20代女性の理想が叶う転職サイトランキング

自然体な人の特徴とみんなに愛される人間になる5つの秘訣

あなたの周りにもいつも自然体で、みんなから好かれる人っていませんか?

・みんなが苦手としている人とでも上手に付き合っている

・悪口を言われているイメージがない

・人間関係の悩みなんてなさそう

このような人をみていると、うらやましい気持ちになりますよね。

「私もこの人みたいになれたら毎日がもっと楽しく感じられるようになりそう」と。

実はあなたも肩ひじはらず、背伸びをせず、自然体でいることを心がけるだけで、このような幸せな人間になることができるんです。

ここでは、自然体な人の特徴と自然体な人になるための方法について解説しています。

あなたもありのままの自分をさらけ出して、みんなから愛される人間になっちゃいましょう。

自然体な人の特徴

人間関係の悩みがなさそうな人に共通しているのが「自然体」です。

自然体な人は一緒にいる相手を安心させる力があるのですが、そのような空気感はどんなに気難しい人をも優しい気持ちにさせるほどの影響力があります。

自然体な人はそのような影響力によって、気難しい人からも優しくされているのです。

では、自然体な人の特徴とはどのようなものなのでしょうか。

無理に人に合わせない

自然体な人は無理に人に合わせるようなことはしません。

もし旅行に誘われても自分の興味のない場所なら断りますし、何時であろうとLINEの返信をするというようなことはしません。

たとえ仲良しグループのみんなが、ディズニーランドに行くといっても、自分が行きたくなければ行かない。

一人だけ別行動しても平気なのです。

このように、自然体な人は自分がしたい時に、自分のしたいことをするというスタンスで生きています。

こうしてみると、一見ワガママのように見えますが、決してワガママというわけではありません。

自分が自由に振る舞うのと同時に、相手が自由に振る舞っても気に留めることはないのです。

あなたも本心では「この飲み会は行きたくないな~」と思っている時に、何も気を使うことなく「その日は辞めとくわ」と言えたらとても気楽ですよね。

そのようなことが言い合える同僚なら、長く付き合えそうと思いませんか?

自然体な人というのは、自分も気が乗らない時は断る分、相手に断られても何も思いません。

笑顔で「了解です(^^)/」という返事をしてくれます。

要は自分も相手も自由であることが当たり前というとらえ方をしているのです。

そのようなお互い自由でいれる空気感があるから、周囲にいる人達に「○○さんと一緒にいると気が楽」と思われるのです。

肩の力が抜けている

自然体な人はいつも肩の力が抜けています。

表情や会話するときの言葉使いも柔らかく、精神的に安定しているのが手にとるように分かります。

常に精神的に落ち着いているので、自分の気分によって態度が変わるなんてことはありませんし、たとえ嫌なことがあっても怒り散らすようなことはしません。

この常に肩の力が抜けている空気感も相手を安心させる要素なのです。

見栄を張らない

自然体な人は見栄を張りません。

そもそも見栄っ張りな人というのは自分に自信がなく、他人よりも優れている自分をアピールすることで自信をもとうとしています。

いわば、幸せの基準が「他人に勝ちたい」という他者基準でしかないのです。

しかし自然体な人は「自分がどう思うか」を基準で考えます。

まわりの友達がみんなブランド物の財布をもっていたとしても、自分がノーブランドの財布を気に入っているならノーブランドのものを使用します。

たとえ相手に「ダサい」と言われても、無理にブランドものを買うようなことはしません。

このように自然体の人は、相手に対する競争意識がないため、見栄をはることもしないのです。

この本人が見栄をはらないというのは、周囲にいる人の「もっと頑張らなきゃ」「もっとよく見られたい」という欲求を刺激しない効果があります。

そのため一緒にいる人間も、自然体な人の前では見栄を張る必要がなく、ありのままの自分でいられるのです。

一緒にいて楽なら好かれて当然ですね。

もしあなたが「もっとよく見られたい」という気持ちに振り回されてしまうなら、こちらの記事もお読みください。

お世辞を言わない

自然体な人は無理してお世辞をいうような事をしません。

あなたは、人間はお世辞を言われると嫌悪感を抱くことをご存知ですか?

