女ばかりの職場で平穏に過ごすための処世術

職場のいじめ解決は相談から始まる!悩みがズバッと解決する7つの方法

職場の同僚や先輩からのいじめに悩みを抱えている場合、誰に相談したらいいのか悩みますよね。

「これをいじめと言っていいのだろうか?大げさな人って思われないかな」

「職場の人に相談して、もっと状況が悪化したら嫌だな」

「誰を信用していいのか分からない」

色んなことを考えた結果、誰にも相談できず1人で悩んでいるなんてことはありませんか?

職場のいじめはとても陰湿で根深いので1人で解決できるものではありません。

また1人で我慢した結果、心身の病気になってしまったという人も沢山います。

なのであなたも絶対に1人で抱え込むなんてことはしてはいけません。

ここではあなたが「職場の人間関係が辛い」と感じた時に、ぜひ相談場所として取り入れてほしい7つの場所を紹介しています。

これらの場所から一番相談しやすいと感じたところに相談してみてください。

誰かに相談することは、現状を改善するきっかけになるので、勇気を出して誰かに相談しましょう!

まずは自分がいじめということに気付こう!

職場のいじめ問題を解決するためには、あなた自身が<自分はいじめを受けているんだ>と気づくことが重要です。

職場でいじめを受けていたとしても、あなた自身が「これはいじめだ」と確信がもてないという場合は多いのではないでしょうか?

いじめを受けていたとしても「できていない自分が悪いんだから仕方ない。」と、きつく言われる原因を自分の責任だと思ってしまったり「先輩は自分のために言ってくれているんだ」と先輩を正当化してしまったりしている人がとても多いのです。

あなたは大丈夫ですか?

もしそのような点に心当たりがある場合、本当は今の状況が辛いのに「これをいじめと表現するのは先輩に失礼だ」とか「これをいじめと言ったら、自分が弱い人間みたいだ」と思ってしまい、誰かに相談することをためらってしまいますよね。

