女ばかりの職場で平穏に過ごすための処世術

職場のいじめは仕返しよりOO!相手が最も嫉妬する効果的な方法とは?

職場でいじめにあっている時って、心の中でアイツに仕返ししたい!黙らせてやりたい!と思いますよね。

・私だけ挨拶を無視される。

・何かと揚げ足をとって嫌味を言ってくる。

・「仕事できない」とバカにしてくる。

職場でそのような陰湿ないじめにあっていると、相手に仕返ししてやりたいという気持ちが芽生えてくるのも無理はありません。

大人になってまでいじめをする人って、ほんっとムカつきますよね。

ただこのムカつくという感情のままに相手に仕返しをしても状況が良くなることはありません。

相手の方が先輩の場合、むしろあなたの置かれている状況が、さらに悪くなることもあるでしょう。

ここでは職場でいじめをしてくる人に直接仕返しするのではなく、少し違った角度からアプローチすることで、相手に「ざまぁみろ」と言ってやれる方法を紹介します。

この方法を取り入れた方が、あなた自身も幸せになることができ、そして一番イジメてくる相手に悔しい思いをさせてやることができますよ!

仕返しをしてもあなたは幸せにはなれません。

職場でいじめをしてくる人に対して仕返しをしても、あなたの気持ちが報われることはありません。

職場でひどい嫌がらせを受けていると、嫌がらせをしてくる人に対して、

「大っ嫌い!」

「世界で一番憎い!」

「顔も見たくない!」

「マジで消えて欲しい!」

そのような気持ちがフツフツとわいてきますよね。

「一回でいいからギャフンと言わせてやりたい!」

「私の苦しみを思い知らせてやりたい」

その気持ちは痛いほど分かります。

しかしどんなに憎い相手でも、仕返しをしたところであなたは幸せにはなれません。

むしろ、更なる嫌悪感に襲われます。

なぜなら「仕返し」というマイナスの行為はあなた自身の自己信頼を傷つけてしまうからです。

仕返しをしたその瞬間はスカッとするかもしれません。

しかし時間をおいて冷静になった時、自分自身が行った行為が非人道的であったということに気付き、あなた自身が傷ついてしまうんです。

「なんか私って最低な人間だな」と自分を責めてしまうようになるんです。

またあなたが仕返しをしている姿を見ていた周囲の同僚たちからも、距離を取られるようになります。

同僚の中にあなたの理解者がいたとして、その人に「○○先輩に仕返ししてやりたい」という話をしたとします。

その時はその同僚も「やったれ!やったれ!」というかもしれませんね。

しかし、あなたが本当に行動に移したら、その同僚はどう思うでしょうか?

おそらくほとんどの人が「本当にやったな。この人の本性はヤバそうだな。」と受け止めるでしょう。

普段どんなに理不尽なことをされていようと、相手に「攻撃」という形で仕返しをすると、一瞬で「いじめをしている人と同レベル」というレッテルを貼られてしまうんです。

そうなるとあなたの評価はガタ落ちです。

そのような理由からも仕返ししてもあなたは幸せにはなれないのです。

仕返しをしたらいじめる人と同類になります。

先程も少し触れましたが、仕返しをすればいじめてくる人と同類の人間になってしまいます。

「私がどれだけひどい思いをさせられてきたと思っているの!?」

「たった一回の仕返しで同類扱いしないで!」

と思うかもしれませんね。

しかし<自分の思い通りにならない時は攻撃することで対処する>という思考回路は、いじめをしてくる人と同じといえます。

もちろん、いつも理不尽なことをしてくる相手が憎いというのは痛いほど分かります。

しかしだからこそ、世界一憎い人のためにあなたの手を汚してほしくないのです。

憎い人に傷つけられた末、自分自身で自分を傷つけてしまう。

そしてあなたが周囲からの信頼を失ってしまう。

まさに仕返しは<自爆>でしかないのです。

周りの同僚は何も分かっていないようで、よく人間を見ています。

なのであなたをいじめてくる人の本性も実は周囲は気づいているものです。

いじめてくる人も自分で自分を傷つけ、自分の知らないところで周囲からの信頼を失っているのです。

いわばいじめてくる人間というのは、すでに自爆しているのです。

なのでわざわざ仕返しをして、いじめくる人と同類に成り下がらないでください。
【スポンサーリンク】



いじめる人が一番悔しがる仕返しとは?

先程の説明に対して「納得できない!やっぱり一回くらいは仕返ししてやりたい!」という人もいるでしょう。

そのような方にだけ、相手が一番悔しがる仕返しの方法をお教えしましょう。

そもそもなぜいじめをする人は人を攻撃するのかご存知ですか?

