女ばかりの職場で平穏に過ごすための処世術

職場の陰湿ないじめ対処法!いじめは戦わずにして解決できます!

職場で陰湿ないじめのターゲットになってしまったというあなたに向けて、今日からできる具体的な対処法を紹介します。

どこの職場にも、誰も口出しできないようなジャイアンみたいな人っていますよね。

その人に目をつけられたら最期、

・聞こえるように悪口を言われる。

・何をしても揚げ足をとられる。

・後ろ指を指して笑われる。

・他の人には怒らない内容でも、自分には怒鳴ってくる。

・自分だけ過重な業務を言われる。

このような仕打ちを受けることがあります。

これらは明らかに【いじめ】であり、【人権侵害】です。

なのであなたが耐え続ける必要なんてありません。

ただ、だからといってイジメっ子と面と向かって戦うなんて怖くてできませんよね。

ここではいじめが辛いけど、どうしたらいいのか分からないというあなたに向けて、事を荒立てることなくいじめてくる人と業務上の接点を無くす方法を紹介しています。

職場の人間関係が良くなると、今まで苦痛でしかなかった仕事が驚くほど楽しく感じれるようになりますよ。

ぜひ本文を参考にしていただき、今起きているいじめ問題を解決しましょう!

人間関係がいい職場かどうかを確認する超裏ワザ!転職で人生が変わる!

あなたが辛いと思ったら、それはいじめです。

相手が先輩であろうと上司であろうと誰であろうと、あなたが【辛い】と感じたなら、それはいじめです。

職場でのやりとりの中には、やられている本人は嫌だと感じているものの、周囲には【いじめ】だと認識されないことってありますよね。

とくに【指導という名のいじめ】は最悪で、嫌な上司や先輩が【指導】と言いながら過重な業務を負わせたり、「頭が悪い」「トロい」といった悪口をぶつけたりしてくることがあります。

これらは指導ではなく、明らかにいじめです。

しかし指導をしてもらう側という立場上【いじめを受けている】とはなかなか言い出せないですよね。

そのため、

「出来の悪い自分が悪いんだ」

「先輩は私のために言ってくれているんだ」

と、相手を正当化し、全ての責任を自分に向けてしまっている人もいるでしょう。

とくに真面目な人ほど、そのようにとらえてしまうと思います。

でも、もうそのような遠慮はやめにしましょう。

そしていじめている人間を正当化して、自分を責めるなんてことも絶対にしてはいけません。

いじめをしている本人たちは「自分たちは指導をしているんだ」と自分を正当化していますが、実際は陰で嫌がらせをした後のあなたの反応を談笑しているような最低な人間たちです。