また「いじめられている自分」というのを認めるのも勇気がいるものです。

多くの人がいじめられる=「みじめ」「弱い」と思っており、そのような自分を認めたくないと思ってしまうのです。

しかしあなた自身が「いじめを受けている」ということを認めることができなければ、あなたが今置かれている状況をよくすることができません。

1人で職場のいじめを解決するのは至難の業。

誰かの力が必要になります。

そして誰かの力を借りるためには、あなたがまず誰かにSOSを出さなければいけません。

そのためまずはあなた自身が「辛い」と感じているのなら、その「辛い」という感情を素直に認めましょう。

あなたが「辛い」と感じているのなら、それは「いじめ」なのです。

友達・家族

「職場の先輩が自分にだけキツイんだよね。」

「同僚のみんなに、仲間外れにされている気がする。」

そのような悩みは、まずは友達や家族などあなたの身近な人に相談してみましょう。

あなたの身近にいる家族や友人はあなたの一番の理解者です。

みんなあなたに何かあれば絶対に助けてたい!と思ってくれています。

だから安心して今の悩みを打ち明けてみましょう。

友達や家族は職場の人間ではないので、直接的な援助はできません。

しかし、誰かに打ち明けることで確実にあなたの心は軽くなります。

また「こんな人にはこう対応した方がいいよ」といったアドバイスがもらえることがありますし、「私もこういう経験あるよ」と共感してくれることもあります。

「友達も同じことで悩んだことがあったんだ」と思えるだけでも、少し心が救われたような気持ちになります。

だから「友達に話したところで解決するわけじゃないし」と見切るのはもったいない。

あなた1人では気づかなかった対処法を教えてもらえるかもしれないですし、何より自分の悩みを吐き出すことはあなたの心の健康を維持するためには必要不可欠です。

なので「誰に相談したらいい分からない」という悩みは、まずは友達や家族に相談してみましょう。

家族や友人なら、職場内で変な噂になることもないので、そのような点においても安心ですね。

同僚

職場の仲の良い同僚に相談してみるのもいいでしょう。

職場のいじめにあっていると、周り全員が敵のように見えてしまいますよね。

親切にしてくれる人にさえ、「この人も影で私の悪口を聞いて笑っているんだろうな」なんて思ってしまいますよね。

でもね、私はこれまで4か所の職場を経験し、何度も<いじめ>と言えるシーンをみてきましたが、本当に嫌な人ってごく一部しかいないんです。

10人の人がいたとしたら3人がいじめの主犯格、4人が違和感を持ちながらも流されている人、3人が「こんなのおかしい」と思っている人というような割合です。

なので「こんなのおかしい」とイジメをしている人にいきどおりを感じている人に相談するようにしましょう。

必ず親身に相談に乗ってくれます。

この3人の人は、人知れず上司にいじめの現状を報告してくれていることもあります。

「でも、誰を信用して良いのか分からない」

いざ相談しようと思っても、誰が信用できる人なのか分からないと相談しようがないですよね。

どのような人が信用できる人なのかの見極め方についてはこちらの記事でまとめていますので、こちらを参考にしてください。

【スポンサーリンク】



上司

「職場の人間関係の悩みなんて上司に相談できるわけがない。もう子供じゃないんだから」と思ってしまいますよね。

でもそれは間違いで、決してそんなことはないんですよ。

管理職というのは、職員の職場環境を整えるのも大事な役割の一つなんです。

これは労働契約法でも<労働者の安全配慮の義務>として定められています。

そのため、職場内のいじめというのは管理職である上司にとって、きちんと対処すべき問題なんです。

上司に相談するといじめてくる人に直接指導してもらえるだけでなく、シフトをずらしてもらったり、チーム編成や教育係の変更などもしてもらえます。

またあなた自身を他部署に異動させてもらえたり、逆にいじめている人を他部署に飛ばしてもらうこともできます。

とくにいじめてくる人がいじめの常習犯だった場合は、上司も以前から手を焼いていた可能性もあり、他部署に飛ばしてもらえる可能性が高いです。

そのような措置をとってもらえるため、

・同僚から無視されている。

・先輩が明らかに自分にだけ冷たい。

・自分だけ残業させられている。

といった内容は上司に相談しましょう。

もし直属の上司から嫌がらせを受けているという場合は、さらに上の上司に相談したっていいんです。

とくに女性ばかりの職場はいじめが起きやすいのですが、上司もそのことを理解している場合が多いです。

そのため上司自身も周囲の人間関係をよく見ていたり、職員1人1人のメンタルに気を配っているということも少なくありません。

なので勇気をだして上司に相談してみましょう。

もしそこで「そんなこと言われても知らないし」なんていうクソ上司に当たってしまった場合は、次の章で紹介する労働局や法テラスなど外部にSOSを求めましょう。

各都道府県の労働局

労働局では専門の相談員が相談に乗ってくれます。

そしてあなたが労働局に申請すれば、労働局は会社に対して「指導・助言」もしてくれます。

会社は、

・自分の会社のイメージを悪くしたくない。

・労働局に関与されたくない。

という気持ちがあるため、あなたから相談した時は相手にしてくれなかったという場合でも、労働局に指導された場合はすぐに対応してくれます。

労働局は指導、助言を行いますが、解決は当事者同士で行うことをうながします。

しかし当事者同士で解決ができない場合は、労働局が会社とあなたの間に入り、円満に解決できるように調整してくれます。

なので、

・上司が自分の話を全然聞いてくれない。

・対応しようとしてくれない。

という場合は勇気を出して労働局に相談してみましょう。

また労働局に相談しても、あなたが話したは内容は守秘義務によって守られるので、労働局に相談しにいったということは会社にはばれません。

また指導や助言をしてもらう際も、あなたの名前を匿名にしてもらうこともできます。

なので安心して相談してみましょう。

注意:労働局に相談する際は、いじめにあっているという証拠を求められる場合がありますので、日頃から「いつ、だれに、何をされた/言われた」などは記録しておきましょう。

また、可能なら音声の録音もしておくといいでしょう。

都道府県の労働局を検索する

法テラス

法テラスとは国が設立した法的なトラブル解決の総合案内所です。

法テラスに相談すると、法律の専門家が無料で相談に乗ってくれます。

そして、あなたの話を聞きながら適切な窓口へとつないでくれます。

先程の労働局と同様に、外部の人間に入ってもらうことで、解決までのスピードが一気に加速します。

はじめて利用する場合はとても勇気のいることだと思いますが、一日でも安心で楽しい日々を取り戻すためにも、この瞬間だけ勇気を振り絞ってみてくてください。

そうすることで、だれかがあなたに手を差し伸べてくれます。

そしてあなたの今置かれている現状から助け出してくれます。

あなたの周りには沢山の味方がいるということを忘れないでくださいね。

法テラス

【スポンサーリンク】



心療内科

もしあなたがいじめによって、

・夜も眠れない。

・食事もとれない。

・常に憂うつ感がある。

という場合は、うつ病などになりかかっている可能性がありますので、心療内科に相談しましょう。

心療内科を受診することに対して「私はうつなんかじゃない」「診療内科になんかかかりたくない!」と偏見を持っている人もいますが、心療内科に対して身構える必要はありません。