いじめをしてくる人は、自分自身に自信がないからいじめるんです。

自分に自信がないから他者を攻撃し、自分を優位に立たせることで自分に自信を持とうとする。

これがいじめの始まりです。

なのであなたをいじめている理由も単なるこじつけです。

時々、いじめをしている人が、

「○○さんの適当なところが悪い」

「キツイ言い方をさせる人が悪い」

「○○さんは、厳しくいわないと伝わらない」

という理由を言いますよね。

しかし、このような理由は事実ではありません。

いじめをする人は色んな場面をネガティブにとらえては、いじめるための理由を探っているのです。

同じことをしているのに他の人は怒られなくて、あなただけは怒られるなんてことありますよね。

それこそまさに典型で、いじめをする人はターゲットにした人間の揚げ足を常に探しているんです。

だから他の人が同じことをしても気づかないのに、ターゲットの行動だけは見逃さず、しかもすべてネガティブなとらえ方をして攻撃してくるんです。

本当に最低な人間ですよね。

ただ、この最悪な思考回路の根本にあるのは<自信のなさ>です。

ということは、自信のなさが相手の急所になるということです。

勘の良い人は、ここまでの話で気づいたかもしれませんね。

いじめをする人が一番悔しい思いをする仕返しの方法。。。

いじめる人には仕返しではなく見返してやろう!

いじめをしてくる人間には仕返しではなく、見返してやりましょう。

・素敵な彼と結婚する。

・転職して今より素敵な会社で働く。

・趣味に打ち込んで<好き>を仕事にする。

・海外に移住して自由に生きる。

どのような手段でもいいです。

あなた自身が幸せな人生を歩んで、キラキラ輝くこと。

相手はそれが一番は悔しいんです。

なんせあなたが幸せになればなるほど、相手は自分の<自信のなさ>をさらに強調させられた気持ちになるのですから。

仕返しを考えるよりも「見返してやろう」と考える方が、あなた自身が幸せになれて、かつ本当の意味での仕返しもできちゃうんですよ。

今日からできる!アイツを見返す方法

職場のいじめをしてくる人を見返してやりたかったら、転職して今の職場よりももっと条件のいい職場に転職してしまいましょう。

あなたが、

・今の職場よりも年収が高くなる。

・今の会社よりも大手で有名な会社で働く。

そうなった時、いじめてくる人はどんな感情を持つでしょうか?

120%悔しいっっ!!って思うでしょうね。

それこそが一番の仕返しといえます。

また、このような転職はあなたにとってプラスなことばかります。

まず転職することで、いじめてくるアイツから離れることができます。

そして今よりも給料が上がったり、休みが増えたりと労働条件が良くなります。

そしてそして、極めつけにいつもいじめてくるアイツに悔しい思いをさせてやることができるのです。

「でも、転職といっても今よりも給料の高い職場に転職なんて無理でしょ?」と思いましたよね?

実はリブズキャリアというキャリア女性専門の転職サイトに登録すると、年収400万円以上の非公開求人を紹介してもらえるんです。

【↓↓↓リブズキャリアはこちらから登録できます。】

実際にリブズキャリアはメルカリ、LINE、楽天といった有名企業とも提携しています。

普通に転職活動しているだけでは、メルカリやLINEに就職するなんて不可能ですよね。

だけどリブズキャリアに登録して転職活動をすれば、このような大手企業に就職できる可能性を手にすることができるんです。

あなたがメルカリやLINEに転職することになったら、いつもいじめてきていたあの人はどんな顔をするのか想像してみてください。

むちゃくちゃ悔しいと思うでしょうね。

・今よりももっといい会社に転職して、アイツを見返してやりたい!

・「ざまぁ見ろ」と言ってやりたい!

そのようなエネルギーは、ぜひとも自分にとってもプラスになる方法に使いましょう!

【↓↓↓リブズキャリアはこちらから登録できます。】

さいごに

いじめてくる人に対しては仕返しをするよりも、相手を見返してやるくらい幸せになってやる方が効果てきめんです。

いじめをする人は自分に自信がないから、誰かを自分の下に位置づけすることで安心感を得ようとしているのです。

なので、あなた自身が自分らしくのびのびと生きれば生きるほど、相手は自分のコンプレックスを思い知らされるのです。

そのためいじめてくる人に対しては、仕返しの方法を考えるのではなく、見返してやるくらい自分が幸せになれる方法を考えましょう。

その方法の一つとして、今の会社よりも好条件で有名な会社に転職するというのもいいでしょう。

【↓↓↓リブズキャリアはこちらから登録できます。】

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です