女ばかりの職場で平穏に過ごすための処世術

嘘つきな人の秘められた6つの心理と嘘つきから自分を守る5つの方法

職場に嘘つきな人がいるとその嘘に振り回され、最悪な場合は自分が悪者にされることだってありますよね。

・してないことを「した」と言ったり。

・ミスした張本人なのに「私は関与していない」と言ったり。

・根も葉もない変な噂を流されたり。

そのような嘘つきな人とは本当に関わりたくないのですが、仕事上関わらざるを得ないこともあると思います。

ただ信用できない人と一緒に働くなんて、嫌な予感しかしませんよね。

ここでは、

・嘘をつく人はなぜ嘘をつくのか。

・嘘つきに振り回されないためにはどのような対策をしておく必要があるのか。

について解説しています。

本文を読んで、嘘つき人間に陥れないよう万全を期しておきましょう!

また、職場の人間関係に深く悩んでいる場合は、思い切って転職してしまうことで簡単に悩みを解決することもできます。

なので本文の最後には、人間関係の悩みを清算するための転職方法についても書いています。

よければ参考にしてくださいね!

人間関係がいい職場かどうかを事前に確認する超裏ワザ転職とは!?

なんで嘘をつくの?嘘をつく理由と心理

嘘をつく人はなぜ嘘をつくのでしょうか?

実は単に「嘘をつく」という行為でも、その原因となるものは沢山あるんです。

これから、嘘をつく人の心理を解説していくので、噓をつく人の心理を知ることで人間関係のトラブルを避けるようにしていきましょう。

女は感情で記憶する?

女性は感情で記憶する習性があるため、本人の受け止め方次第で、事実がねじ曲がってしまう場合があります。

たとえば後輩から「○○さんって、いつも遅くまで残って仕事されてるんですね。」と言われたとします。

この場合、客観的事実は【後輩に「先輩はいつも遅くまで残っているんですね」と言われた】というものになります。

この時点では、その後輩がどのような気持ちで、そのような発言をしたのかという真意はわかりません。

世間話の一環で言ったのかもしれないし、先輩を気遣って言ったのかもしれませんよね。

しかし、この後輩の発言に対して、言われた本人が「私の仕事が遅いって言いたいの?」という風にネガティブに受け止めたとします。

そうなると、言われた人の中で「後輩に仕事が遅いですねって言われた」という風に記憶が変わってしまうんです。

そして場合によっては、他の人に「後輩にバカにされた」なんて陰口を言いだす事態すら起きてしまうんです。

このようなケースは、後輩からすると寝耳に水の話で「そんなこと言ってないのに!」という気持ちになると思いますが、言われた人の中では事実が感情によってねじ曲がってしまっているので嘘をついているという自覚はありません。

言われた本人の中では「後輩にバカにされた」というのが事実となっているんです。

このように女性は感情で記憶するので、事実とは異なる記憶を悪意なく他人に話してしまう場合があります。

あなたも「そんなこと一言も言ってないのに!」と思った経験があるなら、その相手は自分の感情によって記憶がすり替わってしまっているなんて可能性もあるのです。
【スポンサーリンク】



嘘の記憶は作られる

男女関係なく記憶というものは非常にあいまいなものなので、聞く側の誘導の仕方によっては嘘をつくつもりがなくても嘘の記憶が作られてしまう場合があります。

たとえばAさんに「11月2日に会議があるよ」と言われたとします。

その時は正確に「11月2日に会議がある」と記憶するのですが、次の日Bさんに「会議っていつだっけ?11月12日だっけ?」と聞かれると「あれ?11月2日だったような。でも12日かもしれない。。」と自信を無くします。

その時にCさんも登場し「12日だったと思うよ」と言われると、「2日のような気がしてたけどやっぱり12日って言われたと思う」という具合に記憶がすり替わってしまうんです。

人の記憶というのは、会話の誘導のされ方で簡単に変わってしまう場合があるので、本人が嘘をいうつもりがなくても記憶がすり替わってしまった結果、嘘をついてしまっているという場合もあります。

このように本人が嘘をついているという自覚がないままに、間違ったことを言ってしまうという場合があります。

そのため「人は間違ったことを言う生き物だ」ということを知っておくことも、あなた自身が人間関係トラブルを避けるためには重要になってきます。

では次からは故意的に嘘をつく理由について説明いていきますね。

気を使ってつく嘘

【嘘も方便】ということわざのとおり、だれかを傷つけないために嘘をつく場合があります。

もしかすると直球であなたに話すとあなたをひどく傷つけるかもしれないと思い、オブラートで包んだ話が逆にあなたを傷つけたという場合もあるかもしれませんね。

コミュニケーションをとるための嘘

もしかするとあなたも誰かとのコミュニケーションを円滑にするために嘘をついたことがあるのではないでしょうか?