ストレス社会の現代では、不眠症や食欲不振といった症状に悩まされているサラリーマンやOLの方も多く受診されています。

なので深く考えすぎずに心療内科に相談してみましょう。

心療内科に相談することで、今あなたが抱えているストレスをしっかりと聞いてもらえいます。

そして必要に応じて眠剤や抗うつ剤などの薬を処方してもらえますし、医師が「休養が必要」と判断した場合は診断書を書いてくれます。

会社のいじめによって生じたうつ病と認められた場合は、労災保険から給料の8割程度が補償されます。

いじめによるうつ病は、まずイジメてくる人との接触を無くすことが非常に大切なので「仕事を休んだら生活できなくなる!」と言って無理に出勤することのないようにしましょう。

職場でうけているいじめの内容や、あなたの症状、経済状況など、今の悩みを打ち明ければ医師が良い方向になるように調整してくれますよ。

それでも無理なら退職してしまおう!

「相談してみたけど、何も改善されない」という場合は、思い切って退職してしまいましょう。

職場のいじめというのは非常に根深く、簡単に解決できるものではありません。

いじめをしてくる人というのは、「自分は悪くない。こんなことをさせる相手が悪い」という具合に根っから自分を正当化している場合も少なくないのです。

そのため上司に注意されても変わらない人はいつまでも変わりません。

もしいじめてくる人がそのような人間だった場合は、あなたが退職してしまいましょう。

退職してしまえば、いじめてくる人とも簡単に縁を切ることができます。

人間関係の悩みがなくなると、これまで嫌でたまらなかった仕事が嘘のように楽しく感じられるようになるんですよ。

一度しかない人生なんですから、いじめに耐えるなんてもったいないです。

一日でも早く現状から抜け出してあなたらしく輝ける場所にいきましょう。

いじめが原因の退職は<逃げ>ではありません。

問題解決のための対処法の一つです。

いわば<攻め>です。

だからあなたに根性がないわけでもないし、情けなくもありません。

むしろ問題に対してきちんと対策をうてる強い人間なんです。

だから<退職=逃げ>なんていう思い込みをしているのなら、そのような思い込みは即捨ててくださいね。

また次の仕事が見つかるか不安で退職できないという場合は、退職前に次の職場を決めておくと問題ないですよね。

実際に、退職していなくても就職活動はできます。

あなたは<リブズキャリア>という女性専門の転職サイトをご存知ですか?

リブズキャリアは年収400万円以上の正社員の非公開求人を多数そろえています。



リブズキャリアは<メルカリ><楽天><DeNA>といった有名企業とも提携しているので、タイミングが合えばそのような大手企業の求人へも応募できる可能性があります。

もちろんあなたが<どのような職場で働きたいか>という希望も聞いてくれますし、人間関係で辛い思いを経験したことがあるという話をしたら、そのような点も考慮してあなたにぴったりの会社を紹介してくれます。

このようにリブズキャリアはサービスが充実しているので、「転職したら給料が下がるのが不安」という人こそリブズキャリアを利用しましょう。

もちろんリブズキャリアの登録、利用は無料です。

ぜひリブズキャリアで転職先を確保して、今いる辛い現状から抜け出しましょう。

そして今よりもうんと幸せになって、これまでイジメてきた人たちを「ざまぁみろ!」と心中で笑ってやれるくらいの人間になりましょう!

リブズキャリアに登録したからといって、必ず転職しなければいけないというわけではありません。

そのため念のためにリブズキャリアに登録してみたけど、結局いじめてくる人が他部署に異動になったから転職する必要がなくなったという場合も何の問題もありません。

なので状況を改善できなかった時に備えて登録しておくのもいいでしょう。


さいごに

職場のいじめに悩んでいる場合、1人で抱えていてはいけません。

必ずだれかに相談しましょう。

相談すると、あなたの心が軽くなるだけでなく、自分では思いつかなかったアドバイスがもらえたり、直接的なフォローをしてもらえたりと沢山の助けを借りることができます。

いじめられていると、自分の周りは全て敵のように見えてしまうかもしれませんが、けっしてそんなことはないんです。

あなたのことを気にかけて、心配してくれている人もいます。

あなたがSOSを出せば、全力で助けたいと思ってくれている人もいます。

だからもっと周りに甘えてください。

誰かを頼ってください。

そうすうことで未来が明るい方向へと舵をきりはじめます。

職場でいじめにあった時にあなたの相談にのってくれる7つの場所

  • 友達・家族
  • 同僚
  • 上司
  • 各都道府県の労働局
  • 法テラス
  • 心療内科
  • 転職サイト

 

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です