そして他者に注意されようもんなら「私が悪者みたいに言われた!」と怒鳴り散らしているような人間です。

いじめをする人間というのは、絶対に自分の非は認めず、自分を正当化しながらストレス発散をしているんです。

そのような人間をあなた自身が正当化してはいけません。

職場のいじめ問題を解決するには、まずはあなたが自分はいじめ被害者なんだということを認識することから始まります。

相手が先輩だろうと上司だろうと、あなたが「辛い」と思ったなら、それはいじめであるということを忘れないでください。

相手の主張を真に受ける必要はありません。

相手の主張を真に受ける必要はありません。

職場のいじめというのは非常に陰湿です。

先輩という立場を利用し、【指導】といいながら相手を攻撃してきます。

「はぁ?そんなことも知らないの?」

「頭悪すぎるんじゃない?」

「同じことを2回も言わせないで」

「なに泣いてるの?意味わかんないんだけど。」

と、わざと相手が傷つくような言葉を選んで攻撃したり、「そんなこと自分で考えてよ」と突き放しながら、失敗したら「ちゃんと確認したの?」と言ってきたりしてきます。

こんなの全然指導じゃありません。

指導という名のいじめです。

そのような言葉を言われ続けると、「私ってそんなにダメな人間なのかな?」とどんどん自信をなくしてしまいますよね。

ここで注意してほしいのが、絶対にそのような嫌な先輩の言葉を真に受けてはいけないということです。

相手の言っていることは真実ではありません。

いじめをしてくる人というのは、自分に自信がないために誰かを攻撃し、自分を優位に立たせることで安心感を得ようとします。

なのであなたを攻撃している人も、あなたができていないから攻撃しているのではなく、あなたより優位に立つために色々な理由を作って攻撃しているのです。

だから自信を失う必要なんてありませんし、相手の主張を真に受ける必要だってありません。

こちらの記事ではイジメをする人の心理について、より深く解説していますので合わせてお読みください。

【スポンサーリンク】



いじめてくる人とは距離を取るようにしましょう。

あなた自身もイジメてくる人とは距離を取るようにしましょう。

気に入られるためにこびを売る必要なんてありません。

一生懸命頑張って認めてもらおうなんて思う必要もありません。

イジメてくる人というのは、どんなに頑張ろうと、どんなにいいことをしようと揚げ足をとってきます。

気を使って職場にお菓子を持って行ったとしても「センスが悪い」と言いだす人だっているくらいです。

このようにイジメてくる人というのは、出来事すべてをネガティブにしか見ることができないので、あなたが努力したところで改善できるものではありません。

「じゃあどうすればいいの?」

こういう場合の解決策として有効なのは、

【距離をとる】

これしかありません。

イジメてくる人との関りを業務上必要なやりとりのみにするのです。

職場のいじめというのは永遠に続くものではありません。

数か月たつと、いつの間にかターゲットが別の人になっていることがほとんどです。

もちろんターゲットが変わるからいいというわけではありませんが、とりあえず自分のターゲットの時期が過ぎるまで待つしかないのです。

職場のいじめは【逃げるが勝ち】と心得ておきましょう。

いじめの内容は記録しておこう

直接的な対処法ではありませんが、嫌がらせの内容は記録に残しておくようにしましょう。

【いつ、だれに、何をされた/言われた。】

日記でもいいので、受けたいじめの内容を残しておくのです。

そうすることで万が一、法的な対応が必要となった際にいじめの証拠になります。

「そんな大げさな」と思われたかもしれませんが、いじめの記録があるかないかでは、裁判の結果は天地の差です。

記録がなければ「いじめはなかった」ということで片づけられる可能性だってあります。

今後、あなたが職場のいじめが原因で心身を壊してしまうということだってありえますよね。

その時に<記録がない>という状況では、泣き寝入りをするしかありません。

後から後悔しないようにするためにも、記録は残しておくようにしてくださいね。

相談できる同僚、先輩に相談する

職場のいじめは職場の同僚や信頼できる先輩に相談してみましょう。

職場でいじめにあっていると、周りにいる全員が自分の敵のように見えるかと思いますが、実はそんなことはないんです。

職場にはドラえもんに出てくるしずかちゃんみたいに、周囲をよく見ていて「これはおかしい」と気づいてくれる優しい人も存在しています。

職場でいじめにあっている時は、いじめてくる人との接点をとことんなくしていくことがポイントなのですが、その時にしずかちゃん的存在の人にいじめの実態を相談していると、色んな場面で助けてもらえます。

たとえば

・あなたがイジメてくる先輩に報告しなくても済むように、間に入って伝言してくれる。

・チームやペアを組むときにイジメてくる先輩と一緒にならないように調整してくれる。

という具合に、さりげなくアシストしてくれる人がいるんです。

きっと今のあなたは「そんな人いるわけがない!」と思っているかもしれませんが、少し視野を広げて回りを見てみてください。

あなたへのいじめを見て「こんなのおかしい!」と気づいてくれている人が必ずいます。

とくに自分自身がターゲットにされた経験があるという人は、あなたのことを心配してくれていることでしょう。

実際に私が以前いた職場でも、新人いじめをするお局の言動について上司に報告している人が数名いました。

「あの人の指導はおかしいです。」「○○(お局)さんは、こう言ってますが、実際は違うんです」という具合に、他の人が上司にいじめの実態に報告した結果、いじめをしていたお局が他部署に飛ばされたということもありました。

