20代女性の理想が叶う転職サイトランキング

まさかの退職拒否!?会社を辞めさせてもらえない時の対処法

会社に退職を申し出た時に、退職を拒否されるということは珍しいことではありません。

会社としては大事な戦力を失う訳なので、あなたが会社にとって重要な人間であればあるほど退職を止められるでしょう。

しかし、退職を止める時の会社の対応が、時に脅しに近い場合があります。

「辞めるなら損害賠償を請求する」とか「懲戒解雇にする」とか。

そんなことを言われると、怖くて辞めると言い出せなくなってしまいますよね。

ここでは、そのように退職を申し出たけど拒否されて困っている人に向けて、会社を辞める方法を紹介しています。

法律をきちんと理解し、また退職代行というサービスを取り入れることで、罪悪感も恐怖心も持つこともなく、スパッと退職することができるようになりますよ!

法律的にはあなたはいつでも辞められる!

よく「退職は3か月前に申し出ないといけない」などと言われることが多いですが、法律上では、そのような決まりはなく、一般的な正社員の場合は2週間前の申し出なら会社を辞めることができるとなっています。

当事者が雇用の期間を定めなかったときは、各当事者は、いつでも解約の申し入れをすることができる。この場合において、雇用は、解約の申し入れの日から2週間を経過することによって終了する。

なので、あなたも会社から「今年度の間はいてもらわないと困る」とか「今すぐ辞めるんなんてムリ」などと言われたかもしれませんが、法律的な規制はないので会社の言い分に振り回される必要性はありません。

仮に就業規則に、「退職~か月前には申し出るように」と書いてあったとしても、そこに法律的な拘束はありませんので、焦らず怖がらず対応していきましょう。

会社からのこんな言葉を真に受けてない?

会社からの脅しともとれる対応を真に受けていませんか?

「訴える」なんて言われたら怖くて、会社のいいなりになってしまう人も多いと思いますが、そのようなパワハラを真に受ける必要はありません。

もしこれから紹介するようなことを言われている場合は、会社の対応に問題があるので毅然とした態度で対応していきましょう。

「今すぐ辞めるんなら、懲戒解雇という形にします」

「今すぐ辞めるなら、懲戒解雇という形にします」

懲戒解雇になると、会社側が退職金などを支払わなくて済む理由付けになるので、懲戒解雇にすると言われることがあります。

しかし懲戒解雇というのは、犯罪行為などよほどのことをしない限り適応しません。

また懲戒解雇という扱いになると、離職票に「重責解雇」と書かれるので、あなたの経歴にキズができてしまいます。

なので、懲戒解雇という言葉に焦って会社の言いなりになる必要はありませんし、逆に「じゃぁ、もう懲戒解雇でもいいです!」なんて開き直ってはいけません。

「退職するなら損害賠償を請求します」

「退職するなら損害賠償を請求します」という会社もありますよね。

私の知人は、バイトという立場の時でも店長に「訴える」と言われたと言っていました。

ハッキリ言いますが、明らかに会社に損害を被らせるようなことをしていない限り、会社からの損害賠償請求は成立しませんから!!

この「明らかに損害を被らせる」というのは、仕事で必要な資格取るために会社に研修費を出してもらってたけど、退職により研修費を無駄にしてしまった。というような状況を指します。

このような場合は、会社が負担した研修費に関しては、損害賠償が成立する可能性もあります。

しかし、これまで普通に働いており、明らかな損害を発生させていないのなら、会社のいう損害賠償は成立しませんし、むしろパワハラなので言われた内容を記録に残しておいて、逆にあなたが訴える材料にもなります。

「こんな辞め方したら業界中に噂が回って、いられなくなるよ」

「アンタの噂、業界じゅうに言いふらして、この業界にいられなくしてやるっっ!!」

というドラマのような発言、意外と身近なんですよね。

私が昔働いていた病院でも「他の病院でも働きにくくまるよ」って言われている人いましたもん(-_-;)

これに関しては、何も心配しなくて大丈夫ですよ。

むしろ、そのような対応はパワハラなので、その発言を録音して「むしろ、あなたがこの業界いられなくなりますよ」と言ってやるくらいの気持ちで構えていたら大丈夫です。

退職を理由に業界から追放されるなんてことはありえませんし、そのような会社の態度は本当に脅迫でしかありませんので、毅然として態度で対応していきましょう。

「自分勝手だね。君なんてどこに行っても雇ってもらえないよ」

「君なんてどこ行っても雇ってくれない」と言うことで相手を不安にさせて、外に出ていくのを辞めさせようという作戦なのでしょうが、あなたを雇ってくれる会社は他に沢山ありますので安心してください。

