20代女性の理想が叶う転職サイトランキング

【職場のいじめ対策7選】先輩にいじめられるどころか好かれる方法

過去に職場でいじめにあったことがある場合、転職する際に一番不安なのが新しい職場の人間関係ですよね。

きっとあなたも、

「もういじめになんかあいたくない!」

「変な人間関係で悩みたくない!」

という思いで悩んでいるのだと思います。

ここでは転職先でもういじめの被害者にならないために事前にできる対策を紹介しています。

本文を読めば、

・職場の先輩に目をつけられないためにはどうしたらいいか。

・変な噂を流されたり、誤解されたりしないためにはどうしたらいいか。

ということを知ることができるため、もういじめ被害にあうことはありません。

もう二度と人間関係で苦しむことがないように、万全の対策をして新しい職場に飛びこみましょう!

【↓↓↓すでにいじめの悩みを抱えている方は、こちらをお読みください。】

職場の陰湿ないじめ対処法!いじめは戦わずにして解決できます!

笑顔&挨拶を心がける

常に笑顔ではっきりと挨拶するように心がけましょう。

心理学では単純接触効果といって、繰り返し接触回数を増やすと相手に対して好感度が増すという効果があります。

そのためいじめられないようにするためには、相手と接触回数を増やし好感度を上げておくことが効果的なんです。

「そうはいっても嫌すぎて接触したくない」

接触回数を増やすためといっても、無理に相手に合わせるのもしんどいですよね。

そのような人でも、挨拶だけなら相手の顔色をうかがう必要もありません。

また女性というのは相手の愛想の有無、話し方、表情などをよく見ています。

そして自分が「なんなのこの人?」と思った人に対して敵視します。

そのような状況を防ぐためにも、常に笑顔を心がけ<感じのイイ人>を演じましょう。

<イイ人>になるのはしんどいですが、<感じのイイ人>なら常に笑顔と挨拶を心がけるだけで、誰でも簡単になることができます。

そしていじめ被害者にならないためのバリアを貼るのにも効果抜群なので、笑顔&挨拶を絶やさないようにしましょう。
【スポンサーリンク】



素直な対応を心がける

相手の話は素直に聞くように心がけましょう。

女性の職場でいじめにあう理由の中で一番多いのが、【素直に相手の話を聞けない人】です。

もちろん本人の本当の気持ちはどうかは分かりません。

ただ、教えている側が「この人は素直に聞いていない」と受け止めた時に、一部の女性軍団から攻撃が始まるのがお決まりのパターンです。

では、どのような時に「素直に聞いていない」と受け止められてしまうかというと、

・「やってみる?」と聞いた時に、興味を持たないor「できるのでいいです」と断る。

・「勉強しておいて」と言ったのに、してこない。

・締め切りや時間を守らない。

・言葉の節々に謙虚さが欠ける。例:「これ、しといてください。」「私、知りません。」といった発言をスパンっと言うと誤解されます。

・説明している時にメモを取らない。それなのに同じことを何度も聞いてくる。

・質問した時に、黙り込んで返事が返ってこない。

・目を合わさない。

・態度が生意気。

こういった態度は、女性の逆鱗に触れるので要注意です。

自分は一生懸命、あいての話を聞いているつもりでも、このような態度を無意識にしてしまっていると確実に誤解されます。

女性というのは言葉の表現ひとつとっても、変にひん曲げて受け止めてしまう人が多いんです。

そのため大げさなくらいに「素直に聞いてます!」という姿勢で臨みましょう。

オドオドしない

どんなに高圧的な態度をされても、オドオドしてはいけません。

ましてや下を向いてだんまりを決め込むなんてことをすると、その瞬間から標的にされてしまいます。

高圧的な人、攻撃的な人というのは、自分よりも下に人間を作ることで自分に能力があるように感じたいという人です。

そのためあなたが動揺してオドオドしていると、相手からすると「ちょうどいい獲物」になってしまうんです。

なので時に攻撃的な言い方、高圧的な言い方をしてくる人がいますが、そのような人に当たった時は平静を装って冷静に対応しましょう。

突然のことで頭が真っ白になってしまった時は、「落ちつけぇ」自分に言い聞かせながら「はい」「そうなんですね」と相手の話に相槌を打つようにしましょう。

相槌をうつだけなら頭が真っ白になっててもなんとかできるものです。

なので間違っても、オドオドして黙り込んでしまうということのないようにしましょう。

文句・悪口は絶対に言わない

自分が悪口を言われたくなければ、自分自身が文句、悪口を言わないことが鉄則です。

話を聞いている側としては、文句や悪口を聞いていると疲れてくるし、気持ちのいいものではありません。

そのため文句や悪口といったネガティブな言葉は、一緒にいる人間からすると「あなたは悪口を言う人」「信用できない人」といったネガティブな印象を与えてしまうんです。