職場のいじめは1人で乗り越えるのは本当に難しいものなので、しずかちゃんのような優しい人の力も借りながら対処していきましょう。

こちらの記事ではどのような人なら信頼できるのかを見極めるポイントについて解説しています。

上司に相談する。

周囲に頼れる人がいない。

周囲の協力では全然かなわない。

という場合は上司に相談しましょう。

「人間関係の悩みなんか上司に相談するものじゃない」と思うかもしれませんが、決してそんなことはありません。

管理職というのは職員の職場環境を整えることも重要な役割のひとつです。

なので職場の人間関係トラブルは、上司も対応すべき問題なので遠慮せずに相談していいんです。

とくに女性ばかりの職場では人間関係が複雑化しやすいのですが、上司もそのことを理解しています。

男社会では、職員ひとりひとりのメンタル状況を上司が気に掛けるなんてことはあまりないでしょうが、

女社会を束ねる上司は職員ひとりひとりのメンタルを気にかけてくれる上司が多いんです。

女社会のいじめは陰湿でかつ複雑。

そして時には仕事にならないようなことをされることもあります。

そのことを理解している上司も多く、日頃から職員の人間関係をチェックしている上司が多いです。

上司に相談するとどのような措置をとってもらえるのかというと、直接注意をしてもらうということもできますが、それだけではありません。

仕事がシフト制の場合は、あなたとイジメてくる先輩がシフトが一緒にならないように調整してくれたり、チーム編成を考えてくれたり、指導者を変えてくれたりします。

このように上司に相談することで、取ってもらえる対応の幅がグッと広がるんです。

もっというと、いじめの内容によっては、いじめている人を他部署に飛ばしてくれることもあります。

実は上司もいじめをしている人の扱いに頭を悩ませているということも多いので、いじめを相談したことで、いじめをしている人の異動が簡単に決定したというケースもあります。

私は看護師として複数の女社会を経験しましたが、どこの職場でも同じようないじめがありました。

しかしどこの師長さんもやはり職場の人間関係には気を配っていて、イジメられている人がいじめられにくい環境づくりをしていました。

そしてイジメの内容があまりにもひどい場合は、イジメている人を他部署に飛ばすという対処法をとっているケースも複数回見たことがあります。

このように上司に相談することで、具体的な対処法が取れるようになるので、勇気を出して相談してみましょう。
【スポンサーリンク】



法テラスに相談する

同僚や上司に頼れない場合は法テラスに相談してみましょう。

先程、上司に相談してみましょうと言いましたが、全ての上司が頼もしいわけではありません。

上司自身が、イジメている人のご機嫌取りをしていたり、面倒なことに関わりたくない、自分の評価を下げたくないという気持ちから見てみぬふりをする上司もいるでしょう。

最悪の場合、上司がいじめをしている張本人だというケースだってあります。

そのような場合は会社の外の人間にSOSを出すのです。

法テラスは国が設立した法律相談所で、あなたの悩みを聞きながら適切な相談窓口へと導いてくれる場所です。

無料で相談にのってもらえるので、「誰に相談したらいいのか分からない」「誰かに話しを聞いてほしい」という場合は、法テラスを活用してみましょう。

法テラスの公式ホームページはこちら

労働局に相談する

 

