いますが、過去の記憶なんて本人の解釈次第でなんとでも言えるんです。

もし「私は新人時代から、一回で覚えてきた」なんていう先輩がいたら、その先輩の記憶が間違っているといえるでしょう。

だって、人間の記憶は翌日には75%消えるということが科学的に証明されているのですから。

だからあなたも「一回で覚えろ」と言われて、それができなかったとしても、それはおかしなことではなくて当たり前のこと。

そして先輩が「私は新人時代から一回で覚えてきた」と言ったとしたら、それは記憶が間違っている可能性の方が高いと思いましょう。

とにかく新人はできなくて当たり前ですし、仕事が遅くて当たり前。

だから「自分は仕事ができない」と思い詰めなくていいんですよ。

絶対に先輩に追いつく日がくるんですから、それまでコツコツと自分のペースで積み重ねていきましょう。

馴染めないという悩みは時間が解決するよ!

新人時代ってなかなか周囲と打ち解けれないため、休憩中も居場所がないですよね。

仕事中に先輩に謝ってばかり、頼ってばかりだと、休憩中も先輩たちに気軽に話しかけにくいと思います。

でも、この人間関係は時間とともに打ち解けることができるようになりますよ。

仕事に慣れてくるともっと気軽に先輩に話かけれるようになりますし、先輩もあなたのことを認めてくれるようになると色々と話しかけてくれるようになります。

新人時代はどうしても指導される側と指導する側という関係のため、距離感を感じやすいかと思いますが、少しづつ時間を重ねるごとに距離感は縮まっていき、最終的にはみんなの輪の中に入れるようになるので、それまでを乗り切りましょう。

また少しでも早く打ち解けるためには、周囲への心配りを意識しましょう。

新人の自分でもできることは率先して行うようにするだけで、周囲のあなたを見る目は変わります。

好印象を持ってもらうと、より周囲と打ち解けやすくなりますよ。

「怒られた⇒成長のチャンスをもらえた」と思おう

新人時代って怒られることが多いので、何度も自信をなくしそうになりますよね。

「あ~、なんで私ってこんなにできないんだろう、、、」

怒られるたびに、自分のできの悪さにへこむと思います。

また、それに加えて周囲からどう思われているのかも不安になりますよね。

「みんなに幻滅されたかもしれない」という不安も出てくると思います。

でもね、ミスすることなく成長する人なんていません。

あなたの先輩や上司だって沢山の失敗を重ねて、今のポジションにいるんです。

だから失敗したことで自信をなくさないでください。

失敗から学ぶことは沢山あります。

むしろ人が成長できるのは、成功した時よりも失敗した時です。

だから失敗して怒られたことに関しては、「怒られた」と受け止めるのではなく「成長のチャンスをもらった」と考えるようにしましょう。

新人時代に沢山失敗して、沢山怒られている方が、色んなことに注意できるようになるため、数年後には周囲より前進していることの方が多いんですよ。

なので自信をなくさないでくださいね。

頼れる先輩を見つけよう

仕事の悩みを気軽に相談できる先輩を見つけましょう。

人間関係の悩みや、業務負担の悩みなど、新人時代は色んな悩みが出てくると思います。

だけど、その悩みを相談できる人がいない場合、1人で悩みを抱え込んでしまってさらに気持ちが重たくなりますよね。

あなたの周りに信頼できる先輩はいませんか?

相談しやすい先輩に、今の辛い気持ちを相談してみましょう。

だれかに相談することで、悩みを解決するための突破口が開けることがあるんですよ。

自己学習が仕事の吸収を早くするよ

日頃から自己学習をしていると、仕事の吸収を早くすることができますよ。

仕事がなかなか覚えられないというのは、大きなストレスになりますよね。

「なんで私ってこんなに覚えが悪いんだろう、、、」とへこんでしまうこともあるかと思いますが、そのような時は自己学習してみましょう。

あなたが営業職なら、本屋さんに行って営業・接客に関する本を読んでみるといいですし、資格などを持った専門職なら、その分野の専門知識の勉強をしましょう。

基礎知識を身に付けると、仕事中に教わった内容も理解しやすくなり、また先輩に言われなくても自分の頭で考えることができるようになるため、どんどん成長していくことができるんです。

