20代女性の理想が叶う転職サイトランキング

【他人の目が気になる】生きづらさを克服する9つの方法

「こんなことをしたら変な人って思われないかな」

いつも他人の目が気になり常に緊張状態。

このような生きづらさを日々抱えていませんか?

「みんなに好かれたい」

「みんなに常識人と思われたい」

「みんなに良い人と言われたい」

「みんなに仕事ができると思われたい」

このような気持ちでいっぱいになると、自分がどうしたいかではなく、他人にどう思われるかを基準に物事を判断するようになってしまいますよね。

そのため今のあなたは、自分らしく伸び伸びと生きるということができなくなっていることと思います。

「そうは言っても気になるものは気になる。伸び伸び生きる方法なんて分かってたらやってるよ!」

ごもっともです。

では、他人の目を気にすることなく自由に生きられるようになるにはどうしたらいいのでしょうか?

ここでは、生きづらさを感じるあなたが、他人の目に振り回されることなく自分らしくなれる方法を紹介しています。

最後まで読めばあなたはもっと自由に、そしてあなたらしく生きていくことができますよ!

minto

気の持ちようを、ちょっと変えるだけで世界は大きく変わりますよ!

\\職場の人間関係に疲弊している方は合わせてお読みください//

仕事の人間関係が辛い時に退職するのは逃げではない!転職した者勝ち

まずは自分の弱さを認める

まずは自分の弱さを自分で認めてあげましょう。

他人の目が気になるのは、あなたが自分に自信がないからです。

 

自分に自信がないから、

・みんなに笑われているんじゃないか。

・みんなに非常識って思われるんじゃないか。

と感じ、不安になってしまうんですよね。

 

自分に自信のある人なら、他人の目なんてお構いなしで堂々としていられるのですから。

きっとあなたも、そのような他人の目を気にせず堂々としていられる人間に憧れているのではないでしょうか?

もしそうなら、まずは今の自分の弱さを認めてあげてください。

弱い部分、悪い部分も含めて自分なのだと認めてあげる。

自分に自信を持てるようになるには、そのことが一番大切なんです。

世の中には完璧な人なんて存在しません。

あなたの身近にいる「自信満々」な人だって決して完璧な人間ではありません。

なぜなら物事はコインの裏表と一緒で、すべてに長所と短所があるからです。

 

だからあなた自身が自分の嫌いだと思っている部分だって、角度を変えれば長所になるし、あなたが憧れている人の素敵な部分だって、角度を変えれば短所になります。

 

例えば、人見知りで初対面の人とうまく話せないという点に、コンプレックスを感じていたとします。

あなたは自分の人見知りな部分が嫌いかもしれませんが、相手が初対面からガツガツ話しかけられるのを苦手に感じる場合は、人懐っこい人よりあなたのように少し距離をとってくれる人の方が安心感をもつかもしれません。

また、あなたと同じく相手も人見知りだった場合、きっとあなたに親近感を持ってくれるでしょう。

このように、コンプレックスは見方を変えれば長所になるんです。

逆にあなたが『こんな人になりたいな』と思う人の長所だって、見る人が変われば短所としてとられることもあるでしょう。

人間の性格というのは、見る人によって長所にもなれば短所にもなる、そのようなものです。

そのため自分の短所を気にして自信をなくす必要はありません。

 

「短所は長所。いいところも悪いところもすべて含めて自分なんだ」と、自分に自信をもって堂々としていいのです。

 

そのように受け止めるだけでも、気持ちが軽くなりませんか?

minto

自分がいちばん自分に厳しいのでは?もっと自分を好きになってあげましょう!

他人の感情まで責任を感じない

あなたが何か行動を起こしたことに対し、相手がどう思うかという相手の感情の部分まで責任を負う必要はありません。

なぜなら人によって、受け止め方は千差万別。

100人いたら100通りの受け取り方があります。

そのため、あなたが善意で行った行為に対して、卑屈に受け取る人もいるでしょう。

例えば電車に乗っている時に、目の前にいるお年寄りに席を譲ろうと声をかけたとします。

そのような場合、「ありがとう」と笑顔で席に座ってくれる人もいれば、「いえいえ、結構です」と断る人もいるでしょう。

中には「年寄扱いするな!」と怒り出す人もいるかもしれません。

このように、一つの出来事でも受け止め方は人によって全く異なるのです。

この相手の受け止め方というのは相手自身の問題なので、あなたの気遣いでどうこうできる問題ではありません。

しかし、今のあなたはそのような相手の問題に対しても、責任を感じてしまっているといえます。

 

他人の目を気にしてしまう人というのは、このように自分の努力や気遣いではどうにもならない部分に対して介入しすぎてしまっているのです。

 

ただ、あなたが行った行為に対して相手がどう思うかは相手の問題であり、あなたが介入する部分ではありません。

あなたはわざと相手を傷つけてやろうとか、迷惑をかけてやろうなんて思って関わっているわけではなく、あなたの善意のもとで行動を起こしていると思います。

それなら、もっと自信をもっていいんですよ。

 