法テラス以外にも各都道府県の労働局に相談するのもいいでしょう。

労働局は賃金未払いや違法な時間外労働を取り締まるだけでなく、職場のパワハラの相談なども無料で受け付けています。

秘密厳守なので、あなたが相談したことを会社にいわれるということはありません。

都道府県労働局 厚生労働省

転職する

時に解決のしようがないいじめも存在しています。

そのような場合は勇気を出して転職してしまいましょう。

職場を変えるってとても勇気のいることですよね。

まず退職すること自体、逃げたような気持ちになってしまいますし、次の仕事があるのかという不安だってつきまとってきますよね。

そのようなことを考えると今の職場で我慢した方がいいのではないかと考えてしまいますが、いじめを耐えるなんてことはしてはいけません。

まず転職=逃げではありません。

転職は問題解決のための選択の一つにすぎないのです。

日本人は「耐えてこそ美学」という文化があるので、辛い事を耐えている人が偉い、辞める人は根性がない。

という印象を持っている人が多いですが、このような考え方は戦争中の「ほしがりません勝つまでは」という教育の名残に過ぎません。

人間が幸せになるために必要な力は耐える力ではなく、問題にぶつかった時に解決していける力です。

問題解決能力のある人間こそが成長することができ、そして幸せになることができるのです。

なので職場のいじめにあっていて、その問題を解決するためにどうしたらいいのかを考えて行動することこそ真の成長ともいえます。

決して我慢することが成長への道ではないのです。

そこを間違えてはいけません。

また次の仕事があるかどうか不安という気持ちですが、その不安は退職する前に転職先を決めておくことで簡単に解決することができます。

ちなみに、転職サイト「リクナビ」なら業界最大手なだけあって、正社員の非公開求人が多数揃っています。

【↓↓↓職場のいじめから抜け出すためにも登録してみよう】

また、あなたの希望やこれまでの経歴、性格診断などから、あなたにぴったりの求人を紹介してくれます。

リクナビは求人数が業界トップクラスなだけあって、あなたにマッチする求人を見つけやすいんです。

もちろん退職する前に登録して、今の会社で働きながら転職活動をしてかまいません。

そうすることで、退職する前に転職先を決めておくことができるので、安心して転職活動することができますよね。

心機一転、人間関係の悩みがなく、かつ自分の希望通りの職場で働くと「仕事ってこんなに楽しいものなんだ」と思えるようになりますよ。

そして仕事が楽しいと思えるようになったら、嘘のように自分にも自信がでてきます。

夜だってぐっすり眠れるし、朝の憂うつ感だってなくなります。

職場の人間関係の良し悪しって、想像以上に自分の生活に影響を与えているんですよね。

職場の人間関係が良好な職場に転職すると、「なんでもっと早くに転職しておかなかったんだろう」という気持ちになるくらい、目に見える世界が180度変わるんです。

なので今の状況を我慢するなんてもったいないことは辞めましょう。

今イジメている人達よりもずっとずっと条件のいい職場に転職して、心の中で「ざまぁ見ろ」と言ってやるんです。

絶対に今の辛い現状を乗り越えて、イジメてくる人たちの何倍も幸せになってくださいね!

【↓↓↓職場のいじめから抜け出すためにも登録してみよう】

もういじめにあわないために!

ここでは様々ないじめの対処法を紹介しました。

いずれの方法もイジメてくる人と直接対決するのではなく、さりげなく関わりを無くすことで解決するという方法なので、ストレスなく取り入れることができます。

大人のいじめは陰湿でしつこいので、戦おうとすればするほど状況は悪化します。

大人になってもイジメをするようなバカな人間に対しては「逃げるが勝ち」という言葉もあるように、関わらないのが一番なのです。

しかし、そのような対処法を取り入れても解決できない場合は転職してしまいましょう。

イジメで転職することは「逃げ」ではありません。

問題解決のための対処法の一つです。

耐えることが正解なのではありません。

問題を解決するために行動できることこそが正解なのです。

そのことを忘れずに、自分が幸せになれる最適な方法を選ぶようにしてくださいね。

【↓↓↓職場のいじめから抜け出すためにも登録してみよう】

【職場の陰湿ないじめ対処法!大嫌いなアノ人と業務上の接点を無くす方法】

  • 自分でいじめだと自覚する
  • 相手の主張を真に受けない
  • イジメてくる人と距離をとる
  • いじめの内容を記録する
  • 同僚や先輩に相談する
  • 上司に相談する
  • 法テラスに相談する
  • 都道府県の労働局に相談する
  • 転職する

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です