お世辞というのは一般的に相手を持ち上げることで、自分を有利な方向にもっていきたい時に使いますよね。

きっとあなたも、お世辞を使う時というのは「相手の機嫌をとりたい」「相手に好かれたい」という感情がある時ではないでしょうか?

このようにお世辞というのは、相手をコントロールしようとしているのと一緒なのです。

そして、そのような下心というのは無意識のうちに相手に伝わっています。

そのためお世辞を言われた側の人間というのは「なにかうまく言えないけど、不快感が残る」そのような感情になるのです。

あなたも、むやみやたらに「イイ人ですね」と言われて、正直うっとうしなと思った経験はありませんか?

その嫌悪感こそ、お世辞がもたらす副作用なんです。

自然体な人は相手をコントロールしようという発想すらないので、無理してお世辞をいうこともありません。

この相手をコントロールしようという下心がないからこそ、だれからも好かれるのです。

人の話を素直に聞く

自然体な人は素直に人の話を聞くことができます。

自然体の人は相手を疑うというようなことをしないので、仕事でトラブルがあったときでもまずは相手の話を聞くことからはじめます。

絶対に「そんなの言い訳でしょ」と突き放したり、頭から「あなたが悪いんじゃないの?」と疑ってかかることはしないのです。

このような対応も、みんなに愛されるポイントです。

あなたも「これ絶対怒られるよなぁ」と思うことを報告しないといけない時、自分の話をゆっくり聞いてくれる先輩に報告したいですよね。

素直に人の話を聞ける人というのは、相手に大きな安心感を与えることができるのです。

みんなが自然体な人に対して「○○さんには何でも話せる」と思っているのは、このような安心感からきています。

客観的に回りを見ている

自然体な人は客観的に周りを見るのが上手です。

いろんな方面から物事をとらえる力が優れているので、自分の主観や感情で話しを進めるということはしません。

たとえば新入社員の子が先輩に大事な報告ができなかったという場合も、報告をしなかったことだけを叱るのではなく、

「報告すべきこと自体が分からなかったんじゃないか」

「先輩の威圧的な態度で言い出すことができなかったんじゃないか」

など様々な可能性について考えることができます。

そして色々な角度から物事が見れるからこそ、一方的に怒るようなことはしないのです。

自然体の人が持っている「相手のことを様々な角度から見る力」は、周囲の人に「この人なら分かってくれるだろう」という安心感を与えるのです。

心から人の幸せを喜べる

自然体の人は、心から人の幸せを喜ぶことができます。

女性というのは嫉妬深い生き物なので、他人のおめでたい話を素直に喜べないという人も多いですよね。

いま「そんなことないけどなぁ。」と思ったあなたも、きっと友達が年収1億円のハイスペック男子と結婚したら「おめでとう」という時の笑顔がひきつるはずです。

女性というのはそのような生き物なのです。

しかし自然体な人は幸せを自分の基準で計っているので、他人がどうこうということは気になりません。

自分は自分、人は人。

そのような捉え方が体に染みついているので、相手と自分を比べて嫉妬するということと無縁なんです。

そのため相手の幸せも、心から祝ってあげることができるのです。

言うまでもなく、あなたが嬉しい時に自分のことのように喜んでくれる友達ほど信頼できる人はいませんよね。

【スポンサーリンク】



個々の気持ちや考えを大切にする

自然体な人は、個人個人の考え方や気持ちを大切にすることができます。

多くの人が「こういう時はお礼をいうのが常識じゃないの?」といったように、自分の考え方の枠に相手をはめ込もうとします。

しかし自然体な人は【自分の考え方】と【相手の考え方】は同じではないこと、そして相手の考え方も一つの考え方であるということを認識しています。

なので、相手の反応が自分の思っていた通りでなくても「そういう考え方もあるのね」と受け入れることができるのです。

自然体な人は個人個人の考え方や気持ちを大切にできるので、周囲の人は自然体な人の前ではのびのびと自分の意見が言えるようになるのです。

物を見るフィルターがポジティブ

自然体な人というのは物事を見るときのフィルターがポジティブです。

人間というのは、物事を見るときに必ずその人自身のフィルター越しに物事を見ています。

そのため一つの出来事に対しても捉え方は人によって異なります。

例えば、新入社員の子が会社の隅っこで泣いている場面を見かけたとします。

すると、

「何か失敗をやらかしたんだな。それにしても仕事で泣くなよ」とさげずむ人

「新人時代は泣くこともあるよね」と共感する人

「どうしたんだろう?」と心配する人

「○○さんが泣いてる!何があったのかみんなに聞いてみよう」と面白がる人

などなど10人いれば10通りの捉え方があります。

「新入社員が泣いている」という事実は同じなのに、捉え方がこうも違うのは物事をとらえる際に、個人個人でフィルターがかかっているからです。

このフィルターこそがその人の性格の本質ともいえるでしょう。

そして自然体な人というのは、このような物事の捉え方がポジティブです。