なので自分の仕事の覚えの悪さに嫌気がさしている時は、自己学習で基礎知識を身に付けることろから始めましょう。

時間の使い方を工夫してみよう

仕事が遅いことに悩んでいる人は、時間の使い方を工夫してみましょう。

一番はじめに新人時代は仕事が遅くて当たりまえと言いましたが、それでも仕事が早くできるようになりたいですよね。

ここでは、仕事を早くできるようになるための時間の使い方について解説します。

まずは、今日やるべきことをすべて書き出しましょう。

そしてそのやることリストを見ながらスケジュールを作るんです。

この時に一つ一つに制限時間を設けることがポイントです。

制限時間を設けるだけで、人間はその時間内にできてしまうんです。

この効果をパーキンソンの法則といいます。

毎日業務はじめにこのようなスケジュールを組むだけでも、仕事が時間内に行えるようになりますよ。

他にも動線を意識して動いたり、後回しにせずにすぐに行動したりすることでも時間短縮につながります。

このように仕事が慣れていない時でも、時間短縮する工夫は色々できるので、できるところから取り組んでみましょう。

こちらの記事では、仕事を早く終わらせるためのコツをより詳しく解説していますので、併せてお読みください。

仕事の早い人を観察してみよう

「仕事をどう進めたらいいのか分からない」

「先輩に「優先順位を考えて」と言われたけど、その優先順位が分からない」

という場合は、仕事の早い先輩の動きを観察してみましょう。

「学ぶ」は「真似ぶ(まねぶ)」ともいいます。

仕事の早い人の動き方を徹底的にマネすることで、自然と仕事が早くなっていくんですよ。

私も以前、残業続きの毎日に嫌気がさしたことがあり、いつも定時に帰る先輩の動き方を観察してマネしてみたんです。

そうすと、残業する回数が劇的に減ったんですよね。

なのであなたも仕事の早い先輩をマネてみてくださいね。

ミスの防ぎ方を工夫しよう

新人時代って、知識も経験も少ない分、どうしてもミスが起きやすくなります。

でも、どうすればミスを防げるかを知っているだけで、ミスの回数は劇的に減らすことが可能になるんですよ。

たとえば、

・日頃からメモをとるようにして、業務を行う前には必ずメモを見直す。

・「~だろう」「たぶん~だ」という憶測で行動しない。

・ダブルチェックを徹底する。

・事前にイメージトレーニングとデモストレーションを行う。

・慌てている時こそ深呼吸する。

・知ったかぶりをしない。

これらのことを日頃から行うだけでも、多くのミスを事前に防ぐことが可能になります。

こちらの記事ではミスをなくす方法についてより深く解説しているので、あわせてお読みください。

焦らないで!達成感は仕事に慣れたら感じられるようになるよ!

新人時代は、仕事に達成感を感じにくいですよね。

そのため「私はこの仕事が向いていないかもしれない」と思ってしまうこともあるかもしれません。

でも、新人時代はそのようなものなんです。

達成感が感じられない理由は、あなたが今の仕事に向いていないからではなくて、まだ主体的に動けていないからなんです。

教えてもらいながら業務を行っているので受け身になりがちだし、指示された通りに動くため機械的な感じがしますよね。

そのような状況だと、自分が役に立っていると感じにくく、どうしても自分はお荷物のような感覚になってしまいます。

達成感が感じられない原因はそこなんです。

だからあなたが仕事が慣れてきて、自分で考えて主体的に動けるようになったら、自然と達成感もついてきますよ。

私も新人看護師時代は達成感なんて感じられませんでした。

毎日怒られてばかりだし、仕事ができない自分が嫌でたまらなかったんです。

そのため「私は看護師が向いていない」「私がやりたかったのはこんな仕事じゃない」と思っていました。

だけど、2年目くらいからですかね。

自分でできることも増えて、先輩たちからもスタッフの一員として扱ってもらえるようになって、主体的に動けるようになってから仕事に達成感を感じられるようになったんです。

今は「なんで私、この仕事を選んだんだろう」と思ってしまう日もあるかもしれませんが、もう少し続けてみてください。

仕事に慣れて、スタッフの一員としての実感がもてるようになったら、達成感を感じられるようになりますよ。

やっぱりムリと思ったら第2新卒に特化した転職サイトで転職しよう

これまで新人時代の乗り越え方について解説してきましたが、それでも「やっぱりムリ」と思った時は、転職も考えましょう。

とくに新人いじめが蔓延している会社や、パワハラ上司がいる会社などは、あなたの心が壊れる前に辞めてしまった方がいいです。

だけど、退職するにしても「社会人経験の少ない自分が転職できるのかな?」と不安になりますよね。

そのような転職に関する不安については安心してください。

マイナビジョブ20‘sという第二新卒専門の転職エージェントがあります。


マイナビジョブ20‘sの登録者の85%が社会人経験3年以内の20代。

そのため登録した際に担当してくれるアドバイザーの方も、第2新卒の転職に精通している人ばかりなんです。

そのため、あなたの転職をしっかりとサポートしてくれます。

またマイナビジョブ20‘sは、20代対象の求人が1000件以上あり、その中には職種・業種未経験OKの求人も多数あります。

そのため第2新卒だからといって妥協することなく、自分の納得のいく転職先が選べるんですよ。

仕事が辛いと思っているなら、まずはマイナビジョブ20‘sに登録してみてくださいね。

【↓↓↓マイナビジョブ20‘sの登録はこちら】

もちろん今の仕事を退職していなくても登録してかまいません。

また登録したら絶対に転職しないといけないというものではありませんし、完全無料なので費用もかかりません。

登録して水面下で転職活動をしておけば、「もう今の職場は耐えられない!」となった時に、いつでも辞められますよ。

それに、今の仕事よりも休みが多い、給料が高いなどの好条件の仕事が見つかる可能性だってあります。

あなたは沢山の可能性を秘めているのですから、このチャンスを逃さないでくださいね。

【↓↓↓マイナビジョブ20‘sの登録はこちら】

さいごに

新人時代は仕事が上手くできないし、人間関係も慣れていないしでストレスが多くなりますよね。

そんため何度も「辛い」「辞めたい」という気持ちを繰り返すと思います。

だけど新人時代の辛い時期を乗り越えると、仕事が楽しくなったり、やりがいを感じられるようになったりします。

なのでこの新人時代を色々な工夫をして乗り越えていきましょう。

辛い新人時代の乗り越え方

  • 新人は出来なくて当たり前!遅くて当たり前!
  • 人間関係は時間と主に打ち解けていけるよ!
  • 「怒られた⇒成長のチャンスをもらえた」と思おう
  • 頼れる先輩を見つけよう
  • 時間の使い方を工夫してみよう
  • 仕事の早い人を観察してみよう
  • ミスの防ぎ方を工夫しよう
  • 焦らないで!達成感は仕事に慣れたら感じられるようになるよ!
  • どうしてもムリと思った時は転職しよう

 

【↓↓↓マイナビジョブ20‘sの登録はこちら】

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です