20代女性の理想が叶う転職サイトランキング

貯金できない人の7つの共通点と超簡単なのに効果絶大!神ワザ貯金術

「なんで私って貯金できないのかな」

「貯金してる人って一体どうやって貯金しているの?」

貯金ができないと言う人ほど、口をそろえてこのように言います。

さらに貯金できない人に共通するのはこのような口癖だけではありません。

実はお金の使い方やライフスタイルにも共通点が多いんです。

いわばその共通点のせいで「今月こそ5万円貯金するぞ!」と思っても、月末には貯金どころか金欠ぎみになってしまっていると言っても過言ではありません。

あなたが貯金体質になるためには、まず貯金できない人に共通するお金の使い方やライフスタイルを改めなくてはいけません。

ここでは、

・貯金できない人の7つの共通点

・超簡単だけど効果絶大な貯金術6選

について解説しています。

minto

ちなみにここでは、30歳までに1000万円貯金した私が実際に取り入れている貯金術を紹介しています。

貯金体質になれば驚くほど簡単にお金が貯まっていきますので、ぜひ参考にしてくださいね!

貯金できな人の7つの共通点

まずは貯金できない人の7つの共通点について解説していきます。

あなたにも当てはまるものがあれば、まずその習慣から辞めてみましょう。

余ったお金で貯金しようと考えている

余ったお金で貯金しようと考えている人は絶対に貯金できません。

貯金できない人の多くが「お金が余ったら貯金しよう」と考えます。

しかしこの方法では、科学的に不可能といってもいいくらい貯金できません。

なぜなら心理学で「パーキンソンの法則」というものがあるからです。

パーキンソンの法則とは、人は時間もお金も持っているぶんだけ使ってしまうという法則です。

たとえば普段の給料の手取りが20万円で、その20万円がそのまま財布に入っていた場合、きれいに20万円を使い切ってしまいます。

だけど今月は手当がついて手取りが25万円あったとします。

本来ならこれまで20万円で生活していたので、普通に考えれば5万円余りそうですが、25万円がそのまま財布に入っていたら25万円をきれいさっぱり使い切ってしまうという法則です。

なので給料の手取りが30万円、50万円と増えたとしても、「余ったお金で貯金しよう」と考えている人は貯金することなどできないのです。

ではどうしたらいいか?

そのやり方としては2つあるのですが、詳しくは以下の貯金術の章で解説しますね。

minto

残った分だけ貯金しようと思うと、気付いたら全額使っている。これ貯金でいない人あるあるですよね。

「貯金できない」と公言している

「貯金できない」「貯金が苦手」と友達に公言している人は貯金できません。

このようなことを公言していると<引き寄せの法則>によって、お金と縁がない自分になってしまうんです。

「引き寄せの法則」とは自分の中で考えていることを現実として引き寄せてしまうというものです。

要はあなたが「貯金できない」と言えば言うほど、貯金できない人間の思考におちいってしまい、結果的に貯金できないということです。

「そんなまさか」と思われたかもしれませんが、この<引き寄せの法則>の効果は絶大なんです。

一流のスポーツマンほど大きい事をいいますよね。

野球のイチロー選手やサッカーの本田圭佑選手はよくビッグマウスと言われていますし、平昌オリンピックフィギアで金メダルをとった羽生結弦選手も試合前の記者からの質問に「誰が(金メダル)とろうが、僕もとります」と言いました。

他にも成功者と呼ばれる人たちは共通してビッグマウスです。

この人たちが偉大な成果を残している理由の一つも<引き寄せの法則>なんです。

「自分が一番だ」という迷いのない自信が一流の思考につながり、そして一流の結果を残すのです。

だからあなたも本気で貯金体質から抜け出したいのなら、「貯金できない」なんて軽々しくいってはいけません。

「自分なら余裕で貯金できる!」と自分に言い聞かせ、貯金できる思考へと切り替えていかなくてはいけないのです。

minto

言葉ってまさに言霊なんですよ!

固定費を見直したことがない

貯金できない人ほど固定費を見直すということをしません。

もちろん固定費を見直すって手間ですよね。

いちいち見積もりを出してもらって、手続きの書類書いて、、、と考えるとつい「今のままでいっか」となってしまうと思います。

しかしネットやスマホは次から次へと新しい料金プランが誕生しますし、生命保険や医療保険だって営業マンに言われるがまま加入したけど実は無駄だらけだったということも少なくありません。

そのため固定費を見直すことで毎月の固定費を数万円減らすことって難しくはないのです。

たとえば2万円の固定費を削減できれば、給料が2万円増えたのと同じ感覚で生活できます。

そのためこれまでの生活水準を下げることなく、2万円の余裕が生まれるんです。

なのであなたが本気で貯金したいと考えているなら、携帯代、ネット代、保険料、電気代、住宅・車のローンなどの固定費を見直すことから始めましょう。

minto

固定費を見直して減った分を貯金に回してはどうでしょうか?