なので、一つの物事に対して相手をさげずんだり、面白がったりするようなことはありません。

「どうしたのかな?大丈夫かな?」と相手の立場を肯定したうえで物事をとらえるのです。

自然体な人の相手を悪い方向に決めつけない態度は、多くの人から信頼を集め、そして多くの人に安心を与えることができるのです。

他人を攻撃しない

自然体な人は他人を攻撃するようなことはしません。

むしろ、いじめられている人にも平等に接することができます。

そもそも他人を攻撃する人というのは、自分に自信がない人です。

自分に自信がないから他人を攻撃して、自分よりも下の人間をつくることで安心しようとしているのです。

自然体な人は「自分は自分」という自信を持っています。

そのため、人を攻撃してやろうという気持ちなど起きないのです。

むしろ客観的に物事を見ることができるので、職場でいじめられている人がいたらさりげなくいじめられないようにフォローしてあげることができるほどの人間だったりします。

そのような周囲への気遣いがさらにファンを増やしていくのです。

誰にでも丁寧に対応する

自然体な人は、いつでも誰にでも丁寧に対応します。

どんなにできの悪い後輩であろうと雑な対応はしません。

もちろん叱るべきこと、注意すべきことは毅然と対応しますが、言うべきことを言ったらそれで終わり。

後に引きずることなく、そのあとはいつも通りに対応します。

また店員さんに偉そうな態度をとるなんて無礼なことしません。

自然体な人は「人は大事にするもの」というモラルが染みついているからこそ、周囲の人からも大事にしてもらえるのです。

自然体な人だけが得られる6つのメリット

前章では自然体な人がなぜみんなから愛されるのか分かっていただけたと思います。

ただ、自然体な人は周囲の人に単に愛されるというだけではありません。

実は自然体な人には人間関係の悩みを抱えない好循環が起きているのです。

なぜか怒られない

自然体な人はなぜか怒られません。

同じミスを違う人がしたら間違いなく怒られることでも、自然体な人がしたら「そんなこともあるよね」と許されるんです。

それに周囲の人もなぜかそれを受け入れてくれます。

これは自然体な人が普段からみんなの考え方や気持ちを受け入れ、頭ごなしに叱ることなく、相手の話をきちんと聞くという態度をとってきたからです。

このような普段の行いにより、みんなから信頼を得るこができているので怒られないのです。

気難しい人にも好かれる

自然体な人は気難しい人にも好かれます。

職場を牛耳っているお局さんのような人からも、あだ名で呼ばれるなんてことも珍しくありません。

その甲斐あって、得な役割が振られたりするのです。

そもそも気難しい人というのは、周囲の人に自分が受け入れてもらえていないと感じていることが多いです。

前章でもお話ししましたが、お世辞を言われる不快感などもこの手のタイプの人が一番よく分かっていることでしょう。

そのような人にとって、ありのままの自分を受け入れてくれる自然体な人というのは、本当に貴重な存在であることは簡単にイメージできますよね。

そのため自然体な人は職場の気難しい上司とも上手くやっていくことができるんです。

何を言っても許される

自然体な人は、たとえ失礼なことを言っても笑って許されることが多いです。

芸能人でいうと、ローラさんなんかが典型的なタイプといえます。

大御所芸能人でも、ローラさんにならタメ口で失礼な事を言われたとしても笑って許しちゃってますよね。

それは彼女には、他人を攻撃しない穏やかさがあるからです。

たとえ失礼なことを言っても、そこに悪意がないことが手に取るように分かりますし、失礼なことを言っても相手の存在を否定するようなことは言いませんよね。

相手の存在は肯定した上で、自分の思ったことを素直に言っているから許されるのです。

このように、自然体な人は思った事を素直に言っても許されるという特権を持っているのです。

人間関係の摩擦が少ない

自然体な人は、本人自体がどんな人のどんな言動も「そんなこともあるよね~」という具合にスーッと流すことができるので、人間関係の摩擦が生じません。

人間関係の摩擦が生じる時というのは、人間の「こうあるべき」と他人の「こうあるべき」が衝突した時に生じるのが基本。

そのため片方だけでもスルーすることができれば、衝突というのは起きないのです。

そして自然体な人は、相手の言動も一つの考えとしてスルーすることができているので、人間関係トラブルに巻き込まれにくいのです。

人間関係のトラブルに巻き込まれないというのは、自然体な人の一番の特権ともいえるのではないでしょうか?

ストレスが少ない

自然体な人は「~あるべき」という固定概念を持っていないのでストレスが少ないです。

多くの人が、自分の中の「こうすべき」「こうあるべき」という固定概念に縛られています。

そしてその縛りによって大きなストレスを抱えているのです。

この「~すべき」という縛りがない自然体な人は、状況に応じで柔軟に対応しているためストレスを感じにくいのです。
【スポンサーリンク】



みんなに愛される自然体な人になる5つの秘訣

自然体な人が普段いかに得をしているのか、そしてストレスが少ないのかは分かっていただけたでしょうか?