不安だったらリクナビNEXTに登録して、色んな案件を見てみてください。

今の職場よりも素晴らしい会社が沢山あります。

また転職エージェントを利用すると、あなたに担当のアドバイザーがついて、あなたの希望や経歴を元にあなたにあった転職先を紹介してくれます。

転職DODAなら10万件もの案件が揃っているので、あなたの希望の会社が見つかる可能性は非常に高いでるし、担当のアドバイザーさんが給料や条件の交渉もしてくれるので、満足のいく転職が実現しますよ。

なので「君を雇ってくれる会社なんてない」という発言なんか真に受ける必要はありません。

転職DODAの登録ページはこちら➤転職成功の秘訣は、サイトに公開されない求人にあった。

退職拒否されたなら退職代行を使ってしまえ!!

退職を拒否されたら、退職代行というサービスを使うことであと腐れなく、かつサクっとシンプルに退職することができますよ!

退職代行というのは、あなたの代わりに退職の交渉や手続きなどを行ってくれる会社で、退職代行に依頼した瞬間から、もうあなたは会社に行く必要はありませんし、会社の人と電話などでのやりとりをする必要も一切ありません。

退職代行から会社に、あなたが退職する旨を説明し、そこから必要な手続きもすべて行ってくれます。

退職代行は法律にのっとった手順で退職の交渉をしていくので、会社も無茶なことは言えませんよね。

なので退職代行SARABAの場合、過去に依頼を受けて退職できなかったケースというのはゼロ!

100%退職が実現しています。

ちゃんと法律に従って、交渉したら退職できるんですよ。

だけどあなた1人だと、言いたいこともなかなか言えないと思うので、退職代行さんに毅然とした態度で退職の段取りをとってもらいましょう。

退職代行SARABAの場合は、24時間いつでも受け付け可能で、仕事依頼してから退職手続きが完了するまで何度でも問い合わせ可能です。

そこまでしてくれて価格は3万円のみ

後から追加料金を請求されるということも一切ありません。

最近、退職代行の会社は増えてきているのですが、10万円以上したり、後から何かと追加料金を請求される会社も多いので、退職代行SARABAは料金的にも安心して利用できます。

最近は退職を拒否したり、退職の旨を伝えた途端に嫌がらせが始まる会社などもあるので、退職代行に依頼して退職する人が増えているんです。

実際に退職代行を利用した人たちの声がこちら

 

このように退職代行を使うことは、珍しいことではありません。

それでいて、あなた自身、なんのストレスもなく会社とキレイさっぱり決別することができます。

「もう、あの上司と関わらなくていい」と思うだけで、ストレスから解放されますよね。

退職代行SARABAはメールで問い合わせしてから、契約の成立になるので疑問点などがあれば、一度メールで問い合わせてみるといいでしょう。

退職代行SARABAの公式ページはこちら

次の転職先は決まってますか??

退職後の転職先は決まっていますか?

気持ちよく退職できたとしても、その後の就職先が決まっていないと不安が残ってしまいますよね。

転職エージェントDODAに登録して、退職手続きと同時に、転職活動も始めましょう。

転職エージェントを利用すると、プロのアドバイザーがあなたの代わりに会社を探してくれるので、効率的でかつ希望通りの会社を見つけることができますよ!

また登録や利用などの料金は一切かかりません。

転職DODAの登録はこちら➤転職成功の秘訣は、サイトに公開されない求人にあった。

まとめ:退職を拒否されても気にするな!あなたは法律で守られている!!

会社に色んな理由をつけられて退職を拒まれても、法律的な制約はありません。

それに「訴えやる」とか「懲戒解雇にしてやる」なんて発言は、むしろパワハラに当たるので、あなたがいいなりになる必要はありません。

もし会社の対応に恐怖心を感じたり、辞められそうにないと感じたりしたら、退職代行に相談してしまいしょう。

そうすることで、嫌な思いすることなく今の会社と決別することができますよ!

退職代行SARABAのお問い合わせはこちら

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です