それだけでも自分の立場がマイナスにかたむきますし、女性の職場の場合は沢山の噂が流れる場所でもあります。

そのためあなたの文句や悪口が、どのような形で当事者に回るか分からないのです。

普通に「○○(あなた)さんが、あなたのことミスが多すぎるって怒ってたよ」と、本人に言っちゃう人もいますからね。

そうなると、あなたが一気に悪者になっていきます。

職場でいじめにあわないためには【さわらぬ神に祟りなし】が鉄則。

文句、悪口を自ら言わない。

そうするだけで、意外と簡単に平穏に過ごせるんです。

プライベートの話はしない

むやみに自分のプライベートの話をするのは避けましょう。

というのも、女性は自分よりも幸せな人に嫉妬をする生き物なので、どこで嫉妬の原因を作ってしまうか分からないからです。

そしてその嫉妬がいじめの引き金を引くケースが非常に多いんです。

たとえば、

・給料が自分よりも高かった。

・有休消化率が自分よりも高い。

といった仕事上の待遇は非常に危険ですし、

・実家が裕福だった

・彼氏がハイスペックだった

といった仕事と全然関係ないところでも、嫉妬する人はしてきます。

嫉妬によって敵を作ってしまうと後が面倒で、変な噂を流されたり、自分だけ攻撃の的になってしまったりするんです。

そのような状況を避けるためにも、自分のプライベートな話をむやみやたらに話すのは避けましょう。

相手の顔色をうかがわない

相手の顔色を過度にうかがって、自分の意見を変えるなんてことはしてはいけません。

相手の顔色をうかがって返事をしていると、その場その場で対応が違ってくるので結果的に誰からも信用されなくなってしまうんです。

よくあるのが、残業嫌いなAさんには「残業が当たり前の働き方なんてやめていきましょうよ」と言っているのに、いつも残業しているBさんには「私もBさんを見習って、もっと頑張ります」なんて言っているパターンです。

このように相手の性格や考え方に合わせて自分の意見をコロコロ変えてしまっている人がいるのですが、周りの人からすると意見に一貫性がないのがバレバレです。

相手によって意見を変える人の話なんてだれも信用しませんし、褒められても「嘘くさい」と一蹴されるのがオチなのです。

なので人の顔色をうかがって意見するというのは、何のメリットもありません。

大事なのは自分がどう考えるかです。

自分がどう思うかという軸はしっかり持ちながら、相手が嫌な受け止め方にならないように言い回しを注意する。

これが大事なんです。

なので今回の例でいうと、あなた自身も残業を無くしたいと思っているなら、いつも残業しているBさんに「たまには帰りましょうよ!疲れちゃいますよ!」という風に相手の体調を気遣いながら「残業なくしていこうよ」というメッセージを伝えるのです。

そうすれば相手も嫌な感じで受け止めることはありません。
【スポンサーリンク】



人間心理を駆使して愛されキャラになる方法

あなたの周りにも、なぜか先輩に好かれる愛されキャラっていませんか?

・ミスしてもその子だけは怒られない。

・いつも丁寧に教えてもらっている。

・先輩たちから、いじられて可愛がられている。

っていう人っていますよね。

職場でいじめにあわないためには、そのような愛されキャラになるのが得策です。

ところで、あなたは<愛されキャラ>って天性のものだと思っていませんか?

実はそれは間違いで、愛されキャラは天性のものではなく、誰でもなることができるんです。

なぜなら愛されキャラというのは、心理学的に相手に好かれるツボを押さえている人だからです。

もちろんあなたの友達は計算して好かれるツボを押さえているのか、たまたまそのツボを押さえているのかは分かりませんが、あなたも相手が好意をもつようになるツボを押さえていると簡単に愛されキャラになることができるんです。

最初にでてきた<単純接触効果>も相手に好かれるためのツボの一つといえますね。

このように心理学的に有効なツボを沢山知っている人が愛されキャラになれるのです。

こちらの記事では先輩に好かれる方法をまとめていますので、参考にしてみてくださいね。

さいごに

もういじめにあわないためには、あなた自身がいじめられない自分になることが非常に重要です。

大人になってからのいじめは、何もない所から突然始まることはありません。

いじめる側がいじめる理由を見つけるところからいじめが始まるのです。

ということは、いじめる側がいじめる理由を見つけられない自分になることで、いじめを回避することが可能になるんです。

ぜひ本文を活用していただき、職場で円滑な人間関係を築いてくださいね。

【↓↓↓すでにいじめの悩みを抱えている方は、こちらをお読みください。】

職場の陰湿ないじめ対処法!いじめは戦わずにして解決できます!

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です