あなたの責任はあなたがどう考え、どう行動するかまで。

それを受けた相手が嬉しく思うか、迷惑に思うかは相手の責任です。

minto

「あなたはあなたの信念に従って行動するだけでいい。」そのように考えるだけで、気持ちがとても楽になりますよ。

自分がどうしたいかを基準に考える

常に「自分はどうしたいのか」を基準に考えましょう。

他人の目を気にしすぎると、自分がどうしたいかよりも相手にどう思われるかを一番に気にしてしまいますよね。

そのため、

・行きたくもない飲み会を「ノリが悪い」と思われるのが嫌だから毎回参加している。

・自分が尊敬している先輩が悪口を言われている時でも、周囲にどう思われるのかが不安で悪口に乗っかってしまう。

このような経験はありませんか?

自分基準ではなく【相手にどう思われるか】という相手基準の行動は何一つ良いことはありません。

あなた自身も、自分の感情を抑えることになるのでストレスが溜まりますよね。

それにあなたが本心で行動しているのか、人目を気にして行動しているのかというのは、案外相手に伝わってしまっているものです。

また【相手にどう思われるか】を考えてしまうと、時や相手によって言動がブレることもあるでしょう。

 

この【一貫性のない人】というのは、だれからも信用されません。

 

あなたは「自分がどうしたいか」という自分基準で動くほうが、みんなに嫌われそうと思うかもしれませんが本当は逆なんです。

 

常に「自分がどうしたいか」を基準に行動する方が、行動にブレがなく筋が通っており、また自然体で振る舞っている人というのは周囲の人を惹きつけるのです。

 

そのためもっとリラックスして、自分の感情に素直になってみてください。

そして「自分がどうしたいのか」を基準に行動してみてください。

そうすると驚くほど自由に振る舞えるようになりますし、きっと周囲の人とも心の距離が近くなったように感じられると思います。

minto

あなたが思っているほど、周りはあなたを見ていません。もっと自由にいきましょう!

みんなに好かれるのは不可能だということを受け入れる

これまでの文章を読んで、それでも「でも、嫌われたらと考えると怖くてできない・・・」というあなたに衝撃的なことをお話しします。

 

100%全員に好かれるなんて絶対に無理です。

 

人の受け取り方というのは100人いたら100通り違います。

人気があるタレントほど、「嫌い」という人の数の増えますよね。

性格というのはコインの裏表であり、長所と短所は表裏一体のため、人気のある理由が見る人によっては短所に見えるからです。

周囲に「良い人」と言われている点にあざとさを感じているのかもしれませんし、みんなに好かれているということ自体に嫉妬しているのかもしれません。

このように、相手の受け止め方は千差万別であり、あなたの努力で解決できるものでもありません。

【みんなに好かれている人に対する嫉妬】が存在する時点で、全員に好かれるなんて不可能ですよね。

 

そのため、全員に好かれるなんて不可能だと受け入れ、「自分を理解してくれる人だけ理解してくれたらいい」と割り切るようにしましょう。

minto

「受け止め方は人によって違うのだから、他人の目を気にしても意味がない」そのことを自分の心の中に落とし込むことができれば、他人の目なんて気にならなくなりますよ。

【スポンサーリンク】



自分の常識=他人の非常識を理解する

きっと今のあなたは、自分がどう思われるかという点を自分の常識に当てはめて考えていることでしょう。

「体調を崩してるけど、仕事を休んだらみんなに迷惑をかけるから行かないと」

「友達の家に持っていく手土産は、百貨店の包装紙のものじゃないと非常識って思われそう」

このように「常識的に考えて・・・」にとらわれて、自分の行動ががんじがらめになっているなんてことはありませんか?

 

しかし、あなたのいう「常識的に考えて」というのは、狭い世界のかたよった認識でしかありません。

 

そもそも「常識」というのは、その人が生まれてからこれまでの人生の中で作り上げられた認識でしかないのです。

当然ですが、これまで歩んできた人生というのはみんな違いますよね。

100人いたら100通りの常識があり、あなたの常識が世の中の常識ではないのです。

そのように考えると、あなたは「みんなに常識人だと思われたい」という思いから、自分の中の常識をもとに行動しているかもしれませんが、実はその行動は非常識だと思われていたかもしれません。