このような自然体な人になるには日頃からちょっと意識するだけで簡単になることができます。

では、次に自然体な人になるための秘訣についてお話していきますね。

自分のことを認めてあげよう

まずは自分のことを認めてあげましょう。

良い所も悪い所も含めて自分。

自分のことを認めることができるからこそ、見栄をはる必要もないし、他人を攻撃したいという感情も起こらないのです。

言い換えれば、自分を認めてあげることができない間は、嫉妬心や相手を引きずり下ろしたいという意地悪な気持ちと決別することは難しいといえます。

誰だって長所もあれば短所もある。

短所もあっての自分なんだということをまずは認めてあげてください。

自分を認めることができれば自然と他人を認めることもできるようになりますよ。

自分は自分、人は人と受け止めよう

「自分は自分」「人は人」と考える習慣を作りましょう。

誰かとコミュニケーションをとっている時に、自分の思っていた反応が返ってこない時ってありますよね。

・電車の席を譲ったけどけげんそうな表情で断られた。

・同僚の仕事を手伝ったのにありがとうと言われなかった。

そのような時にムッとなってしまうのは、あなたの中の「私ならこうするのに」という感情があるからです。

「私ならお礼を言うのに」

もちろんあなたの考えが正論な時もあるでしょう。

しかし、あなたのした行いに対して相手がどのように感じるかは相手の自由でもあります。

あなたが良かれと思ってしたことでも、相手にとってはありがた迷惑ということだってあります。

・仕事を手伝ってもらったけど、自分の成長のために自分で成し遂げたかった。

・他の人に手伝ってもらうところをお局にみられていて、あとで嫌味を言われた。

そのようなことってよくある話です。

そのような人に「これだけしてあげたんだから、ありがとうって言ってよ」責める方が横暴ですよね。

もちろんあなたが良かれと思ったことを、行動に移すことは素敵なことです。

ただ、あなたの行いを相手が喜ぶかどうかは相手次第だということを忘れてはいけません。

自分の行いと、それを受けた相手の感情というものを分けて考えることができれば、自分の想像と違った反応が返ってきてもムカつくという感情は生じなくなります。

「こんな人もいるのね」とスルーできるようになり、結果的に人間関係の衝突を回避できるようにもなるのです。
【スポンサーリンク】



自分の常識≠他人の常識を理解しよう

自分の常識が、他人の常識とは限らないということも理解しておきましょう。

常識というのは、自分のこれまでの人生経験によって作られた一つの世界観でしかありません。

たとえば裕福な家庭で代々中学受験が当たり前の家庭なら、中学受験をすることが常識だと思っているでしょう。

またゴミの分別が厳しい自治体に住んでいる人と、分別が特にされていない自治体に住んでいる人とでは、ゴミの出し方に関する常識は180度違います。

このように常識というのは、これまでの人生で積み重なった認識でしかありません。

当然のことながら、これまで生きてきた人生はみんな違いますよね。

そのため人の数だけ常識というものが存在しているのです。

そのことを知らずに自分の「~すべき」「~あるべき」を相手に求めると相手は息苦しさを感じるようになります。

そのような関係性では相手に安心感を与えることができないため、人間関係もギクシャクとしたお世辞だらけの関係になってしまうのです。

そうならないためにも、自分のこれまでの「~すべき」という固定概念を壊してみてください。

方法としては、他人の言動に「はぁ?」と思った時は「こういう考え方もあるのね」と自分に言い聞かせてみましょう。