「あと〇〇円で1ポイントつきます」に弱い

買い物した際に「あと何円で1ポイントつきます」と言われ、「じゃぁそれも」と追加で買い物してしまう人は貯金できません。

とくに必要なものを買い足すのではなく、レジ横にある新商品や定員さんに勧められた商品を買ってしまうなんて絶対にしてはいけません。

目の前のポイントを得るために、ポイントよりも大きいお金を失うなんて馬鹿みたいなこと辞めましょう。

ほかにも<あと〇〇円で送料無料>という文字をみて、無理やり欲しいものを探したり、関連商品を買ってしまうなんてこともしてはいけません。

送料が気になるなら本当に必要なものをまとめ買いすることで送料を節約していきましょう。

minto

とにかくポイントを貯めることを目的にした買い物は浪費以外の何物でもありませんのでご注意ください。

まわりに貧乏だと思われたくない

まわりの友達に、

「貧乏だと思われたくない。」

「オシャレだと思われていたい。」

という人もお金を貯めることはできません。

実は人の支出の中で<見栄によるもの>が多くの割合を占めているんです。

たとえば友達とオシャレなカフェにランチに行ったとします。

その時に、

Aランチ 750円

Bランチ 950円

Cランチ 1350円

というメニュー表をみた時、貯金できない人ひどBランチを選んでしまっていると思います。

「一番安いメニューを頼むとケチと思われそうだな。。。」という迷いから、無難だと感じる間の値段の950円ランチを注文してしまうのです。

他にもブランド物の化粧品をディスカウントショップの化粧品に変えることができなかったり、住む場所も家賃の高い一等地や新築マンションから引っ越すことができないなんてことはありませんか?

生活費がカツカツでも、友達から「なんで安い方に変えたんだろう?」と思われるのは嫌ですもんね。

このように見えないところで、実は見栄による支出は家計の大きな割合を占めているんです。

貯金できるようになるためには見栄と決別しなくてはいけません。

、、、といっても、この見栄との決別って一番難しいんですよ。

でも、たった一つのある事実を知ったら、簡単に見栄と決別できるようになりますよ!

詳しくは貯金術の章で解説しますね!

自分へのご褒美が多い

自分へのご褒美が多い人も貯金できません。

欲しい服が見つかった時に「どうしようかな。今月お金ないしな。来月まで我慢しようかな・・・」と思っていたのに「でも、たまには自分にご褒美してもいいかな」と買ってしまうなんてことはありませんか?

他にもコンビニスイーツが<自分へのご褒美>として日課になっているという人もいるでしょう。

自分にご褒美という理由を付ける人は、本当は頭から節約しようなんて意識はありません。

「失礼な!」と思われたかもしれませんが、欲しいものを見つけた時に自分へのご褒美という名目にすることで買う理由を正当化させているのです。

自分で自分をごまかし「この買い物は自分にとって必要なものなのだ」と言い聞かせているのです。

そのような思考におちいると、自分の買い物の中の浪費を見つけることができません。

消費も浪費もあなたの中でいっしょくたになっているから、家計の見直しができないのです。

決して欲しいものを我慢しろと言っているわけではありません。

だけど貯金体質になりたいなら、自分へのご褒美という言い訳を封印して本当に必要なもの(消費)なのか単に欲しいもの(浪費)を意識して買い物しましょう。
【スポンサーリンク】