もちろん悪気はなく、その場の雰囲気をよくするための嘘。

たとえばあまり親しくない人と話している時に、その人が「ディズニーが好き」と言ったとします。

そのような場合に、本当はディズニーに興味はないけど、話を盛り上げるために自分もディズニーに興味があるふりをしたというような経験って多くの人があると思います。

実は、相手とのコミュニケーションを円滑にするための嘘というのは、日常的に使われているんです。

自分を守りたくてつく嘘

時に、自分の保身のために嘘をつく場合があります。

自分がミスをしたのに「していない」という明らかな嘘から、本当はうっかり忘れていて時間に遅れたのに「ちょっと、電車が遅れてて」と嘘の言い訳を作る場合もあります。

あからさまな嘘はついたことがなくても、言い訳のために小さな嘘をついたという経験はあなたもあるのではないでしょうか?

「相手に嫌われたくない」

「ダメなやつだと思われたくない」

という思いから人はつい嘘をついてしまうものなのです。

注目されたくてつく嘘

自分が注目されたくて嘘をつく場合もあります。

・話の中心でいたい。

・みんなを驚かせたい。

・一番、面白い話をしたい。

など、自分に注目を集めるために実際の話を盛って話す場合もあれば、まったく事実無根の嘘の話で注目を集めようとする人もいます。

職場にいる嘘つきに振り回されないための対処法

相手を傷つけないための嘘や、コミュニケーションのための嘘なら実害はありませんが、嘘の内容によっては仕事に影響する場合がありますよね。

そのような場合にあなたが職場の嘘つきな人に振り回されないための対処法をお伝えします。

複数の人に確認する

職場で「信用できないな」と感じる人がいる場合、その人から言われた内容は複数の人に確認するようにしましょう。

「こうするって聞きましたよ」と教えられても、もしそれが原因でミスが起きてしまった場合は、実際に業務を行ったあなたの責任になってしまいます。

なので「怪しいな」と思ったときは、必ず複数名の人間に事実確認をするようにしましょう。

2人きりで話を進めない

嘘つきな人と話を進める時は、必ず3人以上で話をしましょう。

あなたと二人だけで話をした場合、後から嘘つきな人に「私は知りません」と言われても、誰もあなたを守ってはくれません。

証拠がない以上、言ったもの勝ちのようなものなので、嘘つきな人に振り回されてしまいます。

そのような事態に陥らないためにも、日頃から怪しいと思っている人と話を進める時は3人以上で話をして証人を確保しておきましょう。

記録に残す

仕事中に「言った」「言ってない」という水掛け論に発展することはよくありますよね。

相手が自分の保身のために嘘をつくタイプの場合、この水掛け論によってあなたの信頼を失う危険性がでてきます。

そうならないためにも、仕事中の連絡内容や業務内容は必ず記録に残すようにしましょう。

業務連絡は必ずメールやノートに残すように徹底するのもいいでしょう。

また相手から口頭で伝言されたときは、日報に書いておくという方法もあります。

そうすることで数日後に「そんなこと言ってません」と言われた場合も、形として残しておくことができます。
【スポンサーリンク】



ハナからあてにしない

嘘をつく人はハナからあてにしないことが非常に大切です。

「これ、しておくね。」と言われても完全にまかせっきりにしてはいけません。

中途半端な状態で放置されたあげく「私は知りません」なんて言われたら身もふたもありませんからね。

もし「やっておくね」と言われた場合でも「してくれないだろう」という前提で、進行状況を確認しておきましょう。

特に締め切り時間などがある場合は、あなたがやり直す時間も考えて確認しておく必要があります。

周囲の人と信頼関係を築いておく

嘘つきな人のせいで、あなた自身の信頼をなくさないためにも日ごろから周囲の人と信頼関係を築いておきましょう。

そうすることで、嘘つきな人があなたに不利な情報を流したとしても、周囲の人があなたのことを信じてくれます。

日頃の行いが、あなたが陥れられるのを防ぐことにつながるのです。

また周囲のみんなも「この人は嘘をつく」と気づいている場合が多いので、あなたが騙されそうな時に「信じない方がいいよ」と忠告してくれるようにもなります。

仕事で嘘つきな人に振り回されないための対処法として、周囲の人と信頼関係を築くというのは一番重要ともいえるでしょう。

人間関係がいい職場かどうかを事前に確認する超裏ワザ転職とは!?