実際、「体調が悪くても仕事に行かないといけない」と考える人もいれば「他の人に風邪をうつしたら迷惑だろ!仕事にくるなんて非常識だ」と考える人もいます。

このように【あなたが常識だと思っていたことは実は他人にとっては非常識だった】ということはよくある話です。

そのため、常識にとらわれ過ぎて身動きがとれなくなるということほど無意味なことはありません。

あなたが「常識的に考えて」を基準に行動しているのなら、もう常識にとらわれるのはやめましょう。

「自分がどうしたいのか」を基準に行動することを意識してみてくださいね。

そうすることで、自分の肩の荷の軽さに気付くことができるでしょう。

minto

「常識的に考えて~」という人の意見が変だったなんてことありません?「常識」ってそのくらい曖昧なものなんです。

本当の自分になれる場所を見つける

いつも他人の目を気にしてしまうあなたにとって、突然「自分がどうしたいのかを基準に」なんて言われても、なかなか行動できませんよね。

そのような場合は、SNSなどで自分らしくいられる場所で、自分らしくいるためのリハビリをしていきましょう。

ツイッターやフェイスブックなどでは、自分の共通の趣味や境遇の人とつながることができます。

そのためSNSを通じて発信すると、あなたの考えに共感してくれる人に出会うことができるようになりますよ。

とくにツイッターの場合は、ニックネームでも構わないので個人の特定もされません。

なので、他人にどう思われるかなんて気にすることなく、自分の思いを発信することができるんです。

普段、他人の目が気になって自分の意見が全然言えない!という場合は、SNSを活用して自分の考えや思いを発信する練習をしてみましょう。

そこで自分の考えに共感してくれる友達ができると、自分の自信にもつながってくることでしょう。

人は簡単に他人を認めないことを知る

他人の目を気にしてしまうというあなたは、きっと「相手に自分を認めてもらいたい!」という気持ちが強い人なのだと思います。

相手に自分を認めてもらいたいから、完璧な人間であろうとする。

 

完璧でないとダメだと思っているから、他人の目が気になり、そして生きづらさを感じてしまうのでしょう。

 

しかし、人間というのは簡単に他人を認めてはくれません。

でもそれはあなたが劣っているのが理由ではありません。

人というのは弱い生き物で、誰しもが「自分が認められたい」という感情を持っています。

とくに心が満たされていない人、自分に自信がない人ほど、相手より上に立ちたいという気持ちが強いのですが、そのような人達というのは素直に他人を認めるということができません。

相手を認めるということは、自分の負けを認めるような気持ちになってしまうからです。

そのため相手の揚げ足をとっては攻撃したり、頑張っている人をバカにしたり、陰で悪口を言いふらしたりするのです。

このように、相手があなたを認めるかどうかはあなたの努力や気遣いの問題ではなく、相手の受け取り方の問題です。

 

このように相手を認めない要因は複雑で、他人に認めてもらうというのは、実はとても難しいことなのです。

そのような人の気持ちを理解するだけでも、「他人に認められたい」という気持ちでいっぱいだったあなたの思考は少し変わり始めるのではないでしょうか?

「他人に認められたい」という気持ちにしばられても、何の効果もありません。

ぜひ、他人にどう思われるかではなく、自分で自分を認めてあげられるような生き方をしてください。

minto

人って生きてるだけで何かの役に立っているもんなのですから、もっと肩の力を抜いて自然体でいきましょう。

【スポンサーリンク】



みんな、あなたに興味はない

これまで話したように、他人の目が気にならなくなる方法を紹介しても、それでも他人の目を気にする人がいます。

そのようなあなたに昔から伝わる格言をプレゼントします。

それは「誰もあなたに興味を持っていない」ということです。

あなたは自分が他人を見ている分、自分も同じだけ見られているんじゃないかと思ってしまうかもしれませんが、みんなそんなに暇ではありません。

自分の仕事のこと、家族のこと、趣味のことなど、考えることやしたい事は山積みです。

そんな中、あなたのことを考える時間がどれだけあると思いますか?

あなたの熱狂的なファンでもない限り、わざわざあなたのことを考える時間を割こうとはしないでしょう。

 

それに人の記憶というのは、翌日には75%が消えると科学的に証明されています。

そのため仮にあなたのことを見ていて何か思ったとしても、大半の人はそのことをすぐに忘れているのです。

 

何度も言いますが、みんなあなたに興味はありません。

もし、周囲の目が気になって動き出すことができていないなと感じた時は、「他人は自分に興味はない」と自分に言い聞かせてみましょう。

そうするだけで、もっと自由に発言できるようになりますよ。

一貫性のある人間こそ信頼される!もっと自由に生きてみよう

自分のしたいこと、自分の考え方に正直な人というのは、行動に一貫性が生まれるので、結果的に多くの人に信頼されるようになります。

また受け取り方というのは人それぞれ違うため、あなたが他人の目を気にして細心の注意を払ったとしても、全員に好かれるなんて不可能です。

もしかすると、あなたの行き過ぎた気遣いに息苦しさを感じる人もいるかもしれません。

それに人というのは、簡単に他人を認めてくれる生き物ではありません。

なので他人の目を気にすることに何の意味もないです。

それなら、いっそのこと自分に素直になって自由に生きてみませんか?

 

きっとあなたが素直に感情を表に出せば出すほど、周囲の人たちはあなたを魅力的に感じ、そして親近感を持つようになるでしょう。

 

このように世の中というのは意外とシンプルなんです。

ぜひ自分に素直に生きてみてくださいね!

 

\\職場の人間関係に疲弊している方は合わせてお読みください//

仕事の人間関係が辛い時に退職するのは逃げではない!転職した者勝ち

minto

自分を追い込んでしまいやすい方に向けて書きました!

転職サイト選びに悩んだら

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です