外食&コンビニが多い

貯金できない人ほど外食やコンビニでの食事が多いです。

外食やコンビニの場合、言うまでもなく割高になるので食費がかさみます。

食費がかさむと生活費を圧迫するのは必然です。

ただ突然自炊しろと言われても、今まで一切自炊していない人からするとハードルが高いですよね。

ただご飯だけは炊く、マイボトルでお茶を持参するというレベルなら誰でも始めることができます。

超簡単だけど効果絶大な神業貯金術

では今から私が30歳までに1000万円貯金した際に行っていた貯金術をご紹介します。

どれも決して難しいことではありませんし、我慢が必要というものでもありません。

単にお金の使い方や、物事の考え方を少し変えるだけなので、誰でも簡単に始めることができますよ。

貯金用の口座をつくり先取り貯金をする

まずは貯金専用の口座を作りましょう。

そして給料が出たら一番に一定額をこの口座に入金します。

もし職場が2つ以上の口座に振り込みをしてくれるなら、一定額を直接貯金用口座に振り込んでもらいましょう。

そして先取り貯金をして残った金額内で生活するのです。

「今でも生活がカツカツなのに、そんなの無理!」と思われたかもしれませんが、これもパーキンソンの法則があるので意外とやりくりができるものなのです。

給料が増えれば増えた分使ってしまうのと同じで、給料が減れば減った分でやっていけるのです。

そのため「余ったお金で貯金しよう」と考えるのではなく、もらった給料から先取り貯金して残ったお金で生活するようにしましょう。

そして貯金専用の口座からは絶対にお金を引き落としてはいけません。

ついお金を引き落としてしまったという事態を避けるため、その口座のカードは持ち歩いてはいけません。

貯金口座に入れたお金は<ないもの>として考えるようにしましょう。

そうするだけで半年後、一年後にはしっかりお金が貯まっているという状況になります。

保険に加入しながら貯金する

現在、掛け捨ての生命保険に加入しているという場合は、積み立ての終身保険に切り替えることで自動に貯金ができるシステムにしてしまいましょう。

掛け捨ての生命保険って月々の支払額が結構大きいですよね。

しかもその掛け金、あなたが満期まで健康でいた場合すべて払い損です。

しかし終身保険なら月々の掛け金を積み立てることができ、保証期間もあなたが死ぬまで保障されます。

掛け捨ての生命保険の場合、60歳、65歳と保証期間が決まっていますよね。

その保障期間を過ぎて死亡した場合、当然ですが1円も受け取ることはできません。

しかし終身保険なら掛け金の支払い期間が仮に60歳までであっても、死亡保障は80歳、90歳など何歳で死亡しようともあなたが死ぬまでついてきます。

また終身保険なら支払い期間終了後、解約するとこれまで掛け金として支払ってきた保険料を解約返戻金として受け取ることができます。

この解約返戻金ですが保険会社を賢く選べば、保険料をすべて払い終えた時点で解約返戻金が実際の掛け金よりも多くなっているということもあるんです。

すなわち保険会社を賢く選べば、実際に支払った金額以上に貯金の効果があるということです。

さらに支払い後すぐに解約するのではなく、解約時期を後にずらせばずらすほど受け取れる解約返戻金は増えていきます。

終身保険は残った家族のために自分が死ぬまで生命保険として加入し続けててもいいですし、老後の資金が必要となった時点で解約してこれまでの掛け金(場合によってはプラスα)のお金を受け取ってもいいんです。

このように掛け捨ての生命保険から終身保険に切り替えることで、これまでの保険料を貯金にまわすことができるのです。

これなら何の我慢も必要ありませんし、勝手に毎月貯金されるのでどんな浪費家の人でも貯金できるようになります。

ただいきなり終身保険といわれても、

「そもそもどうやって加入したらいいの?」

「どこの保険会社に行ったらいいの?」

と分からないことだらけですよね。

ただここでやってはいけないのが、よく分からないからとりあえず保険会社に相談するというものです。

特定の保険会社にいくと、当然ですが自社の保険商品しか紹介してくれません。

「終身保険ならうちよりもA社の方がお得ですよ!」なんて言ってくれるわけありませんよね。

なので実は他社と比べると割高なのに、それに気づくことができずに損なプランに加入してしまうということが度々起きてしまうんです。

そのような事態に陥らないためにも、まずは公平な立場で相談に乗ってくれる保険コネクトに相談しましょう。

保険コネクトならお金のプロであるファイナンシャルプランナー(FP)があなたの相談に乗ってくれます。

また保険コネクトは保険会社とあなたを仲介する会社なので、自分の利益のために偏った商品を紹介するということはしません。

保険コネクトはあなたの話を聞き、本当にあなたにとって必要な保険サービスを提供している保険会社の商品を紹介してくれます。

もちろん相談は無料です。

また面倒な申し込みや手続きなどもすべて保険コネクトが代行してくれるので、忙しくて保険の乗り換えなんてしている暇なんてない!という方も安心です。

なので保険の見直しをしてみようと思うけど、どこに相談したらいいか分からないという場合は、まずは保険コネクトに相談してみましょう。

もちろん相談したら絶対に保険に加入しないといけないなんてことはありません。

また簡単な質問はチャットで対応しているので、小さな疑問なども気軽に利用できます。

【固定費を見直すためにチャットで相談してみよう!】

日々の支出を抑える工夫をする

貯金上手になるためには日々の支出を抑える工夫をしましょう。

これは決して<我慢>ではありません。

我慢しても絶対に続きませんから。

私も欲しいものを無理に我慢するということはしませんでした。

ただ、日々の支出を抑える工夫はしていましたね。

ネットや保険などの固定費を見直したり、なんとなくダラダラAmazonのページを見るということを辞めたりしました。

また買い物が好きだったのですが、何も買わないぞと思いながらもウインドウショッピングをすると絶対に欲しいものがでてきてしまうし、途中でお茶したりしちゃうのでついつい支出が増えちゃうんですよね。

そのことが分かっているので、目的なくウインドウショッピングをするということは辞めました。

そして時間を持て余した時は家でYouTubeをみて時間を潰していました。

暇な時の時間の使い方を変えた途端に、みるみるお金が貯まりましたね。

その時にいかに無駄な消費が多かったのかを思い知りました。

ライフスタイルを少し変えるだけでも無駄な支出を抑えることができるようになるので、ぜひ取り入れてみてください。

minto

外出を減らすだけで支出は減りますよ!