嘘を見抜けるようになる

人の表情や素振り、話し方をみて、嘘を見抜けるようになるのも自分の身を守ることにつながるでしょう。

今から表情、素振り、話し方の3つから嘘を見抜くポイントについて解説しますね。

嘘をつく時、人はまばたきが多くなり表情が硬くなります。

男性は嘘をつく時自信がないため目線を合わせようとせず、女性の場合は一生懸命に嘘をつこうとするので目を凝視して話します。

素振りに関しては、手で顔を触れる回数が増えたり、体全体が落ち着かない、手をポケットに入れるなどして動きを抑えようとしたりという行為が見られます。

他にも会話の特徴としては気まずい沈黙を防ぐために返答が素早くなったり、話をすぐに終わらせようとしたりという行為が見られます。

このように嘘をついている人のサインを知っておくことで、自分がバカをみないように注意することができます。

嘘つきとは関わらない

嘘をつく人とは極力関わらないようにしましょう。

話す回数が増えるとそれだけ色んな情報が耳に入ってくるので、どれが本当の話でどれが嘘の話かもよくわからなくなります。

また仲良くなれば仲良くなるほど、相手の話をうのみにしてしまうようにもなりますよね。

そのような事態を避けるためにも極力関わないことが、自分の身を守ることにもつながります。

人間関係がいい職場かどうかを事前に確認する超裏ワザ転職とは!?

嘘をついている時は順序だてて話を聞く

もし「嘘をついているな」と思った時は、相手の話を順序立ててじっくり聞きましょう。

あなたは何を考えて、どう行動したのか。

それを一つ一つ段階を追って聞いていくのです。

そうすると嘘をついている場合は、どこかで話が矛盾してきます。

その時に「あれ?さっきはこう言ってたよね?」と聞いてみましょう。

相手に「この人に嘘は通用しない」と思わせることも、今後嘘をつかさないためには重要です。

仕事に支障がある時は上司に報告する

あまりにも仕事に支障をきたす場合は上司に報告しましょう。

・していないことを「した」と言う。

・自分のミスを隠す。

・「やっておくね」と言って放棄する。

こういう嘘は仕事をする上で非常に困りますよね。

そして実際に損害を出す可能性も十分あります。

あなた自身が振り回されないだけでなく、職場のみんなが円滑に仕事ができるようにするためにも仕事に影響するほどの嘘をつく人は上司に報告しましょう。

こんな職場やってられない!と思ったら転職しよう!

「嘘つきな人のせいで自分が悪者にされた!」

「しかも誰も私のことを信用してくれない!」

「もう、こんな会社でやっていけない!」

こんな場合は転職も考えましょう。

女性の職場の場合、一度信頼関係が壊れると修復するのが非常に大変で「あの人は信用できない」という印象を持たれると、そのイメージを払拭するのに数か月から数年かかる場合さえあります。

でもそんな誤解を受けたまま働き続けるなんて、とてつもないストレスですよね。

「人間不信になりそうだし、自分のことも嫌いになってしまいそう。。。」

そんな時は転職して人間関係をリセットしてしまうことで、今抱えているストレスを解決することができますよ。

「いや、転職なんてそんな簡単にいわないでよ」と思われたかと思いますが、転職サイトを使うと転職というのは何も難しいことではありません。

とくに女性のための転職サイト リブズキャリアなら年収400万円以上の女性求人に特化させているので、転職で年収が下がったという事態を回避することもできます。

【↓↓↓年収400万円以上の女性の求人があるリブズキャリアはこちら】

リブズキャリアはメルカリやDeNA,楽天といった有名企業とも提携しているんですよ。

きちんと実績もあるので、女性にとってこれほど心強い相棒はいません。

もちろん今の仕事を辞めずに登録しても問題ありません。

今の職場で働きながら、リブズキャリアで転職活動して、好条件の職場が決まれば退職したらいいのですから何のリスクもないですよね。

今の職場にもうウンザリ!という場合は、とりあえず転職サイトに登録してみましょう。

この登録があなたの未来を明るくする第一歩につながるかもしれません。

【↓↓↓年収400万円以上の女性の求人があるリブズキャリアはこちら】

さいごに

人は嘘をつく時、悪意なく記憶がすれ違うことがあります。

また他人に気を使ったり、コミュニケーションを図るために嘘をつく場合もあります。

しかし時に自分の保身のために嘘をつく人もいますよね。

そしてそのような人の場合、仕事にも影響するような嘘をつく場合もあります。

なのでそのような人に仕事の邪魔をされないようにするためには、

・周囲の人と信頼関係を築く

・ハナからあてにしない

・嘘をつく時の特徴を知って嘘を見抜けるようになる

・必要に応じて上司に相談する

こういった対処法を取り入れることで、自分が嘘に巻き込まれないようにしましょう。

もし職場で嘘つきの人に振り回されてどうにもならないという問題を抱えているのなら、思い切って転職してしまうのも大切です。

【↓↓↓年収400万円以上の女性の求人があるリブズキャリアはこちら】

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です