そうするだけで相手を見る目が変わってきますよ。

物事をポジティブに捉える習慣を身につけよう

物事をポジティブにとらえる習慣を身に付けましょう。

もし、普段から「あの人はずるい」「あの人はすぐにサボろうとする」など、他人を否定的に捉えやすい自分がいるのなら、自分の物事をみるフィルターがネガティブなのだということを受け入れましょう。

物事はコインの裏表と一緒で、長所もあれば短所もあります。

なのでネガティブな感情が出てきたときは、そのことに対してポジティブな側面を探してみてください。

「この人はいっつもいい加減!本当にむかつく!」と思った時は「忙しかったのかな?正しい方法を教えてもらってないのかな?」など色んな面から物事をみてみるだけでも物事の受け止め方が変わってきます。

また「この人はいい加減だけどそのおおらかな性格が職場の空気を和ませているんだ」と個人の存在を認めることもできるようになりますよ。

そのような視野の広い人間になることができれば、自然とイライラすることがなくなっていきます。

自分の気持ちを素直に伝えてみよう

自分の気持ちを素直に伝えてみましょう。

相手の顔色を伺いながら返事をするのではなく、

・自分がどう感じたか。

・自分はどうしたいのか。

そこを基準にしながら、相手に伝えることを意識してみてください。

常に自分を基準にすることで、あなたの言動に一貫性が生まれます。

そして一貫性のある人というのは、「この人は裏表がないんだな」と周囲の人からも信頼を得ることができます。

自然体な人というのは常に自分を基準にして相手に伝えているのですが、それは自分自身ストレスが少ないだけでなく、周囲の人からの信頼を集める行為にもつながっているのです。

他人の目を気にするのではなく、自分を基準にして思いを伝える。

それが自然体な人に近づく第一歩だと思って取り入れてみてくださいね。

「自然体になるのって難しい」と思ったら、、、

これまでの文章を読んで、「自然体な人にはなりたいけど、難しそう。」と思われたなら、自分のセルフイメージをしっかりと持つところから始めましょう。

あなたはどんな人間になりたいですか?

いつもピリピリ苛立ってて、人の悪口ばかり言っているような人になりたいですか?

それとも、いつもおおらかで多少のことがあっても動じず平常心な人になりたいですか?

毎日、なりたい自分をイメージしていきましょう。

「自分はもっとおおらかな人間になるんだ」「柔らかい人柄の人間になるんだ」

そのように念じながら、自分のなりたいセルフイメージを持っていると、自然とその姿に近づいていくことができます。

実際に、私も常にセルフイメージを意識していますが、このセルフイメージを持つようになってから怒ることが劇的に減りました。

納得できないことがあった時には、自分のありたい姿を思い起こすことで冷静さを取り戻し「自分がなりたい自分はどう対応するだろう?」と自分に問いかける習慣を作ったんです。

その繰り返しをしていると、ちょっとやそっとのことでイライラすることはなくなりました。

セルフイメージを持つだけで、自然と自分のなりたい自分に近づいていけるのでぜひやってみてくださいね。

さいごに

自然体の人は自分も他人も認めることができているので、いつも精神的に落ち着いていて穏やかです。

その穏やかさに多くの人が引き寄せられ、そしてみんなから愛されているのです。

ぜひあなたもそのような自然体の人になって、あなた自身が生きやすい環境を作っていってくださいね。

転職サイト選びに悩んだら

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です