買い物を辞められないなら家にあるものを売れ!

それでも買い物を辞められないという人もいますよね。

オシャレに敏感な人ほど欲しいものが次から次へ出てきてしまうと思います。

そのような人は家にある不用品をフリマアプリで売って、お金を増やしていきましょう。

買い物好きな人ほど家の中にはモノであふれていますよね。

フリマアプリのメルカリなら簡単に不用品が売れます。

メルカリのアプリをインストールして、商品の写真をとり詳細を記入して出品するだけ。

出品方法も簡単なので誰でも簡単にできます。

minto

私は過去に家にある不用品を売って2か月で9万円儲けました!

メルカリなら簡単に不用品をお金に替えることができるので、買い物を辞められない人は、フリマアプリを活用して買い物をしても赤字にならないようにしていきましょう。

貧乏人ほど見栄をはるということを自覚する

「人からよく見られたい」

「ケチだと思われたくない」

という方に知ってほしいのが<貧乏人ほど見栄をはる>ということです。

あなたは<となりの億万長者>や<金持ち父さん 貧乏父さん>という本を読んだことはありますか?

これらはお金持ちがどのような考え方で生活をしているのかを書いている本です。

この本を読むとお金もちがなぜお金もちになれたのかが明確に分かります。

そしてこの2冊に共通して書いていることが、お金もちほど<見栄>のための買い物が一番の無駄だと考えているということです。

本当のお金持ちは見栄のための浪費は絶対にしません。

他人に「あの人、お金持ちのくせに中古車なんだって」と後ろ指をさされようとも気にしません。

逆に本当のお金もちほど、見栄をはろうとして浪費している人ほど貧乏人だという見方をしています。

なので「他人によく思われたい」という感情で消費している時点で自分は貧乏人なんだと自覚してしまうことが大切です。

さらに金持ちマインドを身に付けると、他人にどう思われようが相手のその考え方こそが貧乏マインドだということが分かっているので何も気にならなくなります。

見栄のために着飾っている友達を見ても何も焦らなくなり、むしろ「分かってないなぁ」と冷静に相手を見ることができるようになります。

こうなることができればしめたもの。

なんの我慢もすることなく消費そのものを最小限に抑えることができるので、みるみるお金を貯めることができるようになりますよ!

この2冊を読むとお金に対する考え方が180度変わるので、興味を持たれた方は読んでみて下さい。

行きたくない飲み会には参加しない

無駄な消費を無くすためにも行きたくない飲み会にわざわざ参加するのは辞めましょう。

飲み会代ってかなりかさみますよね?

一次会だけでも4000~5000円かかります。

もちろん自分が行きたくて行く飲み会ならいいですが、中には<付き合い>ということでとりあえず参加している飲み会もあるでしょう。

もうそのような飲み会に参加するのは辞めてしまいましょう。

周囲に合わせる人ほど交際費はかさみますよね。

しかし貯金体質になるためには、支出の主導権を自分で握れるようにならなくてはいけません。

なのでその場の空気に流されず、自分がどうしたいのかに正直になれる人間になりましょう。

それでも他人の目を気にしてしまうという方はこちらの記事も合わせてお読みください。

自分の意見が言えないんです。否定される恐怖心を克服する9つの方法

まとめ

貯金できない人の共通点、あなたはいくつ当てはまりましたか?

全部をいきなりやめるのは難しいかもしれませんが、どれか一つでもいいから今日から辞めてみましょう。

そして紹介した貯金術も自分でも取り組めそうだなと思ったものから始めてみましょう。

まずはやってみること。

これが一番大切です。

本文を読んで「へぇ~」と読み流しているだけでは何も変わりません。

でも一つでも行動すればお金の流れが大きく変わるので、今あるあなたの状況は変わっていきます。

minto

ぜひ半年後、一年後「貯金できてる~!!」と喜べるあなたでいてくださいね!

 

貯金できな人の7つの共通点

  • 余ったお金で貯金しようと考えている
  • 「貯金できない」と公言している
  • 固定費を見直したことがない
  • 「あと〇〇円で1ポイントつきます」に弱い
  • まわりに貧乏だと思われたくない
  • 自分へのご褒美が多い
  • 外食&コンビニが多い

 

神業貯金術

  • 貯金用の口座をつくる
  • 日々の支出を抑える工夫をする
  • 買い物を辞められないなら家にあるものを売れ!
  • 貧乏人ほど見栄をはるということを自覚する
  • 行きたくない飲み会には参加しない

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です